ワーク

【ブランディングの手法】企業におけるブランディング活動の方法がわかる!

ブランディングの意味とは?

ブランディングとはマーケティング用語の一つ。

ブランディングの意味とは、消費者に商品やサービスに対するイメージを認識させる活動といったところです。

ブランディングの手法には、商品のロゴ、名称、キャッチフレーズの作成などがあります。

これらによって、自社の商品を他社の類似商品と差別化し、消費者、ないし市場に独自のポジションを築くことが可能です。

ブランディングを行うにあたってターゲットを明確化し、「誰に何を伝えるのか」を定めておくことは成功のポイントになります。

ブランディングの成功は集客、販促において有利となり、自社の利益アップに繋がるのです。

マーケティングとブランディングの違い

マーケティングとブランディングの目的は共通しており、どちらも自社の商品やサービスを消費者に知ってもらうところにあります。

ビジネスマンのなかにも、マーケティングとブランディングの意味を混同しているほうも少なくないはずです。

しかし、マーケティングとブランディングは、明確に異なることを覚えておかなければなりません。

ブランディングとは自社と他社の違い、あるいは自社の商品と他社の商品の違いをつくり、いずれにおいても自社独自のイメージを消費者に与えることです。

一方、マーケティングとは自社が扱っている製品を消費者から「欲しい」と思ってもらえるような取り組みを行うことをいいます。

この二つについて端的に述べると、ブランディングが自社、もしくは自社製品のイメージつくりに対し、マーケティングは消費者に自社商品の購買意欲をアップするといったところです。

ブランディングが企業にもたらすメリット

ブランディングを行うことによって、消費者は企業に対してイメージしやすくなります。

また、消費者は企業に対する良好なイメージによって購買意欲を掻き立てられるため、企業にとって消費者に対する自社のブランディングは大切な仕事です。

PR活動などの成果による、消費者から得られる信頼、あるいは市場における企業名の認識はブランディングの目的として重要でしょう。

1.共通イメージを持たせる

ブランディングにおいて消費者のなかで自社、ないし商品について共通するイメージをもってもらうことは重要です。

消費者に共通イメージをもってもらうためのブランディング手法には、CM、ロゴ、キャッチコピーの作成などがあります。

あるいは、芸能人をイメージモデルにすることも企業のイメージ形成、ないしブランディングにおいて大きな影響を与えることができるでしょう。

消費者に企業のイメージをブランディングによって定着させることで、消費者の購買意欲、信頼感、安心感のアップにつながるのです。

2.信頼度の向上

消費者に企業ないし、商品のイメージが定着するほど、信頼度もアップします。

消費者がもつ企業に対する信頼度はそのまま品質への安心感にもつながるため、ブランディングはとても重要です。

たとえば、消費者はブランディング化されている企業に対して、「化粧品ブランドAが販売している化粧品は、品質が良く、効果があるから、ここの化粧水を購入しよう」といった考えに至ります。

3.リピート率されやすくなる

消費者は企業や商品がブランディング化されており、イメージしやすいものを購入対象として選択します。

一方で、ブランディングされていない企業の提供するサービスについては、消費者のなかで迷いが出たり、あるいは意識の対象外となって選択肢に含まれないといったこともあるでしょう。

企業、商品がブランディングされていることによって、消費者が必要な商品を購入する際にそれを扱っている企業を思い出しやすくなり、購入のキッカケになります。

ブランディングは消費者のリピート率をアップさせるためにも、このように効果があるのです。

ブランディングをする対象

ブランディングする対象は、会社、商品・サービス、人の三つに分けることができます。

この三つはいずれも異なる意義があるため、それぞれについて詳しくみていきましょう。

1.会社

会社をブランディングするとは、自社イメージや自社が展開しているサービスを消費者に印象付けることです。

会社をブランディングするための手法において、自社が行っている社会活動や社会貢献などもポイントになります。消費者がこれらを知ることによって、企業に対するイメージがアップしたり、商品に対する安心感が芽生えることもあるでしょう。

