【プレスリリース】「複業クラウド」導入件数が累計800社、32自治体を突破。更なる事業拡大のためにスポーツ・教育分野の複業登用に本格参入

5月7日に設立3周年を迎えた株式会社Another works(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大林 尚朝)は、この度、当社が開発・運営する成功報酬無料のSaaS型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」が累計800社、32自治体に導入されましたのでお知らせいたします。

 

あわせて本日より、更なる事業拡大のため、スポーツチーム向けの「複業クラウド for Sport」、教育機関向けの「複業クラウド for Academy」を正式に提供開始しました。大企業の副業/複業解禁が広がりを見せる中、自治体向けの「複業クラウド for Public」を含め、ESGや地方創生の推進を実現するのが今回スタートしたサービスです。これまで「中間手数料が高い・成約手数料が発生する・いい人材と出会えない」と敬遠されてきた方々にも導入検討いただきやすいサービス設計で、複業の社会実装を推進します。

 

  • 複業人材の登用で業界課題の改善へ

Another worksの新サービスでは、大企業による副業解禁を契機に副業/複業が推奨されるようになった今も、複業人材の登用時に存在するさまざまな障壁と担当者の悩みに着目しています。導入によるコストや煩雑さなど、いずれのハードルも下げられるよう設計いたしました。

  • サービス開発の背景

近年、外部環境の変化に伴い、事業機会が急激に拡大しました。総務省の「人口推計 / 長期時系列データ 長期時系列データ」によると、日本の人口推移は減少傾向(※1)で、少子高齢化により労働人口が年々減少していることから、今後の人材不足はさらに深刻になることが予想されています。こうした環境の中、担当者は「複業人材を活用したい」という意向が高まる一方で、「中間手数料が高い・成約手数料が発生する・いい人材と出会えない」といった課題・悩みを多く抱えています。

 

そこでAnother worksでは、成功報酬無料のSaaS型の複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を提供し、採用コストの削減および転職市場にはいない即戦力の人材とのマッチングを創出してまいりました。AIを用いた採用活動のDXで、忙しい経営者・採用担当者の工数削減も支援しています。

 

そしてこの度、「複業クラウド」を導入した民間企業800社超のマッチングデータや人材登用ノウハウを共通のコアテクノロジーとして、新ドメインのサービスを正式に提供開始いたしました。

 

  • 「複業クラウド for Public」とは

専門人材不足の地方自治体が複業人材登用により地方創生を推進できるサービスです。民間複業人材と自治体職員の協働プロジェクトにより行政課題・地域課題の解決を実現します。自治体と連携した実証実験はすでに32自治体で実施されています。
サービスページ:https://forseries.aw-anotherworks.com/public

実証実験導入:徳島県阿南市 市長・表原 立磨さまコメント
今回複業クラウドさんとの協働を依頼した動機を一言でいえば「見えない資産を得ること」です。昨年度3つの分野で7名のタレントさんにご協力いただきながら、市職員が新たな手法を積極的に取り入れ前向きに変化を受け入れる姿勢を身に付けられたこと、そして民間の有能な人材との協働を通じ生きた人間関係を構築できたことは、正に「見えない資産」であります。

 

また、官民連携におけるアクセラレーターとしてご尽力いただいた鷲見さんの存在は大きかったと感じています。今後も職員自ら身を乗り出し、官民連携のダイナミズムを体感することを「糧」にして欲しいと期待しています。

 

実証実験導入:石川県小松市 市長・宮橋 勝栄さまコメント
公務員は、やはり優秀です。真面目にコツコツと正確に事務を進めます。長年の公務の中でしか得られない知見も多く、人材育成は一朝一夕ではないと実感しています。一方で、実は優秀である人ほど、やらない理由を探し、前例にないことに取り組むことに消極的な面があるのも事実です。しかし、社会に大きなインパクトを与える公共こそ、楽しく、大胆にチャレンジすることが大切です。

 

そこで、チャレンジ精神あふれる複業人材との関わりの中で、化学反応によって職員から大胆な提案が出てくることを期待して複業クラウドの導入に至りました。まずは、SNSマーケティングアドバイザーという職種からスタートしましたが、その必要性をAnother worksさんとの協議を進める中で職員自らが提案してきたものであり、確実に変化を感じています。

 

今後は、法的な課題をクリアし、公務員こそが複業人材として民間企業でその知見を活かすことができれば、公民双方がもっと成長していうことができると大いに期待しています。

 

実証実験導入:滋賀県守山市 市長・宮本 和宏さまコメント
地方創生の柱に掲げる「起業家の集まるまちづくり」。限りある人材、予算で、起業を取り巻く環境変化に対応し、県内外の起業家の認知・共感を得るには、行政視点だけでなく、都市部に住む起業家の視点、また民間人材の知見、ノウハウや情報のスピード感が必要だと感じ、民間複業人材との連携を決めました。

