ワーク

クラウドサービスを使ってインターネットを使いこなそう!機能や利用法を紹介

クラウドサービスの意味とは?

クラウドサービスとは、インターネット経由でサービスを提供する形式のサービスです。

使用するパソコンやスマートフォンなどの端末にソフトウェアをインストールさせる必要がないため、近年はクラウド化されたサービスが急増しています。

専用のソフトウェアをインストールさせない代わりに、スマホやパソコンに標準インストールされているブラウザを介してサービスが提供されることがほとんどです。

クラウドサービスの詳しいメリットについては後述していますが、クラウドサービスの場合利用ユーザーの環境(パソコンスペックなど)に依存することがないため、依存関係のトラブルを最小限に抑えやすいメリットなどがあります。

ほかにも管理コストの節約や業務効率の増加などを期待できるほか、最近のトレンドであるサブスクリプションモデルにも対応しやすいため、クラウドサービスの価値は上がり続けていると言っても過言ではありません。

クラウドサービスの機能

クラウドサービスには様々な機能があります。特に魅力的なのが、利用ユーザー・顧客の環境に依存しないサービスを提供できるということでしょう。

厳密にはインターネット環境が必要ですが、ストリーミング機能を必要とするサービスを提供することでもない限り、それなりの速度があれば十分サービスを利用できる範囲に収まります。

通常のソフトウェアは利用ユーザーのパソコン・スマートフォンなどでシステムを動作させますが、クラウドサービスは違います。

事業者が用意したサーバー環境でサービスの根幹となるシステムを動かし、そのシステムに外部のユーザーがアクセスして利用する仕組みがクラウドサービスです。

これにより、利用ユーザーの環境に依存する要素がほとんど無くなるため、幅広いユーザーにサービスを安定して提供することができます。

クラウドサービス事業とは?

クラウドサービス事業は、クラウドを利用したサービスを提供するための土台を提供する事業です。

具体的にはサーバーの処理能力やデータ保存領域の一部を貸し出したり、膨大なビッグデータを処理できるシステムを貸し出したりします。

昔はインターネットを介したサービスを提供する場合は自社でサーバーを用意する必要がありましたが、規模が大きい事業の場合は専用のデータセンターを建築する必要があったなど非常にコストが高いものでした。

ですが、そういったデータセンターや大量のサーバー管理のみに特化したクラウドサービス事業を展開することで、新たにサービスを提供したい事業者が低コストでサーバー環境を用意できるのです。

クラウドサービスを使えば理論上1日でサービスをリリースすることも可能であるため、クラウドサービス事業の需要は極めて高いものと言えるでしょう。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスは大きく分けて3種類に分類されます。分類はSaaS・PaaS・IaaSの三種類であり、それぞれ特徴や利用される場面が異なります。

一般的にはクラウドサービスという故障ではなく、クラウドサービスが分類されたSaaS・PaaS・IaaSの用語が用いられることが多い為覚えておきましょう。

それでは、それぞれのクラウドサービスの種類について解説していきます。