ワーク

キャッチアップの意味とは|情報を追いかけるために必要な7つのテクニック

1.メディア媒体

テレビやインターネット等のメディアを利用した情報収集は最も手軽に行えるキャッチアップの方法です。また、一次情報や信頼性の高い著者からの情報を集めれば仕事に役立てる事も出来ます。

ただし、メディアの言っている事が常に正しいとは限りません。それではどの様に真偽を確かめれば良いのでしょうか?一番簡単な方法は、複数のメディアで共通して言われているかです。最低でも複数人の検証を元に言われているので、信憑性はあります。

2.直接人から

テレビやインターネットなどメディアでは時間や記事に限りがある関係で、全てのことを伝えきれません。より深くの事を知るには人から直接聞くのが良いです。まずは身近な人に相談してみましょう。

また知っている人がいなさそうであれば、SNSで詳しそうな人に直接ダイレクトメッセージを送って聞く事も出来ます。ただし聞き出した情報が本当に正しいとは限りません。それを根拠に行動するのではなく、あくまでも参考程度に留めておきましょう。

3.関係者から

信憑性の高い情報を聞きたいのであれば、関係者に取材するのが良いです。しかし都合よく関係者との繋がりを持っている訳ではありません。既にお持ちの繋がりだけで完結しようとすれば情報量が少なくなり視野も狭まってしまいます。

それならば必要に応じて新しく関係者との繋がりを作ればよいのです。クラウドソーシングサービスを活用して、○○の事について教えて欲しいというタスクを提示します。すると教えたい人が応募してくるのです。これであれば面倒なお付き合いも生じないので楽になっています。

4.喫煙所などから

喫煙所など公共の場所で情報収集する方法です。ただし専門家の意見ではなく、参考程度にしかなりません。そのため詳しい人の紹介をしてもらうという活用方法になります。喫煙所以外ではどういった場所が良いのでしょうか。

例えば地域のボランティアに所属するのをおすすめします。ボランティアのメンバーはアクティブな為顔が広いです。そのため意外な専門家を紹介してくれる場合もあります。あなたも更なる交流を求めて活動してみませんか。

情報のキャッチアップを図るのアンテナは常に貼っておこう

情報はメディアをはじめSNSや人からの話など様々な場所に転がっていて、手軽に情報を入手しやすくなりました。その一方で誰でも情報発信出来る様になったので不確かな情報も玉砕混合しています。大量にある情報に混じっている、キャッチアップに役立つ情報を逃さない為にはどうすれば良いのでしょうか?

その為には役立つ情報をキャッチしやすいアンテナに研ぎ澄ます必要があります。不確かで目立ちやすい情報ばかりに目が行って肝心のお役立ち情報がキャッチ出来なければアンテナを張っていても意味が無いからです。アンテナを研ぎ澄ますには最初から質の良いメディアを選んでおく必要があります。

SNSであれば信頼出来る専門家のアカウントを選びましょう。最初から質の良いものだけを選ぶのは難しいので、最初は出来るだけ多くのメディアに目を通しておく必要があります。その中で怪しい記事や実際に活用してみたものの役立たなかったものを除外していけば良いのです。そうやって出来るだけ多くの質の高いメディアに出会ってください。