ワーク

ブラインドタッチの練習方法はコレ!【初心者でもできるおすすめテクニック】

ブラインドタッチの意味とは?

ブラインドタッチとは、キーボードを見ずに正しく入力するテクニックのことを言います。

パソコンで文字を打つとき、キーボードで文字を入力するはずです。パソコンに慣れていない方は、このキーボード操作をキーボードを見ながら行ってしまいます。

そのため、キーボードを見ないで打つブラインドタッチを行う方と比べると、キーボード入力が遅くなります。ブラインドタッチができる人はキーボード入力がとても速いのです。

ブラインドタッチと似た言葉としてタッチタイピングがありますが、現在はタッチタイピングがブラインドタッチと同じ意味で使われているため、「ブラインドタッチ=タッチタイピング」と思っておいても問題ありません。

ブラインドタッチができるようになるメリット

ブラインドタッチができるメリットはたくさんあります。一番わかりやすいメリットは、キーボード入力が速くなるということでしょう。

キーボード入力が速くなることに関して様々なメリットがあり、パソコンを頻繁に使う方にとってはいずれも欠かせない重要なメリットと言えます。

続いては、ブラインドタッチができるようになることで得られるメリットについて順番に見ていきましょう。

1.仕事の効率化

パソコンを仕事で使用している場合、業務効率が改善されるでしょう。

パソコンの仕事をするということはキーボード操作をすることも頻繁にあると思いますが、そのキーボードの操作のためにキーボードを見ていると、どうしても入力が遅くなってしまいます。

入力中はキーボードを見ている関係で画面を見れていないので、誤入力していることに気づかず文字入力を進めてしまうこともあるでしょう。

ですが、ブラインドタッチであればその心配はありません。

ブラインドタッチなら画面を見ながら入力してるので入力ミスをしてもすぐに気づけるため、ミスを減らしつつ速度を上げることが可能です。

2.考えるべきことに集中

ブラインドタッチができるぐらいのキーボード入力であれば、キーボード入力にあまり意識を集中させることなく、感覚で入力していけます。

そのため、本来考えるべきことに集中することが可能です。

これにより、パソコン作業がさらに捗るほか、集中力が分散されて操作ミスやど忘れを引き起こすことも少なくなります。

ブライトタッチは、キーボード操作そのものが速くなるメリット以外にもこのようなメリットがあるのです。

3.目が疲れにくくなる

ブラインドタッチができるようになることで目が疲れにくくなります。

キーボード入力が早くなることと目の疲れの関連性がいまいちよくわからない方も多いかもしれません。

ブラインドタッチができる方は、画面とキーボードの間で視線を動かすことが少なくなるため、目の筋肉を使うことが少なくなります。

これによって目の疲労が溜まりにくくなるため、ブラインドタッチができる人は目が疲れにくいと言われているのです。

4.ミスに気づきやすくなる

ここまでの説明で何度か触れていますが、操作ミスや入力ミスに気付きやすくなるというメリットがあります。

ブラインドタッチであれば、キーボード入力をしながらリアルタイムで画面を見ることができるので、即座にミスに気づくことが可能です。

ブラインドタッチができない場合、キーボードで入力した後で画面を確認するという手間が発生するため、集中力が落ちているとミスを見逃すことがあります。

文章入力であれば、誤字や脱字に気づかないまま完成させてしまうこともあるでしょう。

特にパソコンの場合はローマ字入力なので「こんあbんわ」のような入力間違いが起きることも珍しいことではありません。

こういったミスも、ブラインドタッチなら確実に気付くことができます。