ワーク

キャッチアップの意味とは|情報を追いかけるために必要な7つのテクニック

7.一次情報を意識している

信憑性のある情報を得るなら一次情報に限ります。一次情報は公的機関や公式サイトが発信している大元の情報です。他から引用してきた二次情報、三次情報だと引用されるうちに誤った解釈が付け足されてしまう可能性があるのでこれら情報を元にキャッチアップするのは危険性があります。

ただし、一次情報が充実しておらず内容が把握出来ない場合には二次情報を参考にするしかないです。その場合は情報が正しいか1つ1つ慎重に確認してください。

キャッチアップが早いことのメリット

キャッチアップが早いと今何が求められているのかを把握する事が出来るので、仕事の効率が上がり、組織の中でも活躍出来ます。また、転職やフリーランスとして独立する際にも最先端の技術や知識を持ち合わせているので社会から求められる人材になれるのです。

この他にもキャッチアップが早いと様々なメリットがあるのでご紹介していきます。キャッチアップが早いと良いこと尽くしなので今日からトレーニングしておきましょう。

1.会話がスムーズになる

キャッチアップが早いと言うことはその業界の知識や技術に精通している事になるので、上司の言うことも理解可能です。上司もいちいち丁寧に説明する手間を省けて、話の分かる人として評価される様になります。

更に、顧客のニーズがはっきりとしていない場合にも、豊富な知識を使ってその意図を汲み取る事が可能です。そうすると顧客の想像以上の仕事をする事ができ、結果的に満足してもらいやすくなります。

2.さまざまな業界を理解できる

キャッチアップする上で、幅広い業界に目を向ける事によって様々な業界の最先端の知識を身につける事が可能です。社会では様々な業界が関わり合っているので、特に関連する他の業界を知っていることで将来の予測を立てられたり他の人には思い浮かばない独自のアイデアを提案したりする事が出来ます。

とはいえいきなり全ての業界の情報をキャッチアップしようとしても中途半端になるだけです。最初は関連性の高い業界から手を付けましょう。

3.客観的な視点が得られる

キャッチアップする際には常に他人と意見交換して軌道修正する必要があります。そうする事で他人はどの様なキャッチアップをしているのかを知る事が出来る上に、ご自身のキャッチアップに関してフィードバックを受ける事が出来るので客観的な視点に立つ事が可能です。

組織内にキャッチアップしている人、意見交換出来る人がいないと言う場合は異業種交流会に参加してみましょう。他の組織ならではの視点で質の高いフィードバックが受けられるはずです。

4.仕事が早くなる

キャッチアップがしっかりと出来ていると上司や顧客がざっくり説明しただけでも概要をしっかり把握する事が出来ます。その上、仕事上問題が生じても最先端の知識で解決しやすくなるでしょう。

そのためタスクを早めに終わらせる事ができ、評価も高くなります。仕事を早く終わらせるには事前の下準備を周到に行う事が大切です。下準備ではきちんとシミュレーションを行っておきましょう。更に不測の事態に備えてキャッチアップしたことをきちんと振り返るのをおすすめします。

情報はどこから集める?

キャッチアップするには幅広い媒体から情報を掻き集めなくてはなりません。現在最も情報収集しやすい媒体はメディアやインターネットです。それ自体は良いツールですが、メディアだけに頼っていると情報に偏りが出てしまいます。

そこで関係者などへ取材する事も大事です。「こういう情報が一般的だけど実際はこうだった」という経験してみないと分からない話が聞けるからになっています。情報リテラシーは持ちつつ広くから情報を集める様にしてください。