ワーク

キャズム理論の意味とは?キャズムを超えるための事例や障壁を解説!

キャズム理論の意味とは?

キャズム理論のキャズムとは、溝を意味する言葉です。キャズム理論は、ビジネスの上で顧客を5つに大きく分けたあとに、その1つずつを見ることで、データを確認することができる理論をさしています。

キャズム理論は、購入者が製品を購入するそれぞれの時期を細かく分けて分類したものです。

製品を導入時は、世間に向けて販売した製品はよく売れ、大きく成功。しかしながら、曽於誤の成長期には製品に対して多くの条件や制限が加わることで製品の売れ行きは不振になったりするケースがあります。このように、条件によって販売不振となることをキャズム=溝に陥ると表現するのです。

このキャズムに入ってしまう状況をなんとか乗り越えるために考えられたマーケティング・アプローチをキャズム理論といいます。

キャズム理論を使用する製品の対象は、製品の進化が特に活発的であるハイテクマーケティング関連に対して使用することがほとんどです。

イノベーター理論の意味とは?

イノベーター理論はいまだ世の中に進出していないサービス、製品や商品に対して市場にどれくらい普及しているのかという普及率のことを指します。

市場にどれほど普及しているのかを的確な数値で調べなければ市場に参戦する際に戦略を立てることがうまくできず、理論的な展開をすることができません。しかし、イノベーター理論を使用することで市場を測ることができます。

スタンフォオード大学に1962年当時属していたエベレット・ロジャーズ教授が提唱をしたイノベーション普及学。ご自身の著書の中で発表されたこの理論は、今ではマーケティングの中では欠かせないものとなりました。

イノベーター理論では、5つの普及過程を層にしてデータ化し可視化することで、会社内のマーケティング部の戦略に役に立つようになっています。そして、市場に関するライフサークルのことを検討するが最もよいとされているのです。

表は縦軸と横軸で表され、縦軸は採用者数、横軸は商品や製品の採用までの時間を指します。

イノベーター理論の5分類

イノベーター理論をしっかりと理解するためには、5つに分類されている理論を詳しく1つずつ覚える必要があります。

それぞれ5つに分類されたイノベーターの意味を詳しく人に説明することができるくらい理解しておくことで、キャズム理論を深く理解することができます。

5つの分類を勉強することで、イノベーター理論の深層を理解しやすなるのです。ここでは5つに分かれたイノベーター理論を一つずつ解説し、イノベーター理論について詳しく勉強していきましょう。

1.イノベーター

イノベーター理論のイノベーターとは、英語由来の言葉です。英語では、イノベーターは革新者という意味であり、製品発売の最初期に商品を採用したり、購入する人のことになります。

製品発売と同時期に購入してくれる人は、新製品や新技術といった新しい革新的な機能性や製品、サービスなどに関心や興味を常に持っていることを意味しています。

まだ周りの誰もが持っていない新しいというワードに価値を見出している人で、製品の値段自体が旧来の製品や今後の値段と比較して高い場合もありますが、高い値段であったとしても採用者は価値があると感じる場合は、その最新技術を採用したり、製品を購入するのです。

このように、いち早く物事を採用したり、購入する層のことを、イノベーターと呼びます。

市場全体としては、イノベーターの割合は多くなく、約2.5%前後です。そして、新製品や新しいサービスが発売される際にはこのイノベーターの層をターゲットの中心として、売りに出していくことがおすすめです。