ワーク

50代の転職希望者は必見!長期化しない未経験転職成功の秘訣とは?

50代でも転職はできる!

結論から申しますと、50代でも転職は充分に可能です。ただ、他の年代との転職率と比較した場合は、厳しいと言えるでしょう。

50代の転職であれば若い年齢の人を採用するよりもコストがかかるうえ、体力的にも厳しいので採用を見送る企業も多いからです。50代の転職率にいたっては、なんと5%前後しかありません。

しかし、50代は若い人にはない知識や経験があります。知識や経験を活かして転職をするのであれば、良い条件の企業に採用される可能性も十分にあるでしょう。

また、今では雇用の流動化によって50代で未経験でも転職可能な企業も増えてきています。「50代だから転職は無理かなぁ……」なんて思わず、転職したいのであれば思い切って挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

50代の転職はなぜ長期化しやすいのか?

50代の転職でのネックになるのが、転職活動が長期化しやすいことです。

・給与が高め
・キャリア
・教育
・長期的に育成しにくい

上記の理由について順を追って解説していきます。

1.給与が高めになってしまう

50代の転職活動が困難になる理由として、もっとも問題になるのが「給与」と言えるでしょう。

20代の年収平均は約220万円です。それに対して50代は約550万円にもなります。採用する側から見た場合、コストが低い若手の方を採用しやすい傾向にあると言えるでしょう。

また、50代の人であれば、今まで高い年収であったはずです。そうなった場合、安い年収を提示されたとしたらどうでしょう?納得いかないのではないでしょうか。

結局、給与面で折り合いがつかず採用されない、または自分から断る、といったことになります。

50代の転職は、給与面で採用されづらくなるため長引きやすいです。50代での転職を成功させるためには、ある程度給与面での妥協も検討する必要があります。

2.キャリアが多くて採用しづらい

キャリアが豊富な人であれば、一見採用されやすいように思えます。ただ、キャリアの豊富さが逆に転職時に仇となってしまうケースもあります。

50代で転職を考えている人は、キャリアアップも考慮にいれています。そのため、転職前にいた会社内でのポジションを転職先の企業にも同様以上の待遇を要求をしてしまうために、転職に失敗してしまう人も多いです。

採用する側としては、いきなり好待遇を要求するような人を採用するでしょうか。その人がどんな人かもわからないのに、重要なポジションに就かせられません。

50代での転職は今までのキャリアを引きづってしまうのが原因で転職に失敗してしまう人がいます。過去の素晴らしいキャリアを持っているのは良いのですが、それを転職先の企業にまで要求をするとなると、転職活動を長期化する原因になってしまうので注意が必要です。

3.教育しにくい

50代の人に仕事を一から教えるのが難しいという理由で採用されにくくなり、転職が長期化してしまう原因になります。

理解力の問題もありますが、50代となれば今まで仕事をしてきたこともあり、自分のやり方に自信を持っている人もいるでしょう。そういった人に、仕事を教えても聞き入れてくれないケースも多いでしょう。

まして教育係が20代や30代であれば、なめてかかってくる50代の人も多くなる傾向があります。若い人中心の会社であれば、教育が難しいこともあり、年齢が採用されにくい原因のひとつとなるでしょう。

4.長期的な育成がしにくい

50代であれば、長期的な育成が難しいと言えます。なぜなら、もうじき退職してしまう方も多いからです。

仕事を教えて戦力になってきたところで退職の時期にさしかかります。そのようなことになると、採用した企業にとっては採算がとれません。

採用コストが高く、それでいてすぐに退職してしまうとなれば、採用する企業にとってはメリットが少ないといえるでしょう。

そのような理由から、50代で転職されてくる人は、長期的な育成が難しいと企業が考えるため、採用を見送られたり、そもそも採用しなかったりする企業が多くなります。

50代での転職が長期化する原因のひとつが、上記と言えるでしょう。