ワーク

50代の転職希望者は必見!長期化しない未経験転職成功の秘訣とは?

50代未経験でも再就職できる方法

50代から未経験の業界に転職するのは難しいです。ただ、不可能ではありません。

ここでは、50代で未経験でも再就職できる方法をご紹介します。自分に実践できそうだな~と思ったらやってみてくださいね。

1.多くの企業と繋がりをもっておく

多くの企業と繋がりをもっておけば、転職しやすくなることは確かです。企業と繋がりというよりも、「人脈を作っておきましょう」ということでもあります。

名刺交換だけの上辺だけの繋がりではなく、より深い繋がりがあるほどいいです。一緒に飲みに行ったときに「今仕事を辞めようと思っているんだよ」みたいな話をしているうちに、「なら、うちで仕事をしてみない?今、人足りないんだよ」みたいな声をかけてくれたりします。あっさり転職に成功してしまった、なんてこともよくある話です。

知り合いからの紹介の場合は、転職先でも年収アップといった待遇面も期待できるでしょう。また、待遇面でだけでなく、人間関係も良好な職場に巡り合えるというメリットもあります。

可能であれば、在籍時に他の企業の方との繋がりは大事にしましょう。そこから良い転職先を紹介してくれる可能性がにつながるからです。50代で転職はよほど実績がないと困難になるので、知っている方に紹介してもらった方が簡単に転職できたりするのでおすすめの方法です。

2.多様なキャリアをもつ

多様なキャリアを持っていれば、転職先の選択肢を多く持つことができます。数多くの企業に面接にいけるので、結果として採用される確率も高くなるでしょう。言い方は悪いですが、数撃てば当たるという方法です。

50代での転職ともなれば、職種によっては採用されにくくなります。そのためには、複数のキャリアを積んでおき、採用されやすい職種に絞る、という方法が有効になるでしょう。転職の成功率をあげるためにも複数のキャリアを積んでおくのをおすすめします。

3.副業・複業でスキルを身につける

50代で未経験の業種であれば、さすがに再就職は厳しいです。どうしても知識や経験のある方を優先して採用しますからね。そのため、50代の転職は長期化してしまいます。

しかし、ここは逆にプラスに考え、転職活動の期間を活かして副業・複業でスキルを身に着けてから転職に備えるようにしましょう。

副業・複業は、未経験でも仕事をさせてもらえる可能性が高いです。報酬も得られてスキルも身に着くので積極的に挑戦してみましょう。

副業と複業の違いは、基本的には違いはありません。ただ、複業の場合は複数の案件を受け持つという意味で使われます。

複業の探し方は、複業クラウドを活用するとよいでしょう。会員登録をして好きな案件に応募するといった流れで仕事を見つけることができます。会員登録の費用も掛からないので手軽に登録してみましょう。リモートワークの案件もあるので、在籍時に転職活動をしながらでもやりやすいです。

50代で転職自体が厳しいので、どうしても採用されない人は、ひとまず転職活動は置いておいて、スキルを身に着ける方法をおすすめします。

4.定量的な実績をもつ

定量的な実績を履歴書に示すことで、採用する人はあなたを具体的に評価しやすくなり、転職に有利に働きます。

ちなみに定量的な実績というのは、具体的な数値がわかるような実績のことです。例えば、今まで獲得した顧客の数であるとか、成功したプロジェクトの数であるなどのことを指します。

定量的な実績がある人は、履歴書にきっちり書くと確実に転職に有利なるので、必ず書きましょう。

ただ、定量的な実績がない人は、転職活動をしつつ、実績づくりをするといいです。副業・複業でもいいので、とにかく定量的な実績をつくりましょう。