また、企業のブランディングには、社長や役員のアイドル性、企業のキャッチコピーなども効果的です。

2.商品・サービス

商品・サービスのブランディングでは、消費者に自社が扱う商品・サービスに対して好印象をもってもらい、購買意欲アップを狙うことが目標です

そのためのブランディング手法として、商品・サービスを他社のそれと差別化していきます。

キャッチコピー、原産地、使用あとの効果、購入することで得られるメリットなど、消費者の得になる情報をPRし、消費者にそれらを覚えてもらえるようにしなければなりません。

手荒れが気になる30代の女性が、「化粧品会社Aのハンドクリームを購入しよう」という思考に自然となることは、ブランディングが成功したこと例といえるでしょう。

3.人物

ブランディングを人物に対して行い、企業のイメージ形成や商品のイメージ形成に役立てることが可能です。

たとえば、企業の社長にアイドル性があれば、消費者は社長の姿から商品をイメージしやすくなり、購買意欲や商品に対する興味につながります。

企業における人物を活用したブランディングの手法には、芸能人をイメージモデルにすることも少なくありません。

消費者は芸能人の姿から商品に対するイメージをふくらませていき、高い購買意欲や商品への信頼感へと変わっていきます。

企業が人気のある芸能人をイメージキャラクターに抜擢することは、ブランディングを大きな目的としているのです。

ブランディング活動の手法

ブランディングによる高い成果を期待するためには、正確な手法に基づいて行う必要があります。

ブランディングの成果を最大限出すために必要なポイントをみていきましょう。

1.ターゲットを決める

ブランディングを行う最初の手法として、ターゲットの設定があります。

ブランディングにおけるターゲットとは、商品、ないしサービスを提供する人の性別、年齢層、属性などを決めることです。

たとえば、自社製品である健康食品Aのターゲットを「20代~30代の都内で働くOL」と決めます。

これにあわせて、商品の価格、パッケージデザイン、ロゴ、イメージモデル、キャッチコピーなどを決めれば、この層に入る消費者の心が惹き付けられ、購買意欲につながるでしょう。

商品のターゲットに入っている消費者は、ブランディング化された商品に興味をもちやすくなります。

2.ポジションを決める

ブランディングでいうポジションとは、市場における商品の価値や商品の立場などを決めることです。

ブランディングにおけるポジショニングでは、商品ターゲットとする顧客に対して、自社が提供する商品にオリジナリティや他者の製品との違いを認識してもらわなければいけません。

そのためのブランディング手法として、他社の商品との差別化を明確にした上で、商品のキャッチコピーを決めたり、商品をPRする際に自社の製品のオリジナリティを消費者に印象付けたりするものがあります。

3.ブランドを動かす

ブランディングにおいて商品・サービスのターゲットとなる消費者や市場におけるポジショニングが決まったら、そのブランドを動かしていくことになります。

商品発売前には、商品ターゲットとなる消費者の心を動かすことのできる宣伝を行い、世間から注目してもらうよう努めなければなりません。

リリース後も、消費者の反応を把握しながらブランディングの調整、改善を続けていくことが必要不可欠です。

商品・サービスが市場で認識されたあとは、自社が目指している商品のイメージを消費者がもっているかなどの継続的な調査も必要になるでしょう。

消費者と自社の間に商品・サービスに対するイメージに認識のズレがないか、ブランディングに間違いはないかといったことを見直しながら、ブランドを動かしていきます。

ブランディング活動のフレームワーク

ブランディング活動の手法には、3C分析、PEST分析、SWOTSWOT分析といったフレームワークがあります。

これらを上手く活用することによって、ブランディングを正確に、かつ効果的に行うことが可能です。

ブランディングを行うにあたって必要となるいずれのフレームワークも、身につけることは比較的簡単であり、インターネットや本を活用して学習することができます。

1.3C分析

3C分析における3Cとは、「市場・顧客(Customer)」、「競合(Competitor)」、「自社(Company)」の3つの言葉の頭文字です。

3C分析とは、自社が置かれている経営環境、市場の現状などについて分析を行い、経営課題発見などに活用するフレームワークのことをいいます。

3C分析を行うことによって、事業の進行方向が明確になり、より効果的な企画立案がしやすくなり、ブランディングにおいてより高い成果を期待できるようになるでしょう。

2.PEST分析

PEST分析は、マーケティング分野の第一人者フィリップ・コトラーが生み出した手法です。

「政治的(Politics)」、「経済的(Economy)」、「社会的(Society)」、「技術的(Technology)」という言葉から、PESTは成り立っています。

