吉丸哲平:大手人材会社にて営業職として勤務する傍らキャリア支援を実施。累計1000名以上のキャリア支援を行う。
2019年から独立しキャリアコンサルティングを専業として行う。
HPはこちら
キャリア支援の依頼はこちら

キャリア支援と起業支援

ー現在のお仕事について教えてください

キャリアコンサルティングをやっています。

「起業したい」という人に対して、「本当にそうなんですか?」というところを突き詰めて、

「それなやらやっぱり起業するしかないですね」となったら、今度は具体的にどういう風に進めていくかというところをコンサルティングしています。

ーどのような層がお客さんになるのですか?

30代で仕事も結構できる、けれど会社の仕事で満足できなくなってしまった方が、ストアカなどから私を見つけて相談に来てくれることが多いです。

ーいきなり起業はなかなか大変そうなイメージです。

おっしゃる通りです。
なので、起業をしっかりとうまくいくようにするために自分がいるというイメージです。

やりがいもすごいありますし、今の生活が楽しいです。

ー現在はどのように働いているのですか?

労働時間で言えば週20時間くらいです。
残りの時間は勉強したりリフレッシュでテニスをしたりと時間に融通が利く生活です。

ー20時間!稼ぐ金額としてはいかがでしょうか?

サラリーマン時代の2倍くらいです。

とはいえ、金銭的なところも重要なのですが、なによりも「意義を感じれる仕事」ができていることがいいところです。

サラリーマン時代は出勤できなくなるくらいしんどかった時もありました。

「なんで自分はこの仕事しているんだろうな」と思ってしまうこともありました。

でも、今は自分を頼ってくれている人がいるのですごいありがたいです。

ー安定という面からするといかがでしょうか?

月ごとの収入は確かに変動していましたが、最近は長期でサポートする案件が増えて毎月固定で入る金額も増えてきました。

なので、徐々に安定してきています。

キャリアに関するセミナーを実施

信頼という土台作りをしたことで、宣伝しなくても依頼が入る

ーどのようにお仕事を探しているんですか?

一つだけサイトに登録してそれ以外は特にマーケティングも特にしていません。

Twitterもやっていますがそこにすごい力を入れているということはしていません。

ーそれでも依頼が来るんですね

そうなんです。
依頼があって、そこで初回面談をして、「継続したい」、つまり起業したいという方にコンサルティングをしています。

料金的には「高い!」と言われることもありますが、サービスに絶対の自信がありますし、こちらも無理に契約取ろうとかとはしませんので、その点が信頼されているポイントではないかと思っています。

ー起業の相談って大変そうですね。ある程度腕に自信があるような方が相談に来ると思うのですが…

そうですね(笑)
しかし、圧倒的にその方たちと(自分が)違うのは「自分でやったことがあるかどうか」という経験の差です。

この差はでかいと思います。

だからその人たちのビジネスプランの足りないところがすぐに見えてしまいます。

1:1の個人だけではなく、少数のセミナーを実施することも

辞めると決めてひたすら行動を続ける

ー起業のためにどんな準備をしていましたか?

もともと前職の頃から平日にコンサルティングみたいなことをしていました。

その収入が前職の給与を超えたから起業に踏み切りました。

2年くらいはその地がために時間を使いました。

一番最初にしたこととしては、「サラリーマン無理かも」と思ってから、色々なセミナーに出ました。

そこで二人の師匠を見つけました。

一人はビジネスのマインドを、もう一人はビジネスのモデル作りを教えてくれました。

これはかなり大きかったです。

そのうちの一人は個人事業としてかなりの金額を稼いでおり、ビジネスマンとしても非常に優れた方なのですが、表にはあまり名前が出てこない方です。

「本物は表に出てこないんだなー」なんて思ったりしました(笑)

ーどのように指導してもらったんですか?

当たり前かもしれないですが、少なくない金額をはらって教えてもらっていました。

「金額無料」みたいな感じで言ってくれ他のですが、しっかりと教えてもらうのに「無料じゃダメだ」と思いましたので。

ー改めてですが会社員ではない生活をどのように感じていますか?

本当に今が楽しいし意義がある仕事ができていると思っています。

正直サラリーマンとしては自分は全然ダメだったなと思います。

でも、周りからできないやつだと思われても「そんなのどうでもいいや」って進めたことが大きかったです。

周りの声に自分の心の声をかき消されたらだめだなと思います。

自分の仕事の意義を感じれるということが自分にとっては重要でした。

だから、大量の仕事が降ってきてそれに忙殺されるということに耐えられなかったんです。

「なんでこれやってるんだろう」と考えてって…。

ある意味で会社に不適合だったから選択肢がもう起業しなかったんです(笑)

起業と聞くと大層なことのように聞こえますがあくまで手段でしかないと思っています。

吉丸さんのキャリア支援講座はこちらから受講可能です!

「今のままでいいのかな?」と思う方は、一度立ち止まって今後の人生をどのように生きていくか、改めて考え直してみることをお勧めします。


この記事を書いた人
アバター
ふじもん

AW編集長。
大手人材会社⇨2期目のスタートアップ⇨渋谷のベンチャー。
1社目の同期である社長に誘われ、AWに参画。

複業をすでにされている方がいらっしゃいましたら、是非ともお話お伺いしたいのでメッセンジャーでご連絡ください。

RANKING

人気のタグ