ワーク

フィンテックの意味とは?【サービス別】事例・事業をわかりやすく解説!

フィンテックの意味とは?

フィンテックという言葉が使われるようになったのは2000年代前半で、世界一の金融先進国アメリカ発祥です。

フィンテックは金融の「Finance」と技術の「Technology」を組み合わせた造語で、英語表記では「FinTech」となります。

意味としては、金融サービスと最新のIT技術を結びつけた革新的なサービスのことです。2008年のリーマンショック以降に、フィンテックが世界的に広く知られるようになります。

多くの金融機関が破綻したり銀行の貸し渋りが起こったりした結果、新しい金融サービスの需要が高まり、フィンテックが広がるきっかけとなったのです。

日本では、日経新聞がフィンテックを記事に取り上げた2015年あたりから広く世間に知れ渡りました。

フィンテックサービスの代表的な例は、キャッレシュレス決済、暗号資産(仮想通貨)、クラウドファンディングによる資金調達などが挙げられます。

現在では、スマートフォンの普及や、AIIoTなどのさらなるIT技術の進化により、そこに紐づく形でフィンテックがますます注目されているのです。

フィンテックのサービス事例をわかりやすく

われわれの生活の中で、一番わかりやすくて身近なフィンテックサービスの事例はキャッシュレス決済ではないでしょうか。

VISAやMasterCard、JCBといったクレジットカードはもちろんのこと、最近ではいろいろなキャッレシュレス決済の方法があります。

「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」、交通系カードの「Suica」「PASMO」、流通系だと「WAON」「nanaco」、スマートフォン決済の「Apple Pay」「Google Pay」など、挙げていけばキリはありません。これらのキャッシュレス決済を、利用したことがある人も多いでしょう。

これらのサービスは全て、QRコードやバーコード、NFC(近距離無線通信)といった技術が用いられており、現金を使用すること無く支払いを完了する仕組みのサービスです。

まさに金融×技術のフィンテックサービスの代表的な事例といえます。

また、近年最も注目されているフィンテックサービスのひとつに暗号資産(仮想通貨)が挙げらるでしょう。

ビットコインに代表される暗号資産には、ブロックチェーンというこれからのフィンテックサービスには欠かせない技術が使われています。

ブロックチェーンとは分散型台帳技術をさし、分散型のコンピューターネットワークに取引の全ての順序を記録していくというものです。

これに対するのが中央集権型で、銀行などの金融機関に見られる、一か所のデータベースで全ての情報を管理するというものです。

リーマンショック後には金融機関が破綻するというケースが多く見られましたが、特定の管理者やサーバーに依存しない分散型の情報管理では破綻ということは起こりえません。

さらには、文字通りのブロックが連なるチェーンのような管理システムにより、データの書き換えや改善が起こることはほぼ不可能で、システム障害やハッキングに強いのも特徴になります。

そのため、ブロックチェーンの技術はあらゆるフィンテックサービスに広がっていくことが予想されているのです。

近年のビットコインの高騰も、それを裏付けていると言えるでしょう。