ワーク

トップダウン・ボトムアップの意味とは|経営方式のメリット・デメリット

トップダウンの意味とは?

トップダウンとは、企業の経営で社長や役員などの組織上層部が意思決定を行い、下部の構成組織に指示を出して、現場がそれに基づいた行動をする管理方式のことを言います。上層の指示の通りに下部が行動することで、円滑な業務遂行が見込まれます。日本語で表現すると「上意下達」です。

日本人は生来勤勉とされており、企業に対してのロイヤリティが高いことから、トップダウン方式で経済成長を遂げてきました。日本で製造業を中心に活用されてきたトップダウン方式は、チームや組織の生産性を上げるために非常に有効と考えられてきたのです。

ときとして、トップダウンは「独裁的」「ワンマン経営」などと、否定的に捉えられることもあります。しかし国内外を問わず、有能な経営者が既成概念を破壊して業績を大幅に向上させるケースは珍しくありません。

上層部の決定をそのまま組織に伝え実行する方式のため、行動までにかかる時間が少なくスピード感があることが特徴です。

ボトムアップの意味とは?

トップダウンに対し、下部に当たる現場社員からの提案や意見、アイデアをもとにして、経営者などの上層部が組織として承認し、意思決定を行うことをボトムアップと言います。ボトムアップを日本語で言い表すならば「下意上達」となるでしょう。

ボトムアップ方式では、顧客に接する立場である現場の現状を把握し、積極的に吸い上げた意見を反映します。そのため、現場寄りの組織運営と意志決定が可能という利点をもっているのが特徴です。

一方、現場が裁量権をもつことから、現場で働く社員に高い能力と意識が求められます。しかしその分社員のモチベーションアップや成長が期待できる方式とも言えるでしょう。また、経営者が現場の信頼を得ていることも大切な条件です。

なお、トップダウンもボトムアップも、最終的な判断は、決定権を持っている上長が行うことに変わりはありません。そのため、トップダウンと比較して、決定までに長い時間がかかることが挙げられます。