ワーク

オペレーションってどういう意味?具体的な業務や仕事、必要な能力がわかる

複業するなら 複業クラウド

オペレーションの意味とは?

オペレーションとは一般的に業務の進行を管理・実行することをいいます。

医療ドラマを見たことがある方なら、手術シーンで「オペを開始します」というセリフを聞いたことがあるかもしれません。これは「オペレーションを開始します」と同じ意味で使われます。

つまり、手術の進行を管理しつつ実行に移していくということを言っているのです。

オペレーションは医療現場だけで使われる言葉ではなく、機械の操作、作戦の実行、その他業務の進行などで用いられます。

オペレーションという言葉を使うときは、予め作業・業務の流れが決まっており、その既に決まっている業務フローを実行に移す際に使われます。

そのため、特に作戦・戦略などは決まっていないが実行するという場面では、オペレーションという言葉を使う機会はあまりありません。

オペレーション業務

オペレーション業務の主な仕事は管理することです。管理するといっても業務などによって管理する対象が変わってくるでしょう。

まずは、オペレーション業務について詳しく掘り下げていきます。

1.運営

イベントの運営などの運営作業はオペレーションに含まれます。

イベントにはイレギュラーがつきものであるものの、基本的な進行は事前に決めた上で本番当日に実行していきます。

そのため、イベントなどの運営のオペレーションをする場合は、イベント当日の進行の決定や監督業務などが主な仕事になるのです。

オペレーション一つで運営がスムーズにいくか変わってくるため、事前のシュミレーションやリハーサルが欠かせません。

2.マネジメント

製品やサービスを提供する仕組み・プロセスを分析しながらオペレーションを行うことが、オペレーションマネジメントです。

オペレーションマネジメントでは、製品・サービス提供に関わるフローを分析して課題を見つけ、改善できる箇所があった場合は、その改善を促して最適化していきます。

事業を監督する立場に近いことが特徴で、オペレーションマネジメント次第で製品・サービスの品質向上やコスト削減などにつながっていくでしょう。

3.管理

管理を英語に直訳するとマネジメント(management)ですが、ここでいう管理とは、資金管理・リスク管理・人材管理などの管理業務のことを指します。

管理業務は業務フローをパターン化しないと管理が煩雑になっていきやすいため、ここでもオペレーションが重要です。

オペレーションが疎かになっていると、人材管理などの業務効率が落ちてしまい、いつまで経っても仕事が終わらない負の連鎖が続いてしまうでしょう。

複業するなら 複業クラウド