ワーク

第二新卒の転職で失敗したくない!成功する人が持っているスキル【完全版】

第二新卒の転職実態を知りたい!

第二新卒で転職活動する前に実態を知っておかなければいけません。仕事を辞めてから第二新卒として転職活動を始めると失敗してしまう可能性が高くなります。

第二新卒で転職する場合は、転職サイトや転職エージェントなど幅広い情報をリサーチして、実態をあらかじめ知っておくことが重要です。

第二新卒の場合は、5社以内で転職先が決まった確率が約87%とされています。第二新卒で転職した成功率は約71%と高いです。第二新卒で転職は慎重に転職活動しなければ失敗する可能性も高いため注意が必要になります。

第二新卒は転職は有利?不利?

第二新卒の転職が、有利か不利かは個人スキルの高さによります。スキルが全くない第二新卒の人が、転職活動しても特徴がないため、転職先を見つけるのに苦労する可能性が高いでしょう。

しかしスキルのある第二新卒の人は、各企業から声がかかる可能性が高く、転職に有利に働く傾向があります。

転職するには、転職先が求める能力を保有しているか、どうして転職を希望するのか明確な理由があるか否かによって、転職活動は大きく異なると言えるでしょう。

転職先の企業に似合っただけの能力やスキルを保有していないと、どれだけあなたが前職で優秀な人材であったとしても、第二新卒では不利に働く傾向があります。

転職するには自分が持っているスキルや能力を冷静に判断し、あなたのもっているそのスキルが転職先の企業にとって、生きるものであるかを見定めながら転職活動をしましょう。

第二新卒の転職は、自分の保有しているスキルにあった転職先を見つけるようにするというのが、とても重要なポイントとなってきます。

第二新卒が転職採用に失敗する理由

第二新卒が転職活動をして失敗してしまうケースがあります。なぜ、そのようなことがおきるのでしょうか。理由は、第二新卒の人でも転職先の企業が求めているだけのスキルがないからです。

企業は、第一新卒と違い、第二新卒には、即戦力となる人材を期待しているケースが多いでしょう。そのため、あなたのスキルが転職する先の企業に十分でない場合は、転職活動に苦労することになります。

転職活動に時間を長期に渡り割くと、生活を筆頭にさまざまな支障をきたすことになるでしょう。そのようなことを踏まえると、転職の失敗は避けなければなりません。

転職を成功へと導くには、自分にどれくらいのスキルがあるかなどあなた自身のスキルの見極めが重要です。

ここからは、第二新卒の人が転職採用に失敗しやすい理由を3つ紹介します。ぜひ、転職活動する際の参考にしてください。

1.転職理由が薄い

各企業は、転職理由が薄いと採用に踏み切らないケースが多々あります。企業にとって「仕事が辛いから」や「なんとなく」といったような漠然とした理由で前企業を辞めて転職活動をしている人材は必要ありません。そのため、転職理由を聞かれたときに、明確な理由がない時は転職が不利に働くことが多いでしょう。

漠然とした理由で前職をやめている場合、企業はあなたがどんなにスキルがあるとしても、「採用してもまた前職のときのように辞めてしまう可能性があるかもしれない」を考える可能性は高いです。

転職の理由として、「スキルを活かしたい」や「大学で専攻していたことを活かしたい」、などの明確な理由がある場合は、転職活動がうまくいきやすい傾向にあります。

このことから分かるのは、転職するには理由を明確すると第二新卒でも転職に有利に働くということです。

2.第一新卒より劣っている

第一新卒と第二新卒では第一新卒の人が少し有利に働くため、第二新卒は、転職しづらいケースが目立ちます。

そのため、第二新卒の場合は、第一新卒と比較したときに、第二新卒であるあなたを欲しいと思わせるような、スキルが重要になってきます。

つまり、第二新卒は第一新卒と比較したときに顕著な特徴がないと転職がかなり厳しくなります。まずは企業が欲しいと思う、能力やノウハウ、スキルを身に着けることをしてから、会社を辞めるか、転職準備期間として新しいスキルを身に着けた後に転職活動をするかをしたほうがよいでしょう。

第二新卒の転職のカギは第一新卒よりもはるかに能力があることを提示できるか否かといえます。

3.特徴がない

特徴がない方は転職活動が難しいです。第二新卒は第一新卒よりも劣っていない特徴を身につけることで、転職しやすくなり多くの企業から好印象が持たれます。

第一新卒は学生が大半のため、学生でも持っているような特徴だと転職が不利に働きやすいです。

特徴がない転職活動している方は思ったような企業に入社できず、転職失敗につながりやすくなります。第二新卒でしか持っていない能力や経験を持っていると特徴があるとみなされて転職先が見つかりやすいです。