ワーク

「もう働きたくない…」仕事したくない人に向いてる仕事&副業11選

もう、働きたくない……

 

仕事をしたことがある人であれば、誰しも「もう、働きたくない……」と思った経験はありませんか?人間関係だったり、仕事の内容が苦痛だったり、働きたくない理由はさまざまです。しかし、働きたくないと思っても、生活がかかっているので、仕方なく仕事に向かう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、「働きたくない……」と思ったときに、どういった原因があるのか、または今の仕事以外で楽にできる仕事を紹介します。

今の仕事が原因で働きたくないと思っている人であれば、仕事を変えるだけでも苦痛ではなくなるはずです。

当てはまるのは、どれ?働きたくない原因

 

なぜ、仕事をしていると「働きたくない……」と思うようになるのか。その原因について解説します。自分自身の働きたくない原因を把握し、しっかり対処していきましょう。

1.職場の人間関係が面倒くさい

職場の人間関係が合わないことは、働きたくないという原因の一つになります。「働きたくない」というよりも職場に行きたくない、といった感じのニュアンスに近いです。

職場には価値観が違う人達が集まるため、どうしても合わない人が必ずいます。価値感が合わないため、会話もかみ合わない、仕事のやり方もかみ合わないといったことになり、会うこと事態が苦痛になってくるものです。

まして自分の上司だったら、怒られたり、いやな顔をされたりするでしょう。そういった毎日を送っていると、仕事をする意欲もなくなり、「働きたくないなぁ……」と思うようになってしまいます。

他にも、毎日飲み会に無理やり連れていかれて嫌気をさしてしまうような人もいれば、先輩にいやがらせを受けて嫌気をさしてしまう人もいるでしょう。

人間関係が原因で「働きたくない」と思ってしまう人は非常に多いです。ただ、仕事内容自体は嫌でないので、職場の人間関係を改善できれば、立ち直ることもできます。あまりに合わない人がいるのであれば、部署を変えてもらうことも検討してみるといいです。どうしても無理であれば、転職を視野に入れて行動する必要があります。

2.激務が続いている・残業が多い

あまりに仕事内容がハードすぎると、心身ともに疲れ果てて「働きたくない」と思うようになります。

たまに仕事が忙しいぐらいなら問題ありません。むしろ、仕事に対する意欲もましていき、よりパワフルに仕事をこなせるようになるからです。そして、休日になったら趣味でストレス発散することで、よりよい仕事ができるようになります。

ですが、毎日のように残業をしている場合は別です。趣味でストレスを発散する時間がなくなるので、体だけでなく精神も疲弊していきます。そうなってくるとどうなるか。だんだん鬱っぽくなっていき「もう、働きたくない……」というネガティブな考えになってしまうのです。

会社の繁忙期であれば、仕事が激務になるのは仕方がないかもしれません。しかし、常にこき使われるように仕事をさせられている会社であれば、仕事を変えることも考えてみてはどうでしょうか。一度「働きたくない」という精神状態になってしまうと、働く意欲を取り戻すには難しくなります。あまりに仕事内容がハードでキツイのであれば、転職も視野にいれましょう。

3.給料が見合っていない

仕事内容と給料が見合っていないことも「働きたくない」という考えになる原因になります。

仕事内容が責任を問われるキツイ内容であるにも関わらず、給料が安い。といったものであれば、嫌気がさして当然です。「こんな会社で働きたくない!」って思うのも無理はないでしょう。

残業が続いているにも関わずに、サービス残業扱いで残業代を出さない、なんてことになってはいないでしょうか。このような会社の従業員であれば、働く意欲をなくし「働きたくない……」と思っているはずです。

あなたの今の仕事は、給料と見合っているでしょうか。無茶な要求を受けているにも関わらず、安い給料であれば、一度給料面で交渉してみるのもありです。それでも、安い給料のままであれば、仕事を辞めることも考慮してみましょう。ひょっとしたら、今まで悩んでいたのが嘘みたいに給料が高くなるケースもあります。働きたくない、と思うようになる前に改善に努めましょう。

4.好きな仕事ではない

今行っている仕事が好きではない場合も「働きたくない」と思う原因です。

嫌いな仕事をやっている時って、頭の中では「働きたくないなぁ……」「早く仕事終わらないかな……」とネガティブなことばっかり考えるようになります。このようなネガティブなことばっかり考えていると、だんだん仕事の意欲もなくなり、「働きたくない」と思うようになって当然です。

好きな仕事に就くのは難しいですが、あまりに嫌いな仕事であれば、上司に相談してみましょう。運がよければ、別な仕事をやらせてもらえるかもしれません。

ただ、好きな仕事というのは、やってみないとわからないものです。たくさんの仕事をこなしていくうちにみつかるものです。今の仕事が好きではない人は、別の仕事をやってみましょう。

いきなり転職をしなくても、副業・複業でやってみるのもありです。多くの仕事をこなして好きな仕事をみつけましょう。好きな仕事が見つかれば、働きたくない……というネガティブな感情もなくなるでしょう。

5.精神疾患を抱えている

精神疾患とは、鬱病などを指します。鬱病は、意欲の低下などを引き起こすため、「働きたくない」と思うようになります。

精神疾患を抱えている人であれば、「働きたくない」と思っても仕方がないことです。ここは無理をせず、休養をとり治療に専念しましょう。働きたくない状態で無理をしても、かえって症状が悪化してしまうだけです。

「でも、生活のために仕事をしないとならない……」という人は、会社勤めにような辛いものではなく、在宅ワークをやるという手もあります。在宅ワークであれば、仕事中に「働きたくない」という感情が起きて意欲が低下した場合は、すぐに休んでも問題ありません。

落ち着いたら、仕事を再開すればいいのです。少しでも負担の少ない仕事を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。