ワーク

フレックスタイム制のメリット|短縮時間を活用した副業の始め方!

複業するなら 複業クラウド

フレックスタイム制の意味とは?

フレックスタイムとは、決められた労働時間の範囲内で日々の始業・終業時刻や働く時間を労働者自身が管理することができる制度です。

フレックスタイムは、労働基準法改正により1987年に正式に導入され、現在では数多くの企業が導入しています。

企業側は残業時間の削減や生産性の向上につながるほか、優秀な人材が確保がしやすいという利点がある一方で、労働者側にとっては柔軟な働き方が可能になることによる、ストレスの軽減やプライベートの充実、技術の向上につながるといわれています。

企業側、労働者側ともに魅力的な恩恵がある制度なのです。

今回はフレックスタイムの導入について、メリットやデメリットなどわかりやすく解説していきます。

フレックスタイム制の目的・意義

フレックスタイムを導入する場合、企業が開始時刻と終了時刻を設定するのではなく、労働者が自分で設定します。

また、フレックスタイム制を利用する場合は、その日の状況に応じて通勤時間の短縮や遅延など、日常の勤務方法を自ら選択できます。

これは、仕事や私生活を充実させながら、労働者が業務効率の向上につながることを目的としているからです。

企業がフレックスタイム制を導入するメリット

仕事量が少ない閑散期などの労働時間の削減や調整ができる点は、企業にとって賃金や時間の無駄を改善する大きなメリットにつながります。

業界によっては、時間に縛られない自由な働き方を取り入れることによって生産性が上がり業務の効率化につながるのです。

ここでは具体的なメリットについてふれていきましょう。

1.事朝の満員電車に乗らなくて良い

フレックスタイムの最初の利点は、満員電車のピーク時間を回避できることです。

通勤時間のピークを回避することで、混雑した電車やバスで窮屈さを感じることなく、快適に通勤できます。

余分なエネルギーを消耗することなく、高いモチベーションで業務に取り組むことが可能になるでしょう。

また、自分のペースで作業を進めるので仕事が終わってぐったり力尽きてしまうことも少少なくありません。

早朝に仕事にきて、オフィスにいる人が少ない状態で仕事に集中すれば、業務は普段より効率的に行うことができます。

一方早起きが苦手なほうは、ゆっくりと自分のペースに合わせて仕事にいく選択も可能です。

自分のタイプに応じて働き方を組み合わせて、仕事のパフォーマンスを効率よくすることができます。

混雑した電車を避ければ、通勤時間を最大限に活用でき、人が少ない車内は静かに読書や勉強をすることで自己成長につながる時間も確保できるのです。

また、コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症が流行していても、朝晩の帰宅ラッシュときを避けることで、ウイルス感染のリスクを減らすことも利点の一つといえるでしょう。

2.個人の自由で効率的に働ける

フレックスタイム制は仕事のペースや進め方、出社や退社の時間を自由に決められるので、プライベートの時間を多くとることや、用ことに合わせてスケジュールを組めることが大きなメリットです。

同僚や上司に申し訳ない気持ちになりながら、子供の送迎両親の介護のために時間を調整しながら出社をすることや、早めに退社することで後ろめたさを感じる必要もありません。

平日にしか開いていない行政など、必要な手続きも自分のペースで済ませてから出社することもできます。

出社する曜日や時間帯に縛られないので、週単位や月単位でワークバランスを調整することも可能です。

たとえば今週の週末は、子供の行事があるので早めに退社がしたい場合などは、他の曜日に多めに働いて仕事量を調整することもできます。

プライベートの時間と仕事の時間のスケジュール調整が自由なので、メリハリをつけて効率よく柔軟に仕事に取り組むこともできるでしょう。

3.社員のワークライフバランスが保てる

フレックスタイム制ではライフワークのバランスが取りやすいことも魅力の一つです。

労働者は効果的に労働時間を割り当てることができるので効率的に仕事とプライベートの振り分けが可能になります。

仕事量は時期によって異なりますが、フレックスタイム制では、仕事量が少ないときに早めに帰宅し、忙しい時期に集中して取り組むなど、ライフワークのバランスの取れた働き方ができます。

このようにごと月の労働時間をしっかり管理することで、拘束時間を短縮し、効率よくタイムマネジメントができるようになるのです。

複業するなら 複業クラウド