ワーク

バッファの意味とは?時間の使い方を覚えてタイムマネジメントをマスター

バッファの意味とは?

「バッファ」という言葉の意味について考えたことはあるでしょうか。

ビジネスの領域において多く使われるようになった「バッファ」は、多くの意味を持つ言葉です。主として「緩衝」や「余裕」という意味で用いられることが多く、「バッファー」と呼ばれることもあります。

バッファはもともとはコンピュータ用語として使われてきた言葉で、パソコンに情報を一時的に保存する領域を意味するものです。

しかし近年、ビジネス用語として広く使われるようになった「バッファ」には、大きく分けて2つの使われ方があります。

ひとつは、時間のゆとりやコスト、在庫の管理などの意味合いで使われる「バッファ」です。消耗品・交換用部品の予備も同様にバッファと呼ばれています。

そしてもうひとつは、物理的な意味を持つ表現ではなく、人間関係についての意味で使われる「バッファ」です。これまでに仕事上で関わりのなかった企業との交渉などは、仲介役になる人の存在が非常に大きな役割を果たします。その間に入り、緩衝材となってサポートする人材の呼び方もバッファです。

ここでは時間を意味するバッファについて説明していきます。

バッファをもたせるメリット

ビジネスにおいて時間にバッファを持たせることには、様々な意味とメリットが考えられます。

まず、社員の一人一人が自分のタイムスケジュールを把握することが事態が非常に重要です。スケジュールを管理することは、自分自身が効率的にタスクを進めていくための前提としても大きな意味があります。

また、バッファを持たせてスケジュールを作りつつ、余裕のある時間設定を活用すれば慌てずに仕事ができ、リスクを減らしながら新たな発想を生み出すきっかけにもなるでしょう。

バッファの意味を理解し、積極的に活用する企業は増加しています。そこで、ここではバッファを持たせるメリットについて詳しく解説していきましょう。

1.時間通りに勧められる

仕事をしていると、十分練りこんでスケジュールを作ったとしても、予想外に別件が割り込んでくることは珍しくありません。予定をずらしてでも急な対応が必要な事案はしばしば発生し、そうなればせっかく練り上げたスケジュールも意味がなくなってしまいます。

そのため、あらかじめ予定外の飛び込みに備えてバッファの時間を確保しておくことで、最初の予定の変更を最小限に抑えることが可能です。

もしもそのような想定外が起きなかった場合でも、バッファの時間を使わずに前倒しで仕事を進めることができるため、どちらにしても意味のある時間が確保できます。

2.作業時間をある程度把握できる

意味のあるバッファの時間を取スケジュールに加えられるということは、自分が一日にこなす予定の仕事の洗い出しができているということでもあります。洗い出した各作業の目安時間を知ることで、全体の作業時間の目安を算出できれば、自分が持てる一日の空き時間を把握することも可能です。

作業の時間をある程度把握することで、今日はこれ以上まだ仕事を受ける余力があるか、急な仕事が来ても対応できるかなどの判断や条件交渉ができるようになります。

バッファを持たせることで、無意味に時間を過ごさずにコンスタントにタスクを消化していけるのです。

3.効率的に作業ができる

バッファを持たせると、仕事の効率は圧倒的に上昇します。組み込んだバッファは仕事の質を上げることにも利用できますし、自分の余裕の時間としても活用できるでしょう。

仕事としっかり向き合うことには大いに意味がありますが、気持ちにもゆとりが必要なのは言うまでもありません。

例えば、「一つのタスクを完了出来たら、15分のバッファを使い休憩して切り替える」、「2時間働いたら10分のバッファの時間を設定する」など、自分なりの効率的なバッファ時間を見つけると良いでしょう。