ワーク

キャッチアップの意味とは|情報を追いかけるために必要な7つのテクニック

できる人がやっているキャッチアップテクニック7選

キャッチアップは仕事で活躍する為に重要になります。なぜなら今何が求められているのか把握出来ていないと適正な仕事が出来ないからです。それでは、キャッチアップする為には具体的には何をすれば良いのでしょうか?

そこで今回はキャッチアップテクニック7選をご紹介していきます。7つのテクニックで重要な点は、媒体は何にしろとにかく正確な情報をインプットすることです。そうする事で行動にも反映させられ、より仕事効率も上がります。

1.新聞を読む

会社内で求められている事はすなわち会社から求められている事と同義と言っても過言ではありません。従って会社で活躍するには社会情勢を知っている必要があります。

そうすれば新聞で得た情報をベースに、課題に対する解決案を提案することも可能です。とはいえ目立つトップニュースの情報に踊らされてはいけません。数ある記事の中からご自身の業界と関わるニュースを探り出す必要があります。その為新聞は1種類ではなく複数種取るようにしましょう。

2.ウェブメディアを購読している

新聞で良い記事が見つからない場合は、業界に特化した有料ウェブメディアから記事を探す必要があります。無料だと根拠が裏取りされていない匿名記事の場合もあるので、有料記事であることが重要です。

また、新聞で記事を見つけられても記事の数が少ない場合は問題になってきます。キャッチアップする上では圧倒的な量のインプットが重要です。そうしないとアウトプットに繋がりません。その為にも、有料ウェブメディアにおいても複数種購読しておきましょう。

3.情報収集のルーティンがある

キャッチアップする為には日頃から情報収集をルーティーンに組むこむ事が必要です。しかし忙しい毎日に忙殺されているとつい忘れがちになってしまいがちになっていませんか。その期間が長く続いてしまうとキャッチアップ出来なくなってしまいます。

そうならない為には帰宅してからリラックスしながら情報収集すれば良いのです。情報収集と言うと朝一番をイメージしてしまいがちですが、朝は時間が取りにくいため、時間のある夜間におすすめします。

4.ツールを使って整理する

せっかく大量の情報をインプットしても日頃の行動に活かせなければキャッチアップは出来ません。集めた情報を仕事に反映させる方法はいくつかありますが、そのうちの1つはツールを使って情報を整理する事です。紙媒体の方が扱いやすいと言う方は、付箋に集めた情報やそこから考えた事を書き、ノートあるいは模造紙に貼り付けます。

ノートに直接書くよりも繋がりのある情報をまとめやすいと言う意味で付箋はおすすめです。オンライン上で整理したい方はファイルを活用すると良いでしょう。

5.広い交友関係

広い交友関係は情報を得る点でもキャッチアップに繋げる点でも有効です。情報を得る点においてはニュースや新聞ではなかなか得られない様な情報を聞けます。しかも分からない事があっても質問する事でその場で解決出来るのです。そういう意味では情報を深くまで知れます。

また、情報をキャッチアップに繋げる点においては、自分の考えを相手に示す事でフィードバックを受ける事が可能です。それを参考にして更にキャッチアップがブラッシュアップされていきます。

6.SNSをうまく活用している

SNSは誰でも投稿出来るが故に真偽の怪しいニュースも混じっているのです。しかし同時にキャッチアップに非常に役立つ情報も入っています。それでは有益な情報をどの様に選び出せば良いのでしょうか。

それは事実に基づいて検証されているかどうかを判断基準にする事です。また、SNSの利点として投稿者に直接連絡出来る事があるので、質問していきながら主張の整合性が取れているかを確認する事が出来ます。情報リテラシーを持って有益な情報を探し出し、キャッチアップに繋げてください。