ワーク

今の仕事が向いてない…向き不向きの判断ポイント&向いてる仕事の見つけ方

今の仕事が、向いてないかも……

仕事が思うようにいかないときや失敗が続いた時など、気持の浮き沈みによって「仕事が向いていないかもしれない」と感じることはありませんか?

仕事に対して自信が失われた時ほど強く感じてしまいがちですが、実は人によって仕事の向き不向きは実際にあることをご存じでしょうか。

人と接する接客業やセールスのお仕事が楽しいと思える人もいれば、工場で細かい作業を得意とする人もいます。

さまざまな種類の仕事によって、自分の性格に向き不向きがあります。

好きで始めた仕事だけど「イメージが違った」、「思っていた働き方ではなかったなど」と、ギャップを感じることもあるかもしれません。

そのような場合も、仕事が向いていない可能性がとても高いでしょう。

転職をするたびに「仕事が向いていないかもしれない」と後悔をしないように、あらかじめ適正な仕事を見つけておくと安心です。

この記事では仕事の向き不向きの判断ポイントや向いている仕事の見つけ方について解説していきます。

「辞めたい」と思いながら、今の仕事続けるとどうなる……?

仕事が向いていないと思いながらも、仕事を辞められず働き続けた経験はありませんか。

「仕事がうまくいかない」、「何度も同じ失敗を繰り返す」、のような場合でも多くの場合仕事を続けることで改善する可能性があります。

就業して間もない頃を思い出してみてください。

毎日失敗を重ね、上司に叱られながらも前向きに業務をこなしていませんでしたか?

それでも毎日少しずつ成長していき、気づいた頃には大半の業務がそつなくこなせるようになっていきます。

新たに仕事を始めて3カ月ほどは「辞めたい」気持ちが大きくなる時期と言われています。

しかし、改善策を模索しても一向に改善されず、仕事をすること事態が辛くなってしまっているのであれば、ストレスを抱えながら仕事をすることに繋がりかねません。

無理をして仕事を続けることで「辛い」といった感情が大きくなっていき、心の病になる可能性もゼロではないのです。

仕事を辞めたいと思うことは甘えではありません。

今の仕事や職場の環境が自分に適正か、しっかり見極めて仕事を継続するかどうかの判断をしましょう。

仕事が向いていないと感じる時期&瞬間

何気なく過ぎていく毎日の業務ですが、実は「仕事が向いていない」と感じやすい時期があります。

そのような時期と場面で感じやすいのか見てみましょう。