ワーク

【仕事が楽しいと人生も楽しい!?】仕事が楽しいと感じる職種と共通点

signpost編集者のJPです!

いきなりですが、皆さんは今のお仕事を楽しいと感じていますか?

仕事は、1日24時間のうち8時間と仮定するならば、人生のうちの1/3以上の時間を費やすと言われています。

そんな人生において重要な要素であるお仕事ですが、実際に仕事が楽しいと感じている人の職種にはどういった特徴があるのか話していきたいと思います。

1.仕事を楽しいと感じている人の割合は?

turned on black and grey laptop computer

まずは、仕事が楽しいと感じている人の割合はどのくらいいるのでしょうか?

マイナビが次のような調査を行っておりました。

せっかく自分の時間の多くを費やすのだから、せめて楽しく仕事したい、と願うのは自然なこと。では、仕事を「楽しい」と感じさせる要因は何なのだろうか? 今回はマイナビニュース会員のうち男女300名に、ズバリ「仕事は楽しいか」どうか尋ねた。
Q.仕事は楽しいですか?


はい 51.8%
いいえ 48.2%

https://news.mynavi.jp/article/20160817-a020/

この結果を見ると、5割の人しか仕事が楽しいと感じている人はいません。

実際に自分の周りを見渡してみてもあまり楽しく働いている人は少ないのかなと感じます。人生の1/3以上も仕事に時間を費やすのにそれを楽しんでいないのは非常に勿体無いですよね。

仕事が楽しければ、1/3以上に相乗効果でもっと人生が楽しくなると思います。人生は掛け算です!!

でも安心してください。

仕事を楽しんでいる人には共通点があります。どのような共通点があるかは、職種を参考に次の項でみていきましょう。

2.仕事が楽しいと感じている職種ベスト5

ここでは、実際に仕事が楽しいと感じている職種ベスト5を紹介します。

dodaの調査によると次のような結果となりました。

今の仕事に満足している人が多い職種・業種は?ビジネスパーソン15,000人に、現在就いている職種に対する満足度を「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」の5つの指標別に、100点満点中で何点か答えてもらいました。

https://doda.jp/guide/manzokudo/

1位 MR(営業職)

2位 ビジネスコンサルタント(専門職)

3位 管理会計/内部統制(企画・管理職)

4位 事業企画・新規事業開発(企画・管理職)

5位 営業企画(企画・管理職)

上記の結果から、楽しいと感じている人が多い仕事で共通して言えることは、「自分のアイデアを企画・提案」でき、「組織を持ってマネジメント」できることだと言えます。

<企画・提案>

企画・提案は自分の裁量で課題設定を行い、推進を図ることができます。自分の計画力、行動力がプロジェクト進捗へ直結するため、責任が大きく、時には泥臭さもありますがその分成し遂げた時の達成感はなんとも言えないやりがいを感じます。

<マネジメント>

マネジメント職は、プロジェクトの全体を俯瞰し、成功へと導きます。その責任感から大きなプレッシャーがあることはもちろんですが、仕事を管理し、部下を育成・評価し、常にリーダーシップを発揮しながら組織の方向性を束ねて事業の成長へと導くため、非常に大きなやりがいを得ることができます。

3.楽しいと感じる仕事の特徴

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は f5cad4113cfc816d8f904db8c324f490_t.jpeg です

それでは、実際に「仕事が楽しいと感じている職種」の結果から楽しいと感じる仕事の特徴についてここで整理していきます。

上記の企画提案やマネジメントから人が楽しいと感じるポイントは次のようになります。

やりがいを感じられるか

仕事をやる上でその仕事に「やりがいを感じれるか」どうかは、非常に重要なポイントです。あなたが仕事にやりがいを感じられるならば、主体性をもち、意欲的に働けると思います。その結果、良い循環が生まれ、新たな仕事の機会をいただけたり、可能性を広げたり、楽しいと感じる瞬間がたくさん訪れます。

裁量権があるか

仕事の進め方や判断する権利など、いわゆる「裁量権があるか」は、仕事のやる気につながります。もちろんその精度が高まるまでは上司や有識者の意見をいただき仕事を進めていくことは重要です。しかし、いつまでも上司の言う通りに物事が進むような仕事や環境である場合、「どんなに頑張っても結局、上司が決めるんでしょ」という思考が重なり、モチベーションがどんどん低下していきます。

責任感を得られるか

「責任感を得られるか」も重要なポイントです。どんなにやりがいがあっても自分の裁量権が大きくても、何度失敗してもOKというような責任感や緊張感のない仕事では、力の入れ具合も変わってきます。過度な責任感はストレスにより体調へ悪い影響を与えますが、適度な責任感や緊張感がある方が、良い成果を残しやすいものです。

周りから信頼されているか

「周りから信頼されているか」も仕事が楽しいと感じる重要なポイントの一つです。どんなに嫌な仕事であっても、人から信頼され、「君だからお願いしている」と言われるような仕事は、やりがいに加え、期待に応えようと人は努力するものです。その良好な人間関係の構築こそがあなたの居場所であり、仕事が楽しいと感じる瞬間なのです。

4.まとめ

◇仕事が楽しいと感じている割合は5割程度である。

◇仕事が楽しいと感じる職種に共通点は以下である。

 ・企画/提案できるか

 ・マネジメントできるか

◇仕事楽しいと感じる特徴は以下である。

 ・やりがいを感じられるか

 ・裁量権があるか

 ・責任感を得られるか

 ・周りから信頼されているか

◇企画・提案やマネジメントの案件などもAnother worksでサポートさせていただきます。

この記事を書いた人
アバター
JP

Signpost編集者及びAnotherworks創業メンバー。

RANKING

人気のタグ