ワーク

最初の第一印象を良くする、たった3つの法則|第一印象の重要性とは?

第一印象の重要性とは?

第一印象の重要性は、あとから違う行動をしても最初の印象を変えるのは難しい点にあります。したがって、第一印象は重要です。

第一印象を良くするために、メラビアンの法則を理解しましょう。
視覚・聴覚・言語の情報が矛盾した状況下では、以下の割合で相手に伝わるという法則です。

種類 具体的な情報 影響度
 視覚情報  見た目、表情、しぐさ、視線 55%
 聴覚情報  話すスピード、声の大きさや質、口調 38%
 言語情報  話す内容の意味、会話内容 7%

話の内容より見た目が重要と多くの方が誤解しています。常に見た目が優先されるわけではありません。矛盾した情報を受け取ったときに、視覚情報の影響が大きくなります。

例えば、表情は怒っているけれど明るい口調で「楽しい」と言った場合、視覚情報は怒っているという印象を受けます。

また第一印象は、最初の数秒で決まります。最初に相手へ伝わるのは、主に視覚情報と聴覚情報です。これらの情報を良くすれば、よい第一印象となるでしょう。

第一印象の心理学的効果

第一印象には、初頭効果という心理学的効果が働きます。

初頭効果とは、最初に受け取った印象が長い間残り続け、あとから受け取った情報に影響を及ぼすことです。例えば、第一印象がいいかげんな人だったら、いくら仕事を頑張っても「いいかげんにやったのでは?」と疑問に思われてしまいます。

次の2つの文章は、並びが違うだけでキーワードは同一です。

  • 最初に長所の場合→真面目、勉強熱心、怒りっぽい、陰口が多い
  • 最初に短所の場合→怒りっぽい、陰口が多い、真面目、勉強熱心

 

長所を先に伝えると「ちょっと怒る時もあるけど、真面目な人」という印象になります。短所を先に伝えると「真面目な一面もあるけど、短気な人」という印象です。

心理学では、最後に受け取った印象が残りやすいという親近効果もあります。相手があなたに強い関心があるときや大勢の中で発言したときに、親近効果は働きやすくなるでしょう。つまり、第一印象が悪くても、親近効果で第二印象を良くするチャンスはあるということです。

第一印象がいい人の特徴

第一印象はとにかく最初が肝心。最初に与える情報が悪ければ、あなたの印象は悪いままです。だらしがない恰好で猫背な人が、小さい声でぼそぼそと話したら「この人って大丈夫?暗い人なのかな?」と思って、不安に感じますよね。

悪い印象を受ける人の特徴があるようように、第一印象がよい人の特徴もあります。第一印象がよい人は、姿勢が良く清潔感があって、明るくあいさつができる人です。

その他に、笑顔でポジティブな人も好印象です。

1.清潔感がある

第一印象で重要なのは清潔感です。清潔感がない人は不快に感じますよね。最初で第一印象が決まるため、視覚情報にあたる「清潔感」は第一印象を良くしてくれます。

清潔感がある人の特徴は次の通りです。

  • 肌・・・乾燥肌や脂性肌ではなくキレイな肌質、女性は適度な化粧をしている
  • 髪型・・・ 寝癖がない、ボサボサ頭ではない
  • 服装 ・・・服にしわやシミがない、毛玉がついていない、靴に汚れがない
  • 爪 ・・・手入れされている

2.姿勢がいい

次に姿勢がよいことは、第一印象がよい人の特徴です。

スマホやPCの操作から姿勢が悪くなりやすく、猫背や前かがみの人を多く見かけます。姿勢が悪い人は、相手にだらしがない、暗そうという印象を与えます。

反対に姿勢がよい人は、美しさから知性や気品まで感じられ、よい印象が残るでしょう。さらに堂々とした人に見られるというメリットもあります。最初に与える視覚情報として、背筋がピンとした姿を見せられる人は、第一印象はよいでしょう。