ワーク

失敗しない!独立を成功させるための5Stepとは?独立は準備が大切!

独立の定義とは?独立=開業?

会社に勤めている人であれば、一度は考えるのが独立です。

今の時代、働く人すべてが自らのキャリアプランを立てることが求められるようになりました。そのキャリアプランのひとつとして、独立を意識された人もいるのではないでしょうか。

ところで、独立と言ってもさまざまな働き方があり、一言で言い表すことが難しくなりつつあります。ただ、独立している人に共通して言える事は「自分でビジネスを運営している」ということです。

今回は、『独立=自分でビジネスを行っている人』と定義して、独立についてまとめてみました。

独立のための必須準備!

実際に独立を検討した際に、何から手をつけるべきか分からないと悩む事が多いです。独立が失敗した場合も、つい思い描いてしまうことでしょう。

まずは、独立するため必要な準備をすることから取り組んでみてください。準備をすることで失敗のリスクを最小限にできます。

ここでおける必要な準備とは、自分がどのようなビジネスで独立するかプランを立てることです。独立に適したビジネスはたくさんあります。

例えば、これまでのビジネス経験を活かして企業の課題解決に貢献したいならば、経営コンサルタントがいいでしょう。

独立した直後は、自分が思ったようにビジネスが進まないことが多いです。そうした時に、自分が行いたいビジネスが明確でなければ、売上を上げようと焦ってしまい、いろいろなことに手を出して失敗することになるでしょう。

そのようなことにならないためにも、取り組むビジネスを明確化することが準備として必須です。

独立の成功例

独立をする場合、趣味や副業からスタートしたビジネスは成功しやすいと言われています。セミナー講師の仕事がその例のひとつです。自分の趣味、副業を生かして、実際にセミナー講師として独立し生計を立てている人もいます。

営業が得意な人が、趣味で営業セミナーをスタートしたところ人気になることがあります。最初は趣味程度の軽い気持ちでスタートしたにもかかわらず、開催するたびに参加者が増加し、営業セミナーのノウハウが溜まり続けます。

その結果、セミナー講師として独立が可能になります。このように営業セミナーを副業からスタートし、成功したケースは独立の成功例と言えるでしょう。

他には、プログラマーを副業としていたところ、副業の方が本業よりも利益が出るようになりそのまま独立に至るケースもあります。

上記ビジネスは、初期投資やランニングコストがほとんどかからないビジネスであることも特徴です。

このように、趣味や副業の延長にスタートしたビジネスで独立した場合、成功することが多いでしょう。

独立の失敗例

独立の失敗例としては、スタートしたビジネスが、初期投資がかかりすぎたり、運営コストがかかりすぎたりしたために失敗したケースなどが該当します。

例えば、カフェ事業です。カフェ事業で成功する人もいれば、失敗する人もいます。カフェ事業も上手にスタートすれば、成功する可能性は高いです。

しかし、オープンしたばかりであるにもかかわらず、多数のアルバイトを雇ったり、メニューを増やしすぎて食材のロスが増えすぎたりしてしまう場合があります。運営コストがかかりすぎたことにより、経営に失敗することがあります。

また、家賃の高い場所を借りて店を開店した場合も、高い家賃が原因で失敗するリスクがあるので避けるべきです。