ワーク

【40代向け】成功する転職方法とは?異業種もOK!転職7つの裏ワザ

40代の転職・再就職、厳しいの?

40代での転職・再就職が厳しいのは事実です。

ただそれはあくまでも20代・30代の転職市場と比べたと場合の話。40代が20代・30代と同じ土俵で戦っては転職が厳しいのは当然のことです。

未経験の業種や、採用担当が20代というような若い世代が管理職でいる会社であれば、どうしても40代の転職は分が悪くなります。

転職希望者を採用する側に立ってみればわかりますよね?

同じ未経験であれば、40代に一から教育するよりも20代・30代に教育する方を選びます。若い人材が活躍する会社であれば、40代の転職者をメンバーとして迎えても扱いに困る場合も出てくるでしょう。

しかし、40代であっても転職・再就職を成功させる人は数多くいるのも事実です。

そのような40代の人達は必ず自分の強みを活かした転職活動を行っています。40代には40代ならではの転職活動を成功させる戦略が存在するのです。

ここではそんな40代の転職について深堀りしていきます。

40代が転職・再就職をするメリット

以前の日本の企業では、転職はどちらというとマイナスなイメージでした。

終身雇用や年功序列といった日本型雇用が全盛だった頃は、転職するよりも同じ会社で働き続けるメリットの方が大きかったわけです。

しかし時代は変わり、日本型雇用が崩壊した現代ではむしろ転職をしながらキャリアを重ねていくのが当たり前の流れになりつつあります。

当然、転職・再就職するメリットはたくさんあります。もちろん40代にも転職するメリットはありますので、ここでいくつか見ていきましょう。

1.初心に帰ることができる

40代が転職して得られるメリットは、転職によって新しい環境に飛び込むことで初心に帰って目の前の仕事に打ち込める点です。

40代は「不惑」と呼ばれることもあります。いろいろな経験を積み重ね、物の考え方に迷いがなくなる様を表しているわけですが、逆にこれまでの実績や成功体験が、自身の行動を制限している場合もあります。

それが転職によって全く新しい環境に身を置くことで、新たな自分を見つけるきっかけにもなるのです。

2.学ぶ楽しさを思い出せる

初心ということから繋がっている部分でもありますが、新たな仕事を覚える作業は40代ともなると同じ会社で働き続けている限りはなかなか無いことです。

それが転職するとなると自ら積極的に学び、仕事を覚えていかなくてはいけません。

それはさながら新入社員時代のようです。

転職によって環境が変わり人間関係などの余計なしがらみが無い中で、昔のように真剣に仕事を学ぶ姿勢を思い出させてくれることは、転職のメリットと言えます。

3.今までのスキルが活かせる

40代の転職には、今まで積み重ねてきたスキルを活かせるメリットがあります。

それは20代・30代の転職活動にいは無い、40代の優位性です。

また、転職によって環境が変わることによって、それまでの職場では発揮できなかったスキルが活かされる場合もあります。

転職活動を始める前には自身のスキルの棚卸しをしてみましょう。

自分でも忘れかけていたスキルが転職活動を有利に進めてくれるのです。