ワーク

株式会社の特徴をわかりやすく解説|会社の仕組みがこれでわかる!

株式会社をわかりやすく解説

株式会社についてわかりやすく言うと、会社の設立にあたって株を発行し、その株を用いて資金を調達して運営する会社のことを言います。

株式会社が発行した株を購入・投資した方のことを株主といい、会社の経営方針に直結する役員の選出を行う株主総会に参加・決定権を所有するのです。

大株主であればあるほど会社の経営を行う取締役を議決する権利が強いため、株の保有率が高い方が所有する会社とも言えるでしょう。

そのため社長や取締役などの役員は、多くの株を所有していることが一般的です。

株の保有割合でその株式会社内での権力が変わってくるため、取引所などで株を大量に買って会社の経営をコントロールしようと計画するケースもあります。

これを買収といい、買収される予定の株式会社と買収しようとしている投資家・企業との間で同意を得た上で行う買収が友好的買収、同意を得ず一方的に買収しようとするのが敵対的買収といいます。

買収されると会社の経営権が映るも同義であるため、株で資金調達できるとはいえ、株の管理に気をつけないといけないことも株式会社の特徴と言えるでしょう。

株式会社の仕組みを簡単に

株主会社の経営は一般的な会社と同じように取締役・社長などの役員クラスの方が行います。

ですが、その役員を選出・解任するのは株を保有する株主総会で決定するのです。

株主総会に参加するためには株主である必要があり、原則1株1票の役員選任解任の議決権をもちます。議決権の仕組み上、保有株数が多い方の意向が優先されやすいため、保有株数が少ない方は、事実上、役員の選出・解任の権利をもたないこともあります。

株主総会で専任された方が取締役などの役員になるため、その株式会社の株を1株ももたない雇われ社長が会社のトップを担い、実際の経営は取締役など他の役員が行うということも珍しくありません。

他の種類の会社と違って投資家の意向に左右されやすい仕組みになっている会社とも言えるでしょう。

そのため、投資家が納得の行かない経営を行ったとき(大赤字を出して信用がないなど)は、経営陣を大きく入れ替えて、経営方針を転換することもあります。

株式会社の特徴

株式会社の一番の特徴といえば、株式会社に存在する2つの原則があり、それが「所有と経営の分離」と「株主有限責任の原則」です。

「所有と経営の分離」とは、会社の所有権と経営権を別にもつということです。

会社の経営を行うのは取締役であり、この取締役は株主が選出します。そしてその株主が会社の所有者という立ち位置になるようになっています。

会社の所有権をもつ方が会社の経営を担う取締役を選出して、会社の経営を行ってもらうというのが株式会社の大きな特徴です。

この原則が成立しているからこそ、分散化された所有権(株)が証券取引所などで流通しています。

もう一つの原則である「株主有限責任の原則」です。万が一会社が莫大な借金を抱えて倒産したとしても、株主は株の購入に用いた投資金額以上の責任を追われることがありません。

そのため、株主にとって一番大きな金銭的な損失が発生したとしても、投資金額が一切返ってこないだけ(株が無価値になる)です。

例えば、1000円分の株を買っていた株式会社が100億円の赤字を抱えた状態で倒産した場合、株を買った投資家の最大損失は1000円です。赤字100億円を叩き出した会社に投資したとして連帯責任を問われることはありません。