ワーク

ネゴシエーションの意味とは【絶対成功する】たった3つの交渉スキル

仕事やプライベートでの人間関係においても人と交渉する場面はたくさんあります。

そのような交渉をする上で知っておくと円滑に話し合いを進めることができるスキルが「ネゴシエーション」です。

ネゴシエーションの意味を知り、勉強し、実践していくだけで今後の交渉が上手になることは間違いありません。

新たなスキル「ネゴシエーション」を獲得し、新しい道を開きましょう。

ネゴシエーションの意味

ネゴシエーションの意味は、英語から訳すと「交渉・折衝(せっしょう)」です。ネゴシエーションは人と交渉や話し合いをするときに使われる用語になります。

交渉の意味は、お互いが理想に近づいていける結果を探りながら話し合うことです。

折衝の意味は、お互いが妥協しながら納得のいく結果を探るための話し合いとなります。

この「交渉と折衝」の2つの意味を持っているのがネゴシエーションです。「交渉と折衝」の意味からネゴシエーションの意味をまとめると「お互いが納得のいく結果を得るために、妥協したり譲歩しながら話し合いをすること」となります。

自分の意見を押し付けたり、ただ説得するためだけの話し合いはネゴシエーションではありません。あくまで、お互いが納得する結果を得るための話し合いがネゴシエーションであることを理解しておきましょう。

ネゴシエーションのスキルが身につくと、ビジネスだけではなく家族や友人とも上手に話し合いができるようになります。営業関係の仕事以外の方もネゴシエーションのスキルは身につけておいた方が得策です。

ビジネスでネゴシエーションする場面

ここまでネゴシエーションの意味について解説してきました。ネゴシエーションの意味を理解したうえで、ビジネスでネゴシエーションが活用できる場面を紹介していきます。

一番わかりやすいのは、営業です。営業は、会社の商品やサービスを売るために顧客と話し合いを行います。そのときがネゴシエーションスキルの使い時です。

営業している人が一方的に商品やサービスを売り込んでも顧客は満足して購入することはありません。逆に、顧客の要望通りに値下げをしたり、サービスをし過ぎると会社の利益を生むことができません。

会社も顧客もお互いが満足した内容で合意できるようにするにはネゴシエーションスキルを獲得する必要があります。

仕事におけるネゴシエーションスキルは顧客相手だけではなく、同僚や先輩、後輩とコミュニケーションを取る際も使用することができます。

日頃の何気ない会話でもネゴシエーションのスキルによって良質なコミュニケーションを取ることができるのです。

ネゴシエーションスキルを身につけるメリット

以上でも述べたきたように、ネゴシエーションのスキルは様々な場面で活用できます。

ここでは、ネゴシエーションスキルを身に付けることで得られるメリットを解説します。

 

  • 仕事で顧客と良い関係を結べる
  • 同僚や上司とスムーズにコミュニケーションが取れる
  • 家族や友人と信頼関係を築ける

 

ネゴシエーションスキルは、人とコミュニケーションを取る上ではとても役に立つものです。

お互いが納得し、良い結果に向けて話し合うスキルがネゴシエーションスキルですので、仕事以外にも使えます。

例えば夫婦での話し合いでもネゴシエーションスキルは使えるのです。夫婦においてもお互いの価値観は異なるため、方向性が合わないこともあります。

こんなときにネゴシエーションスキルで納得のいく結果を得られれば夫婦の仲も良くなりやすいでしょう。

このようにネゴシエーションスキルの意味を理解し、使用することができればあなたの人間関係の悩みはもっと少なくなることは間違いないでしょう。