ワーク

アンバサダーの意味とは?ブランド力を底上げする広告塔の活用方法!

アンバサダーの意味とは?

アンバサダーとは、商品やサービスの有効性を発信するファンの代表者を意味します。アンバサダーを英語でつづると「ambassador」になります。直訳すると「大使・使節・代表」です。

たとえば「Ambassador Extraordinary」で「全権大使」、「Ambassador For Friendship」で「親善大使」という意味になります。つまりアンバサダーとは本来、政治的な代表者を意味する言葉でした。

そこから一般用語として広まり、アンバサダーは「企業の顔」としての意味合いをもつようになります。アンバサダーは現在、大きくわけて2つの意味で使われることが多いでしょう。

まず1つ目がタレントや芸能人を起用した、いわゆるブランドアンバサダーです。

・ブルガリアンバサダーの山下智久
・ルイヴィトンのアンバサダーの広瀬すず
・ケイトスペードのアンバサダーの渡辺直美

これらブランドアンバサダーには、企業イメージや広告塔などの意味をもつことが期待されています。

2つ目がSNSなどで情報発信を行う、ファンとして選ばれたアンバサダーです。このアンバサダーは一般消費者から選出されます。ここでは主に、こちらのアンバサダーについて取り上げていきましょう。

アンバサダーマーケティングとは?

アンバサダーマーケティングとは、アンバサダーがSNSなどから情報発信を行うことで、商品の知名度を広げるマーケティングを意味します。

アンバサダーと聞くと、芸能人をイメージする方も多いでしょう。芸能人がたとえば「美容クリームを愛用している」とテレビで発言し、後にコスメ会社のブランドアンバサダーに起用される、ということも少なくありません。

しかし現在注目を集めているのは、一般の人々によるアンバサダーマーケティングです。企業はSNSや会社HPから募集し、アンバサダーに選ばれた人は個人のSNSから商品に関する投稿を行います。

なぜ一般の人々によるアンバサダーマーケティングが効果的なのか?それは人々の消費行動が、SNSの普及によって変化したことを意味しています。

たとえば女性向けのポーチを販売するとしましょう。従来は「芸能人がポーチを持ってポーズを決めている」という写真が広告などで使用されていました。

しかし現在は「化粧品を入れるのにピッタリ!」と、消費者が実際に使用しているシーンを写すことで、ポーチへの反響が大きくなります。

SNSが普及し、「マネをする」ということが消費行動において大きな意味をもつようになったのです。現在のアンバサダーマーケティングは、日常に溶けこませることが重要だといえるでしょう。

アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングの違い

アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングの違いは、一言でいえばマーケティングを行う人物のスタンスです。説明するために、まずはインフルエンサーの意味から解説しましょう。

インフルエンサーとは、社会に大きな影響を与え、それにより収入を得ている人を意味します。端的にいえばYouTuberやVtuber、インスタグラマーのことです。

インフルエンサーにマーケティングを依頼するとき、それはあくまで「仕事」を意味します。アンバサダーのように、必ずしも商品や企業のファンではありません。

しかしインフルエンサーの強みは、そのコミュニティにあります。インフルエンサーが商品PRを行うことで、フォロワーたちへの波及効果が期待できるのです。

このようにインフルエンサーマーケティングは、アンバサダーマーケティングと違って売り上げにも直結します。そのためインフルエンサーに対しては報酬が発生することもあります。これは、アンバサダーとの大きな違いです。

インフルエンサーと呼ばれるには、「フォロワー〇人から」など、はっきりした定義はありません。誰もが情報発信できる現在では、アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングの境界は、曖昧になりつつあります。