ワーク

50代の転職希望者は必見!長期化しない未経験転職成功の秘訣とは?

50代が副業・複業をするメリット

50代の人が転職をするためには、副業・複業がおすすめだと前の項目で述べました。この章では、いかに副業・複業が50代の転職にメリットがあるのかを深堀して解説します。

1.副業・複業であれば年齢があまり関係ない

50代の転職では、年齢が原因で厳しいといえます。「雇用」という形をとるため、50代の人はコストが高くつくため採用されづらいからです。

しかし、副業・複業であれば、転職と違い「雇用」ではなく、「業務委託」という仕事の取り方が中心になるので、年齢はほとんど関係ありません。業務委託は、仕事を請け負って、その仕事の報酬として対価をもらうという形になります。50代でも仕事さえしっかりやれば問題ないため、年齢は関係ないのです。

もし、転職活動が年齢で断られてしまった……。という人は、いったん転職活動は置いておいて、副業・複業を行いスキルを磨きましょう。その後の転職活動や転職後の企業の仕事に必ず役に立ちます。

2.経歴が評価されやすい

副業で実績を積むことで、転職する企業に評価されやすくなります。例えば、企業顧問をし、業績をアップさせた実績をつくったとしましょう。転職する企業に、企業顧問をした経歴をアピールすることで、採用される確率がグッと上がります。

転職活動時にアピールできる経歴がなくて困っている、という方ほど副業・副業に挑戦してみましょう。完全な未経験の副業・複業でも実績づくりは難しいですが、企業顧問のようなものであれば、経歴としてアピールできます。転職の採用率をアップを目指す意味でも副業はおすすめです。

3.企業と関係を持つことで刺激になる

副業を行うと、様々な企業との関係性を持つことが増えて、あらゆる業種の知識や経験を獲得できます。

転職活動時に、副業で得た知識や経験をアピールすれば、採用率のアップも十分に可能です。採用する側としてみては、50代で転職される人には、幅広い知識や経験がある方を採用したいです。よって、副業・複業で多くの企業と関係性を持つと、転職には有利に働きます。

4.今までのキャリアを通してスキルを身につけられる

50代までにやってきたキャリアを活かして副業・複業をこなすことで、より深いスキルを身につけられます。そしてスキルを身につけて転職時や、転職後の実務で役立てることが可能です。例えば、プログラマーでのキャリアを活かして、システムエンジニアなどの副業を始めて、チームマネジメントを身に着ける。

このように、より深いスキルを身につければ、転職時には確実にプラスになります。50代までにやってきたキャリアをピックアップし、どんな副業ができるのかを考えてみましょう。そして、どんな企業に転職をしたいのか、計画をたてるといいです。