ワーク

【未経験OK】映像・動画編集の仕事を取る方法|仕事内容も徹底解説!

未経験でも始められる?動画編集のお仕事!

近年はパソコンやスマートフォンの普及により動画撮影や編集が一気に身近に感じられるようになりました。

そのため大手企業では、従来からあるテレビCMや街頭広告だけに限らず、Facebook、TwitterなどのSNSを活用して動画、画像を使用した広告活用が始められています。

動画編集の需要が高まっている昨今では、動画編集者の必要性は今後もまだまだ伸びていくと、容易に予想ができるでしょう。

動画編集そのものは、最低限のスペックを搭載したパソコンと動画編集ソフトがあれば、誰でも未経験から動画編集を始めることができる時代です。未経験から始めても、得られる知識とスキルがとても多いのも、動画編集者の魅力と言えます。

この記事ではさまざまな分野に繋がる、無限の可能性を秘めた動画編集者の仕事内容や、仕事の取り方のコツを解説していきます。

流行りの動画編集!詳しい仕事内容

今流行りの動画編集者ですが、実際どの様な仕事内容なのか、必要な知識などはなにがあるのかなど、いまいち分からない人も多いのではないでしょうか。

センスや技術が必要で、未経験からではなんだか難しそう……そんな風に思う人も少なくありません。

プロの動画クリエイターとして活躍している編集者も多くいますが、実は動画編集者はプロだけの仕事ではありません。動画編集に興味がある人であれば、誰でも仕事にするチャンスがあるのです。

では、実際にどの様に動画を編集していくのか、どの様な順序で仕事を進めて行くのか、具体的な仕事内容を見ていきましょう。

1.動画をつなぎ合わせる

動画編集で最初に必要なのは、不要な部分の映像のカットとつなぎ合わせの作業です。

動画を撮影するときは、あらかじめたくさんの動画を撮り置きします。

動画撮影後は、編集の際のチェックをしたときに、必要な場面の映像が乱れていて使えない場合やイメージと合わなかった場合が少なくありません。

編集の際に思ったよりも素材が少なくて困らないためにも、あらかじめ撮影しておく動画は多い方が良いのです。たくさん撮影した動画をチェックし、使用できる動画とできない動画を選定します。

使用できない動画をカットし、使用目的に合うように動画の長さや順番を調整していく作業は、動画の土台を作る上で大切な基礎的作業になります。

2.加工を加える

不要な部分のカットとつなぎ合わせができたら次に動画の加工を加えます。映像を見やすくなるように、コントラストや彩度といった色味の調整を行います。

肉眼で見える本来の色味とレンズを通して写された色味や雰囲気は、異なる場合があります。例えば食材の動画の場合、野菜や肉、魚と言った生ものの色味が悪いとせっかく作ったお料理が不味そうに見えてしまうでしょう。

また、美しい景色などの場合は天候によって映り方や見え方が変わります。

より良い状態のものを視聴者に届けるため、クライアントの意図にそった加工を加えて行くことも動画編集の大切な行程のひとつになります。

3.効果音・BGMをつける

動画の基盤が出来上がったらBGMや効果音を映像に合わせて入れていきましょう。

BGMの選曲はとても重要になります。なぜなら合わせるBGMによって動画のイメージが大きく左右されるからです。BGMを入れるタイミングや長さもポイントになるため、動画の方向性を良く理解したうえで慎重にBGMを選びましょう。

また、動画をより魅力的にするために欠かせないことの1つに効果音で変化をつける作業があげられます。

協調したいポイントなどに効果音を入れることで、動画にメリハリができ最後まで飽きずに再生してもらうことに繋がるはずです。