ワーク

ステークホルダー正しい意味&種類|ストック・シェアとの違いも徹底解説

ステークホルダーの意味とは?

black floor lamp on living room sofa

ステークホルダーはビジネスの世界、主に取引関係で使われることのある言葉で、利害関係が生じるものという意味をあります。

具体的には、企業に投資している株主や企業経営している経営者、企業で働く従業員、そしてそれを利用する顧客・取引先すべてがステークホルダの対象です。

何かしらの利害関係が発生する方は全てステークホルダーであり、経営事情に関わることが多いことから取引関係などで頻繁に登場する言葉となっています。

ステークホルダーは利害関係がある者を指しますが、必ずしも利害関係が一致しているとは限りません。一方が得をして一方が損をする利害関係でも使うことができる言葉です。

ステークホルダーがいることのメリット

person walking holding brown leather bag

ステークホルダーといっても対象となる範囲が非常に広く、どのようなステークホルダーがいるのかによっても異なりますが、少なくともビジネスをよりよく展開するためには欠かせない存在です。

株主であれば、資金調達のために発行した株式に投資してくれるため、資金調達には欠かせません。利害関係が悪化したら株主が株式を手放すため資金調達がうまくいかなくなるでしょう。

従業員は企業で働いて貢献する対価として給料を得ます。これも利害関係の人です。もしも給料が少なくなったり未払が発生するなど利害関係のバランスが崩れたら、従業員は離れていってしまうでしょう。

顧客や取引先に関しても同じです。自社製品・自社サービスに価値を見出してくれていたら購入・契約してくれますが、価格上昇・サービスの品質悪化などが起きると、価格に対する価値のバランスが乱れ、                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  離れていってしまいます。

このように、どの立場のステークホルダーにおいても、ステークホルダーというのは企業が成長する上で絶対に欠かせない存在です。

シェアホルダー(ストックホルダー)との違い

person holding pencil near laptop computer

ステークホルダーに似た言葉として、シェアホルダー(ストックホルダー)という言葉があります。

シェアホルダーはステークホルダーとほとんど同じ意味で使われる言葉で、その違いは権利の強さです。

ステークホルダー利害関係のある方であり、それはシェアホルダーも変わりません。

シェアホルダーが持つ権利というのは、株主総会などでの議決権です。いわゆる外部から企業の経営に関われる株主総会で強い発言権を持つ方の一人ということであり、権力のあるステークホルダーという立場といえます。

ストックホルダーのシェアホルダーと同じ意味で使われ、大株主がいる企業ではストックホルダー企業と言われることもあります。

ストックホルダーは議決権を持つ影響力の大きいため、経営には敏感に反応・対応してきますが、自己利益(株主の利益)を追求していく傾向にあるため、全体の利益バランスを考えるステークホルダーと比べると少し異なる立場と言えるでしょう。