ワーク

【初心者】アフィリエイトのやり方・始め方|簡単に稼ぐ仕組み5選!

複業するなら 複業クラウド

アフィリエイトの意味とは?

副業が解禁され、在宅ワークが一般化しつつある昨今、注目を集めているビジネスのひとつにアフィリエイトがあります。アフィリエイトとは、ひとことで言うと成果報酬型広告のことです。

つまり、ホームページ、Webサイト、ブログやメルマガなどの自らが運営するメディアで企業の商品やサービスを宣伝し、購入に至った場合にその成果に応じて報酬を得ることがです。

アフィリエイトの発祥はアメリカで、Amazonのアソシエイトプログラムがアフィリエイトの始まりとされています。

日本でアフィリエイトが始まったのは1999年で、バリューコマースという会社がアフィリエイトサービスを開始してからです。

その後のアフィリエイト市場は、企業や個人を巻き込んで年々右肩上がりの拡大を見せており、2020年代では日本のアフィリエイト市場規模は「1,000億円市場」とも言われています。

アフィリエイトの特徴は、自宅にいながら個人で行えるビジネスだということです。そのため、今の時代にマッチしたあらゆる柔軟な働き方が実現可能になります。

会社員の副業、主婦が子育てをしながら、あるいは大学生がアルバイト代わりに、定年退職後に経験を活かして、といった具合にあらゆるやり方でアフィリエイトを行うことが可能です。

また、やり方によっては多額のアフィリエイト報酬を稼ぐことができるので、主婦が趣味で始めたブログが1ヶ月に100万円のアフィリエイト収入を生むということも起こりえます。

アフィリエイトのやり方自体はそう難しいものではありません。次からはアフィリエイトのやり方や始め方を詳しく見ていきましょう。

アフィリエイトのやり方・仕組み

アフィリエイトで収益を得るやり方には、「インプレッション型アフィリエイト」「クリック型アフィリエイト」「成果報酬型アフィリエイト」の3つのアフィリエイトのやり方があります。

それぞれの仕組みを見ていきましょう。

インプレッション型アフィリエイトは広告バナーが自分のブログやWebサイトに表示されるたびに収益が発生する仕組みです。

クリック型アフィリエイトは、自分のブログやWebサイトに設置してある広告バナーがクリックされると収益が発生します。

成果報酬型アフィリエイトは、自分のブログやWebサイトに設置してあるバナーやリンクを経由して、商品やサービスが購入されると報酬を出る仕組みです。

一般的にアフィリエイトと言うと、成果報酬型アフィリエイトを指すことが多いでしょう。またこれが、一番収益が期待できるやり方のアフィリエイトです。

しかし、その分難易度も一番難しいアフィリエイトのやり方と言えるでしょう。

いずれのやり方のアフィリエイトにせよ、まずは自分のメディアをもつ必要があり、PV(ページビュー)が多いサイトほど、多額のアフィリエイト収益が得られる仕組みになっています。

なお、成果報酬型アフィリエイトのやり方では、ASPに登録するのが一般的なやり方です。

ASPとは「Affiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、広告を掲載してもらいたい企業とアフィリエイトを行いたい人とを仲介する役割を果たすサービスをいいます。

企業はASPにあらゆる広告やリンクを登録でき、それをアフィリエイトを行う人が自由に選択するの成果報酬型です。

複業するなら 複業クラウド