ワーク

給料と給与の違い|定義・使い方・具体例をどこよりもわかりやすく解説!

複業するなら 複業クラウド

給料と給与の違いとは?

給料と給与は一見同じように思われますが、この両者には明確な違いがあります。それは、勤め先である会社から受け取ることができるお金の範囲が異なるという点です。

給料とは主に基本給をさすため、その変動はありません。しかし給与の場合は、会社から受け取る全てのお金のことを言います。そのため、残業代なども含まれることから、月によって変動します。

つまり給与とは、月に1回の給料日に支給される金額は残業代や各種手当を含んだお金で、その内訳の一つが基本給部分である給料といえます。

この両方が、どれくらいの金額なのかを正確に知るための資料が、給与明細と呼ばれれます。それぞれ給料は基本給に、給与は総支払額の項目に記載されているため、一度確認してみるのもよいでしょう。

このことからもわかるように、給料と給与を同じものだと認識していては、自身の家計のやりくりなどにも影響します。そのため、毎月受け取る給与明細はしっかりと確認しましょう。

給料の定義

給料とは会社から支払われる給与の中の基本給のことをさしており、給与から各種手当を差し引いた金額であると同時に、基本給もしくは月々に支払われている月給のことを表しています。。

会社員を例としてみていきましょう。会社員は、雇用主から個人個人に割り当てられた給料が支払われています。

企業は、標準的な勤務時間によって社員に支給する給料を定めており、毎月同じ金額を支払っています。しかし、業績や勤続年数などによっては給料の金額改定が入る場合があります。

そのため、給料は基本的に支払われる額は一定であるにもかかわらず、金額改定などによって定期的に変動せざるをえないことがあります。

しかし、業績や勤続年数などによって、給料の変動はありません。そのことから、給料とは基本的に変動のない固定された基本給のことであるといえるのです。

給与の定義

給与とは雇用主から支払われる労働の対価の全てのことをさしています。つまり給与所得とは、俸給・給料・各種手当・賞与などを全てを含んだ給与に関する所得のことを言います。

たとえば、国家公務員の給与というのは、月々の基本給や賞与だけに限らりません。給料として支払われる俸給、国家が国会議員に支払う歳費といったような、雇い主が支払う全てのお金のことを給与とみなします

例えとして会社員の給与をみていきましょう。会社員は、基本給以外に支給されるものに「扶養手当」「通勤手当」「住宅手当」「役職手当」「資格手当」「時間外手当」といった各種手当があります。

それだけでなく、金銭として支払われない「現物支給」も給与としてカウントされます。

そのことからも、給与はその月によって支給される手当の額が異なることからも、毎月変動するものであるといえるのです。

複業するなら 複業クラウド