ワーク

レッドオーシャンとブルーオーシャンの違いとは?業界で成功する市場戦略

レッドオーシャンの意味とは?

レッドオーシャンとは、競争の激しい市場や業界、ジャンルなどを表すビジネス用語のひとつです。

事業を展開するにあたって、強い競合がいるかどうかを分析する際に使われることのある用語で、マーケティングでの戦略会議などでは登場しやすい用語ともいえるでしょう。

なぜ競合が激しい市場や業界のことをレッドオーシャンというのかについてですが、血で血を洗う真紅に染まった海のような市場だということを比喩してレッドオーシャンと呼ぶのです。

レッドオーシャンでは様々な企業などが市場で争い、一方は勝って一方は負けて事業を撤退していくため、レッドオーシャンという言葉が使われるようになっています。

ブルーオーシャンの意味とは?

ブルーオーシャンとレッドオーシャンの反対の意味をもつ言葉です。

レッドオーシャンはひとつの市場に大量に押し寄せる組織や個人が争う市場のことを指します。

それに対してブルーオーシャンは、まだ自分以外の企業などが目をつけていない、競争相手が少ないもしくは競争相手がいない未開拓市場のことです。

ブルーオーシャンは文字通り「争いがなく、穏やかでのんびりできる青い海」という意味をもつ言葉で、レッドオーシャンとついになる言葉としてビジネスでは使われます。

ブルーオーシャンに似た言葉の一つとしてニッチがありますが、ニッチは未開拓市場ではなく隙間市場のことを指しており、意味が同じというわけではありません。

ブルーオーシャンは、市場そのものに競合が少ないことを指す言葉なので、用語が混同しないように注意しましょう。

レッドオーシャンとブルーオーシャンの違い

レッドオーシャンとブルーオーシャンが対になる用語であるように、それぞれ異なる意味を持ちます。

異なる意味であることをわかりやすく例えると、既に市場が成熟していて次々に新しい企業が参入してくる市場がレッドオーシャン、市場が成熟していないどころかほとんどの企業が目をつけていない市場がブルーオーシャンです。

はじめはどの市場もブルーオーシャンであり、ブルーオーシャンだった市場に目をつける企業が増えていくとしだいにレッドオーシャンになっていきます。

レッドオーシャンになっているとすでに市場が成熟しており、市場規模もそれ相応のものになっていることが多いです。

しかし、時代の変化に伴って市場規模が縮小してブルーオーシャンに戻っていくことも少なくありません。

たとえば白黒テレビの市場は当時レッドオーシャンでしたが、カラーテレビの登場などにより市場規模が縮小し、現在は狙う企業が少ないブルーオーシャンとかしています。

ブルーオーシャンだからといって将来成長するかどうかはわからない限らない、過去にレッドオーシャンだった市場ということもあるのです。