 

本市は「起業家の集まるまち」を官民で創るプロジェクト形式で実施し、5か月間、毎週のように協議。仮説検証を繰り返す過程で、市内外の様々な起業家、支援機関を巻き込みながら進み、気がつけば私自身も参画していて、プロジェクト後に今後進むビジョンが明確になっただけではなく、結果的に市の取組の発信や町全体の機運醸成、ビジョン共有につながったと思います。

 

複業を文化にするAnotherworksの挑戦は、複業人材のみならず、地方のまちやヒトも幸せにする素晴らしい取組だと思いますので、さらなる挑戦、そして進化を期待し引き続きの連携をお願いします。

 

各自治体のコメント
その他、各自治体首長さまからのコメントもいただいております。
こちらからご覧ください。
https://note.com/anotherworks/n/nc56201cc1e65

 

  • 「複業クラウド for Sport」とは

スポーツチームが複業人材登用により経営強化が可能になるサービスです。スポーツ業界の慢性的な人材不足による課題も解決します。
サービスページ:https://forseries.aw-anotherworks.com/sports

導入団体:沖縄バスケットボール株式会社 代表取締役社長・木村 達郎さまコメント
導入当初、「複業クラウド」が新興サービスであることで、うまくいくか正直不安もありました。ただ、名だたる人材サービスや企業がある中で、使いやすく直感的なユーザーインターフェースであったこと、また担当者様より懇切丁寧なサポートをいただけたことで事前の不安を完全に解消することができ、導入後には採用にもつなげることができました。

 

スポーツ領域 × 複業人材の可能性についてプロスポーツチームにおいては地域に根ざしており、地方都市においては人材登用は難しさがあります。新しい働き方を開拓していく中で、複業の可能性を感じています。

 

また都心で仕事していてスポーツ業界に興味のあるビジネスパーソン達が、複業を通してであればスポーツチームに関わることができますし、その結果日本のスポーツの発展に寄与してくださることを祈念しております。

 

  • 「複業クラウド for Academy」とは

複業人材が学校教員とともに学校課題解決に取り組み、教育改革の実現を目指すプロジェクトです。社会に開かれた教育課程が求められている今、 様々な専門性や経験を持った複業人材と、生徒や教員の協働を創出します。
お問い合わせ:https://cl.aw-anotherworks.com/user_contact

導入教育機関:札幌新陽高校「複業する校長」 赤司展子さまコメント
人生100年時代、マルチステージの人生を歩んでいく子どもたちが学ぶ場に欠かせないのが多様性です。新陽高校ではこれまでも地域や企業など外部の方とともに生徒の「出会いと原体験」を作ってきましたが、さらに多様な人材に関わっていただきたいと考えていたところに複業クラウドとのご縁をいただきました。

 

多彩な方々と繋がることを期待して導入し、実際たいへん多くの方が応募くださったことへの感激と同時に、教育分野への関心の高さを実感しています。今後、Another works様と一緒に複業文化を創っていけたらと思います。

 

  • 各種サービスのお問い合わせ・申し込みについて

サービス詳細・サービス資料DL・お申込みに関するお問合せなどについては、それぞれのサイトをご確認ください。

<サービス詳細・お申込み・お問合せはこちら>
複業クラウド for Public:https://forseries.aw-anotherworks.com/public
複業クラウド for Sport:https://forseries.aw-anotherworks.com/sports
複業クラウド for Academy:https://cl.aw-anotherworks.com/user_contact

CALENDAR

  • 2022.05 (12)
  • 2022.04 (32)
  • 2022.03 (20)
  • 2022.02 (12)
  • 2022.01 (12)
  • 2021.12 (13)
  • 2021.11 (12)
  • 2021.10 (19)
  • 2021.09 (15)
  • 2021.08 (12)
  • 2021.07 (13)
  • 2021.06 (9)
  • 2021.05 (11)
  • 2021.04 (8)
  • 2021.03 (8)
  • 2021.02 (6)
  • 2021.01 (6)
  • 2020.12 (13)
  • 2020.11 (4)
  • 2020.10 (9)
  • 2020.09 (9)
  • 2020.08 (7)
  • 2020.07 (6)
  • 2020.06 (15)
  • 2020.05 (10)
  • 2020.04 (4)
  • 2020.03 (13)
  • 2020.02 (3)
  • 2020.01 (3)
  • 2019.12 (1)
  • 2019.11 (1)
  • 2019.10 (1)
  • 2019.09 (9)


  • CONTACT

    Another worksとのビジネスパートナーシップや、取材のご案内についてなど、
    お気軽にお問い合わせくださいませ。