リスクマネジメントの意味とは?

リスクマネジメントとは、想定し得るトラブルや損失を回避するための管理のことで、不要な損失を回避するために欠かせないマネジメントの一つです。

リスクマネジメントを怠ったまま事業を展開してしまうと、問題が発生した時に軌道修正や損失軽減ができず、事業を閉じざるを得なくなってしまいます。

また、リスクマネジメントは2種類あり、リスクそのものを回避するためのマネジメントと損失を被った前提で対策を立てていくマネジメントがあります。

後者は厳密にはリスクヘッジと言いますが、広義の意味ではリスクマネジメントの一種です。

トラブルなどの問題が発生しないことは限りなく100%に近いくらいありえないことであるため、リスクヘッジはリスクマネジメントの中でもかなり重要性が高いとも言えます。

二つのリスクマネジメントを適切に行うことで、失敗を受け入れやすい体制を整えることができ、ダメージを最小限に抑えることができるのです。

リスクマネジメントの目的

リスクマネジメントの主な目的は、トラブルや損失の減少・回避です。

事業を展開する際には一切のトラブルがなく事を進められることはまずないと言えるため、規模の大小に関わらずどこかで損失につながるトラブルが発生します。

小さな損失であれば、軽微な事故として受け入れることもできますが、製造した製品に欠陥があった場合など大きな損失が発生する場合は話が変わってくるでしょう。

そういった大きな損失を回避する、もしくは損失が発生することを前提に対策をして、損失を最小限に抑えることが、ビジネスでは非常に重要なのです。

特にノウハウが蓄積されていない事業を展開する場合は、トラブルが頻繁に発生します。

そういった不安定な状態で事業を拡大し続けると、回復が難しい損失が発生してやむを得ず事業を閉ざさないといけなくなるということも少なくありません。

簡単な例を上げると、新店舗の展開です。何も考えず大量に新店舗を展開してしまうと、全く採算が取れない店舗が大量に発生することになるでしょう。

リスクマネジメントを考えるのであれば、事前調整を徹底的に行い、数店舗だけ展開する少数精鋭スタイルで挑んでいくことになるはずです。

そういった手間を怠る(リスクマネジメントをしない)と、莫大な損失だけが残り、最悪の場合は倒産させないといけなくなるかもしれません。

それくらいリスクマネジメントは重要です。

リスクマネジメント導入方法

リスクマネジメントを導入する場合、何をリスクとして捉えるか分析し、予測・推測などを立てていく必要があります。

列挙したリスクの中から、顕在化したときの損失が大きくなりやすいリスク、放置するには危険性が高いリスクなどの評価を行い、それぞれ対策を行っていきます。

顕在化しても大きな損失にならないリスクは、リスクが顕在化することを前提にリスクヘッジを行うケースも少なくありません。

また、リスクを完全に予防することができないリスクに関しては、トラブルが発生することを前提に対策を行うこともあります。例を上げると初期不良を起こしている家電の交換対応などです。

なんでもかんでもリスクとして捉えず、会社・事業にとって直接的なダメージにつながるリスクは何かを適切に決めることが導入する上でとても重要でしょう。

リスクマネジメントを導入する際は、何をリスクとするかしっかり分析して導入するようにしてください。