ワーク

仕事のパフォーマンス力が上がる!生産性の高い人が実践する3つの習慣

パフォーマンスの意味とは?

ビジネスやスポーツ、日常生活などさまざまな場面で耳にする「パフォーマンス」という言葉の意味をあなたはご存じでしょうか?

「今日はパフォーマンスが良くできた」
「今日のパフォーマンスは悪かった」

このように使われますが場面によって意味合いが異なります。

もともとは英語やフランス語が語源の言葉で、「上演、成果、効率、人目をひく行為」などの意味があると言われています。

フランス語においてのperformanceの言葉の意味は「成績、成果、記録、大成功」といった、ある物事の成果の出来上がり、結果について使われることが一般的です。

per(完璧に)+form(形づくる)を組み合わせて「perform」になり、効率や結果について使われる単語ということが良く分かります。

例えば、仕事において使われる場合は仕事の業績や成果が出ている時に使われることが多いです。仕事の処理スピードが早い、質の高い仕事をこなしているといった場合に使う言葉です。

また、音楽や演劇など、人前で芸を演じたり、楽しませたりする場合の表現として使われることも少なくありません。

このようにパフォーマンスの意味や使い方は幅広く取り入れられます。

パフォーマンスの使い方・言い換え

パフォーマンスの使い方はさまざまです。こちらでは例文を使って、どの様な場面で使われているのか詳しく見ていきましょう。

【ビジネスシーンで使う際の例文】

「パソコンに導入したツールソフトのおかげで、仕事のパフォーマンスが格段に上がった」

上記例文の場合は、パソコンに導入していたソフトのおかげで、今まで手入力だった資料作成の手間が省け仕事の効率化に繋がったことを意味しています。

「規則正しい生活のおかげで、仕事のパフォーマンスが良くなった」

この場合は、正しい生活をすることで体調が整い、効率よく仕事をこなすことが出来ている状態を表しています。

ビジネスにおいては、成果が出ているときや仕事の効率が良い時、業績が上がった時などに「パフォーマンスが良くなった、パフォーマンス高い」などと使うでしょう。

反対に、パフォーマンスが悪いといったようにマイナスの場合はどのように使うのでしょうか。

「今週は体調をくずしているので全体的にパフォーマンスが悪い」
「今年度の中間売上成績は、昨年度にくらべてパフォーマンスが大幅に悪い」

上記のように成果や成績が悪い場合はこのような言い回しになります。

【スポーツシーンで使う際の例文】

スポーツにおいても成果や行為に対して使われます。例えば、良い成果を出した時に使う場合は「〇〇選手の守備は完璧で最高なパフォーマンスだった」となります。

悪い成績の時には「失点を重ねてしまった〇〇チームのパフォーマンスは、いつもより悪かった」と、なるでしょう。

このように、スポーツを見ている観客の目線で評価をするような時に使われることが多いのが特徴です。

また、パフォーマンスは、人だけではなく物や機械に対しても使われます。

【IT・コンピューターの性能に対して使う際の例文】

「今回購入した最新のノートパソコンは、動きも早いしパフォーマンスが良いので仕事がはかどります」

「このスマートフォンは必要な機能が少なく、値段のわりにパフォーマンスが良くない」

上記の場合はコンピューターの処理能や、処理速度などの性能について表していることが分かります。