ワーク

ファクトの意味とは|ビジネスシーンでの使い方や類語・対義語

ファクトの意味とは?

ファクトの意味とは「事実」や「実際にあったこと」です。ファクトを使用する際には、実際にあったことといった事実かどうかを指す意味が重要で、事実でなければファクトの意味は成立しません。

このファクトという言葉は、英語由来で「Fact」と綴ります。英語の言葉の意味をそのままに、ビジネス用語となりました。

事実でないことが少しでも入っている場合は、使用することができない言葉です。ビジネス用語でよくあるファクトベースも同じ事実に基づいたことの意味合いで使用されます。

ビジネスにおけるファクトは、業務上のデータや事象といった情報が事実に基づいた情報なのかそうではないのか、確証が取れるのかなどを指すときに利用することが多いでしょう。

事実や実正を表す際に使用することが多いため、ファクトの意味と使用する際の状況をしっかりと理解して使うことによって、事実を相手にしっかりと伝えることができます。

「信じられないかもしれませんがこれは事実です」をいうことを表現するために「ファクト」を用いて、事実という意味を相手に強調できるのです。

ファクトの類語・対義語

ここでは、ファクトの類義語や対義語とその意味について詳しく解説します。

ファクトの類義語と意味とは

ファクトの意味は事実であることを上記のように「事実」であることを指していますが、このファクトの類義語として使用される言葉に下記のようなものがあります。

実正

本当

真実

それではファクトと類義語を使って、文章をつくり使い方を見てみましょう。

●この事件はファクトに基づいています。

上記の文の「ファクト」の部分は、下記のように言い換えることができます。

●この事件は真実に基づいています。

また、本当や実正という類義語を使って書き表すこともできます。

●この事件は本当にあった出来事に基づいています。

●この事件は実正にあった出来事に基づいています。

真実の場合は、そのままファクトの部分とまるごと置き換えることができますが、「本当」「実正」という類義語の場合は、言葉を補ってあげないといけない場合がででくるでしょう。

それは、この場合のファクトが実際におきた出来事という意味で使われているからです。しかし本当、実正という言葉には「真実、事実」という意味は含まれていても、出来事という言葉が含まれていません。

そのため、日本語として文章に違和感をなくすために語を補う必要がでてきます。

ファクトの対義語の意味や言葉とは

ファクトの対義語は嘘という言葉があります。これは英語でLieを訳すことができます。ファクトは現実に起こったことのみしか指すことができませんが、嘘は本当ではないという意味です。そのため、ファクトの対義語にあたるのです。

ファクトは事実のときのみや、事実を確認するときに使用するため、事実ではないことが少しでも入っている場合は、ファクトという言葉を使用しないようにしましょう。

ビジネスにおけるファクトの使い方

ビジネスでファクトという言葉を使い場合は、どの様に使うといいのでしょうか。ここでは、ビジネスにおいてのファクトの使用方法をご紹介します。

ファクトの意味と使用方法

まずは、ファクトを疑問文で使うときの使用例をご紹介します。

「あなたが今言ったことはファクトですか?それとも主観的な発言ですか?」

相手にこのように聞くことで、相手の発言に主観的な意見が入っているのかどうかを知ることができます。それにより、それが単なる主観なのか、それともファクトであるのかを見極めることができるでしょう。

このようにファクトを疑問文で使うことができます。

データや事実に基づいた情報が元になっていった発言であれば、ファクトという言葉を使うことができます。

そのため、この質問を答えるとき、事実であれば相手は「これはファクトです。」と、肯定文でファクトという言葉を利用することができます。