PEST分析を用いることによって、市場についてこれら4つの切り口から分析を行えるため、ブランディング、ならびにマーケティング戦略における課題を浮き彫りにしやすくなるのです。

3.SWOTSWOT分析

SWOT分析という言葉は、Strength、Weakness、Opportunity、Opportunityという4つの単語の頭文字から成り立ちます。

SWOT分析とは、自社、ならびに商品・サービスにおける強み(Strength)と弱み(Weakness)を洗い出したうえで、機会(Opportunity)と脅威(Opportunity)の可能性を見出す手法のことです。

自社、及び業務におけるプラスとマイナスの各要素を客観的に把握できる手法であり、場合によっては弱みを活かすアイデアも導きだせる有効な手法ともいえます。

SWOT分析はビジネスにおけるさまざまな場面で活用でき、ブランディング、マーケティングのみならず、コンサルティングでも用いられることが少なくありません。

ブランディングで重要なこと

ブランディングを行うにあたって、市場の現状を把握、消費者のニーズを把握した上で、自社、ないし自社のオリジナリティを追求していかなければなりません。

ブランディングを行うにあたって重要なことをみていきましょう。

1.世の中の流行を知る

ブランディングを行うにあたって、世の中の流行を知ることはとても大切なことです。

特に、商品をブランディングする際には世の中の流行を意識し、広告やPR活動のなかに流行を取り入れることは成功の鍵になります。

ブランディングをはじめる際には、世の中の人たちがなにを考えているのか、なにを求めているのか、どのような言葉や商品が流行っているのかをしっかりと把握した上で行いましょう。

2.唯一無二を知る

自社の商品・サービスを消費者に印象付け、彼らに企業が求めるイメージをもってもらうためには、どこかで唯一無二である必要があります。

そのために、他社の製品と同じ商品・サービスであっても、他社にはない付加価値を加えて市場に提供しなければなりません。

ブランディングとは商品・サービスの唯一無二の部分をつくることでもあるのです。

3.世界観を大切にする

ブランディングにおける世界観とは、商品のターゲット層を定めることと共通しているといえるかもしれません。

商品・サービスのブランディングとは、「ファンの形成」ともいいかえられるでしょう。

商品・サービスがどのような世界観をもち、それがどの属性にいる人たちに好まれるかをあらかじめ決めておくが必要です。。

ステキな世界観をもつ商品、ないし心惹き付けられる世界観をもつ商品は消費者の心を捉え、購買意欲を促します。

ブランディングを成功させるためには、多くの人の心を掴めるようなアイデアがとても大切なのです。

ブランディング力を身につける方法

ブランディングを身につけるためには実践を積み重ねていくことが大切ですが、ある程度の知識を独学であらかじめ身につけておく必要があります。

また、ブランディングを実際に行ったあとも、スキルアップのために学習の継続は欠かせません。

ブランディング力が身に付いていること、あるいは高いクオリティでブランディングできることは、仕事の活躍幅を大きく広げてくれます。

1.書籍を読んで勉強する

ブランディングを身につけるための書籍は数多く出版されています。

書店や通販サイトなどで、自分に合った書籍をみつけ、それを上手く活用すれば、ブランディングの基礎力は身に付くはずです。

ブランディングについてある程度の知識を独学で取得したら、実践にうつります。

ブランディングを実際に行ったあとも、ブランディングやそれに関係するスキルについて独学で学ぶことはとても大切です。

2.成功こと例を分析する

ブランディングには計算式のように明確な正解、一つの答えがあるわけではありません。

ランディングについて成功こと例をいくつも学び、吸収し、自分がブランディングを行う際には前例を応用するのはとても大切なことなのです。

ブランディングを行うことによって利益が上がって成功したように見えた場合でも、別の方法をとることで何十倍にも成果が出ていたといった場合も珍しくありません。

ブランディングを上手く行い、最大限の成果を出すためには成功こと例を研究し、ブランディングを行うごとに市場調査を欠かさないことは必須といえます。

3.副業・複業から始めてみる

ブランディングは副業・複業でも行うことができます。

副業・複業でブランディングを行う際は常駐型というよりも、コンサルタント、あるいはメンターとして、月に数回程度の助言を契約を結んだ企業に与えることが一般的です。

副業・複業先と対面でやりとりする以外にも、調査やアイデア形成などの仕事は必要ですが、これらは自由な時間に行うことができるため、ブランディングの副業・複業は本業をもつビジネスマンにも比較的やりやすい仕事といえるでしょう。

ブランディングは誰がやる?

