ワーク

最初の第一印象を良くする、たった3つの法則|第一印象の重要性とは?

3.あいさつ

最後に、明るくあいさつができる人はよい第一印象を与えます。

あいさつは当たり前だと思われるかもしれませんが、ただ言えばよいわけではありません。無表情で目を合わさず、小さい声でのあいさつでは、印象が悪いでしょう。

第一印象がよい人は、自然な笑顔と明るい声でしっかりとあいさつをしています。気持ちのよい挨拶をすると、相手は好意的だなという印象を受けます。心のこもったあいさつができる人は第一印象がよいですね。

第一印象をいつもの3倍良くする方法

仕事や採用面接の際、よい第一印象を残したいものです。あとから第一印象を変えるのは難しいため、初めて会うときは細心の注意をはらわなければなりません。

少しでもよい印象を残した方が、円滑にものごとを進めやすくなります。同じように仕事をしたとしても、最初の印象が悪ければあなたの評価が下がるリスクはあります。

最初は、よい第一印象を残すことに気を配るべきです。日頃から第一印象を良くすることを意識していきましょう。

1.身だしなみを徹底する

第一印象は清潔感であることが重要です。初対面の相手が、最初に受け取る情報はあなたの姿です。相手に不快な印象を与えないためにも、清潔感のある身だしなみにしましょう。

「清潔」でなく「清潔感」であることが大事です。手をこまめに洗うのは清潔ですが違います。

寝癖がある、髪が目にかかっている、服にしわやシミがある、靴に汚れがあるといった姿は避けてください。化粧をしないのはNGです。その場に合った化粧をしましょう。

2.歩き方や姿勢・しぐさを直す

歩き方に癖があったり、姿勢が猫背だったりすると悪い印象を与えます。髪をいじったり鼻をこすったりする動作は不安から表れるしぐさです。

上記の動作は改善していきましょう。姿勢を良くするには、あごを引いて、肩甲骨を内側に引寄せるイメージで胸をはり背筋を伸ばしてください。

客観的に自身の姿勢やしぐさを把握するのは難しいものです。誰かに、自分の歩き方・姿勢・しぐさで気になるところはないか見てもらいましょう。

3.第一声や一言目に気を配る

最初に言葉を発するときは、声の大きさやトーンに気を配りましょう。あいさつはしているかもしれませんが、よい印象を残すあいさつを意識しないと、いい加減になってしまいがちです。

第一印象を良くするためには、適切な大きさの声ではっきりと言葉を発するようにします。あいさつ系の言葉を発する場合は、普段より高めのトーンで発してください。

さらに笑顔を心がけて、相手への思いやりの気持ちを持つと好意的な態度となり、よい印象につながります。

副業・複業人材は第一印象が重要!

第一印象を良くすることはあらゆるシチュエーションで有効的です。今の仕事だけではなく副業・複業で仕事を獲得する際に、第一印象を良くしておくべきでしょう。

昨今の情勢により、リモートワークやテレワークが急速に普及しました。副業・複業への関心も高まり新たに何かを始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。数年前から政府も副業を推奨としました。副業を認める企業も増加傾向です。