ワーク

ネゴシエーションの意味とは【絶対成功する】たった3つの交渉スキル

円満交渉をすることによるメリット

ネゴシエーションの意味や重要なスキルについて解説しました。ここでは、ネゴシエーションスキルを使い円満に交渉を進めるメリットについて解説します。

ネゴシエーションで円満な交渉を行うことができれば、

 

  • お互いが納得のいく結果を得られる
  • 今後の継続的な関係を築きやすくなる
  • 人としての信頼を得ることができ、キャリアアップに繋がる

以上のようなメリットがあります。

交渉によりお互いが納得する結果を得ることができれば、相手も満足します。満足すれば、また一緒に仕事をしたいと思ってくれるでしょう。

また一緒に仕事をしたいと思えるほど信頼を構築することができて、キャリアアップにも繋がる可能性は大きくなります。

ネゴシエーションスキルを獲得し、実践できれば会社の利益になるだけでなく、自分のキャリアアップにまで影響するかもしれないのです。

交渉中やってはいけないこと

ネゴシエーションスキルを使用して交渉する際にやってはいけないことがあります。

それは、

 

  • 自分の主観的な意見を押し通す
  • 相手の意見にただ流される
  • 結論を急いでしまう
  • 相手の表情を見ない

 

この4つが挙げられます。

今までも解説してきたように、ネゴシエーションの意味はお互いが納得する結果を得るための交渉のことです。自分の意見だけを押し通せば利益にはなるかもしれませんが、相手に不満が残ります。

反対に相手の意見だけに流されてしまうと、自分が損をする可能性が高いです。うまく妥協と譲歩を組み合わせて結論を導き出しましょう。

結論を急いでしまうのも注意が必要です。急げば急ぐほど焦るため冷静に交渉を行うことができません。さらに、相手に焦りを感じ取られれば言いくるめられる可能性だってあるのです。情報収集を怠らずに交渉に臨みましょう。

相手の表情を見ないことも交渉においては大きなマイナスです。表情は相手の感情の表れのため、上手に汲み取らなければ交渉がうまくいかない場合があります。小さな仕草も見逃さないように注意しましょう。

交渉術を身につけるなら営業経験を積んでみよう

ネゴシエーションのような交渉のスキルは、机上での勉強だけで身に付くものではありません。実際に仕事として営業を行い、様々なタイプの人と交渉を行うことでネゴシエーションスキルを獲得することができます。

無口な人や強引な人、話を聞かない人などと実際に交渉をして、成功と失敗を繰り返すことであなたのネゴシエーションスキルは格段にアップしていくのは間違いありません。

最初から成功することはありませんので、勉強しながら実際に営業に取り組んでいきましょう。

コミュニケーションに苦手意識がある人でも、場数を踏んでいくことでコツを掴むことができます。最初から諦めずに挑戦してみてください。営業相手も人ですので、真摯に向き合うことが大事になります。

小さな営業から始めて、ネゴシエーションを実践していきましょう。