企業においてブランディングを行うのは広報、もしくはマーケターであることが一般的です。

ブランディングを副業・複業で行いたいと考える方は、これらの職種の求人で採用されれば、ブランディング、もしくはそれに近い仕事を任されることになります。

ここからは、広報とマーケターの仕事についてみていきましょう。

1.広報

広報の仕事には、社内に向けた仕事と社外に向けた仕事があり、ブランディングと関係する業務は、社外に向けた仕事のなかにあります。

広報担当者は自社のどのような情報を市場に発信するかリサーチし、それに基づいてプレリリースを作成します。

ほかにも、マスコミなどのメディア対応や各メディアとの打ち合わせも広報が行うことも多いです。

広報担当者が行うブランディングの仕事は、消費者に対して行う自社や商品のPR活動に含まれます。

大規模イベント開催ときなどは、イベントの司会や受付を行う広報担当の社員のイメージが企業イメージにも結び付くことにもなるので、こうした業務もブランディングの一つといえるでしょう。

2.マーケター

マーケターの仕事とは市場調査、情報収集、企画立案などです。リサーチに基づき、商品・サービスを企画したり、PR活動の企画を行ったりします。

これらの作業を行うなかで、市場や消費者のニーズを把握することは大切です。また、マーケターは流行に敏感である必要もあります。

マーケターの仕事におけるブランディングとは、商品・サービスの企画立案やPR活動の企画の段階に大いにあるといえるでしょう。

これらの作業を行うなかで、自社が与えたいと考える自社のイメージ、商品・サービスのイメージを消費者に与えることができるようなアイデアを出さなければいけません。

これらの作業のなかに、ブランディングの要素があるのです。

商品・サービスのオリジナリティ、PR活動で用いるために作られたキャッチコピーによって、商品・サービスがブランディング化されていきます。

ブランディング活動をやってみるなら副業・複業から

ブランディングは企業が抱える星の数ほどある業務のなかでも、利益に直結する非常に大切な仕事です。

役職のある社員や業務経験の長い社員がブランディングを担う企業も少なくありませんが、副業・複業人材にブランディングを頼る企業も少なくありません。

副業・複業人材に自社のブランディングを依頼する企業は、ブランディングを任せられる社員のいない中小企業が多いです。

また、大企業のなかにも、より高いクオリティのブランディングを求めて、副業・複業人材に助言を求めたいと考える企業もあります。この場合においては、ブランディングについての高いスキルや優れた実績などが必要になるでしょう。

副業・複業としてブランディングを行う場合には、ブランディングの経験やそれに付随する経験が不可欠なことがほとんどで、先ほうからのクオリティに対する期待も大きくなります。

自分のスキルや経験を活かして、コンサルタント的な立場から、他社のブランディングに関わることは大きなスキルアップにもなり、得られるものは給与だけではないはずです。

副業・複業を始めるならAnother works

ブランディングに興味のあるほうはAnother worksに登録することをおすすめします。

Another worksは副業・複業先を探す求職者と即戦力を必要とする企業をつなぐプラットフォームです。

Another worksに求人を出している企業のほとんどが、副業・複業で力を貸してくれる即戦力となる人材を探しています。

マーケター、広報、企画、コンサルティングといった職種の副業先もAnother worksでみつけることが可能です。

Another worksは求職者に対してサービスをすべて無料で提供しています。

副業・複業先をスマホで探すことが基本ですので、仕事探しは自宅や隙間時間にできるため、忙しいほうも少ない負担で仕事探しができるるでしょう。

あなたが登録したスキルによっては、企業から直接オファー・アプローチが届くこともあります。

副業・複業を探している方は、一度Another worksをチェックしてみてください。