ワーク

トレードオフの使い方例や具体的な意味を解説|知っておきたいビジネス用語

トレードオフの意味とは?

「トレードオフ」とは、一方を達成するために他方を犠牲にする交換のことをいいます。 トレードオフを英語にすると「trade-off」。「交換」や「取引」を意味します。

ただし日本語としても定着しているため、「トレードオフ」と訳されることがほとんどです。ここで、似た意味を持つ別の英単語をいくつか紹介しましょう。

trade-off……交換、取引、妥協、代償
exchange……交換、両替、やりとり
interchange……やりとり、交換、取り交わし
replacement ……交換、置き換え、差し替え
 

以上を見てわかるように、トレードオフは特に商業的・取引的なシーンで使われる英単語といえるでしょう。またトレードオフによる取引には、妥協の意味合いが含まれることにも注目しなければなりません。

日本語で「こちらを立てればあちらが立たず」という言い回しがあります。トレードオフとは、まさにその意味。2つの対局にある事柄に対して、一方を叶える代わりに、他方を捨てることをいうのです。

トレードオフの具体例

トレードオフの具体的な例を、まずは身近なものから紹介しましょう。

女性が出かけるために、靴を選ぼうとします。ここで選択肢にあるのは、オシャレなヒールの高いサンダルと、靴底にクッションがきいたランニングシューズです。

サンダルは足元がオシャレになるだけでなく、足を美しく見せる効果があります。一方でランニングシューズは長時間履いても疲れず、足への負担も少ないです。

2つの靴、どちらを選択するのか。ここでデザイン性と機能性という、トレードオフが発生しています。 ただし靴の場合は、デザインと機能の両面を兼ね備えたものも存在するでしょう。

決して両立しないトレードオフ。それは例えば、生物学におけるトレードオフです。

魚や虫など、小さな動物ほど1度に大量の卵を産むことはご存知でしょう。一方で犬や猫などの哺乳類は、1度に産める個体数に限界があります。

これは繁殖能力と生存能力のトレードオフといえるでしょう。小動物は繁殖能力が高い反面、外敵が多く成体になるまで生き残ることが難しいです。しかし大型の動物は危険が少ないため、それほど多くの種を残す必要はありません。

このように生き物の進化とは、トレードオフのくり返しといえるでしょう。そしてこのトレードオフにより、生態系のバランスが維持されてきたのです。

トレードオフの使い方

トレードオフは、ビジネス用語としての使われ方が始まりだといわれています。しかし現在は生物学や軍事用語、政治経済や日常会話にまで幅広く使用される言葉となりました。

ところで、日本語では「二律背反」と訳されることもあるトレードオフですが、「二律背反」は哲学用語に分類されます。正反対の事象が、矛盾しながらも両立している状態です。

一方でビジネス用語の「トレードオフ」は、両立できない状態のこと。似ているようで、多少意味が異なります。

人に伝えることを目的とするビジネス用語は、正しい使われ方をしなければなりません。ここでは場面ごとに、トレードオフの使い方について解説していきます。

1.ビジネスシーン

ビジネスの世界においては、常にトレードオフの考え方が重要とされます。特に今の時代、市場はものに溢れている状態です。

そこでヒットを生み出すためには、何かに特化すること、またターゲットを絞ることが必要となります。

例えば2021年2月、赤城乳業から販売された「かじるバターアイス」は数量限定での販売でしたがSNSで話題となり、予定よりも早く在庫終了してしまいました。

パッケージから「バター」を前面に押し出し、インパクト抜群。まさにSNS映えを意識した商品です。

しかし一方で、「バターを食べる」という行為に抵抗感を覚える消費者もいたようです。つまりここで、インパクトと大衆受けのトレードオフが起きています。

ただし今の時代、発信力の強いユーザーをターゲットにすることで、メイン層以外を巻き込める可能性もあるのです。

2.日常会話

私たちの日常は、選択することで成り立っています。つまりトレードオフは、身近なところでも発生しているのです。例えばTwitterにて「トレードオフ」と検索してみましょう。

「眠いけどゲームしたい。睡眠と趣味はトレードオフだ」
「遊びたいけどお金が……。遊びと貯金はトレードオフなんだよね」
「仕事行きたくない。仕事と幸せはトレードオフだ」
 
というようにトレードオフという単語は、日常会話でも気軽に使えることがわかります。

3.経済学

経済学では、全てがトレードオフの関係にあるという前提があります。例えば経済学において、最もトレードオフと関わりが深いとされるフィリップス曲線。

・インフレ時には低失業
・低インフレ時には高失業
 

という失業率とインフレーションの、同時に両方を解消できない、トレードオフを表したグラフです。

また経済学の基本である需要・供給曲線。これもトレードオフで説明ができます。

需要が増える。すなわち商品がヒットしたり、景気がよくなり収入が増えると、商品の価格は高くなります。一方で供給が増える状況。すなわち機械を投入し、生産体制が追いつくと、価格は下がってしまいます。

商品をブランド化するか。または大量生産・大量消費とするか。価格と生産の関係はトレードオフです。

トレードオフを使った例文

それでは「トレードオフ」を使って、例文を作ってみましょう。

現在トレードオフに関連して、最も注目を集めているのが「新型コロナウィルス」。これをテーマに、以下例文となります。

 

『新型コロナウィルスの感染抑止対策は、経済活動とトレードオフの関係にあり、問題視されています。

感染抑止対策といえば、飲食店の休業・あるいは営業時間の短縮。また一般市民への外出自粛の呼びかけです。

しかしこれにより経済活動は停滞。多くの店が廃業や経営不振に追い込まれています。

国民の健康を守るか。経済を回し続けるか。この「命と金」のトレードオフについては、どの国も選択を迫られているのが現状です。

ところで感染抑止対策として、日本では現在、テレワークが推進されています。テレワークは新しい働き方。いわばプライベートの中に職場が入り込んでいる状態です。

かつて時間と金は、トレードオフだといわれていました。お金を得るためには、自分の時間を犠牲にしなければならない、と考えられていたのです。

そこで仕事も生活の一部であるとする「ワークライフインテグレーション」という考え方が、現在広まりを見せています。』

トレードオフの関連用語

ここでは「トレードオフ」に関連する用語の一例を紹介していきます。

①トレードマーク

例えば「このキャラは帽子がトレードマークだ」というように、日常においても聞きなじみのある用語ではないでしょうか。ビジネスにおいては「登録商標」を意味し、商品には「TM」マークとして表示されます。

②トレードマネー

例えば野球やサッカーなどのスポーツにおいて「電撃トレード」などのように使われるため、なじみのある方も多いでしょう。このとき発生する移籍金のことを、トレードマネーと呼びます。

③フェアトレード

この「トレード」は、外国との交易を意味します。日本語に直すと「公正な貿易」。発展途上国と先進国が対等に貿易を行い、途上国の発展に貢献することをいいます。

④トレードタームズ

「タームズ(terms)」は複数形だと「条件・協約」の意味になります。日本語に直すと「貿易条件」。貿易するとき、相手と個数や値段について、条件を取り交わすことをいいます。

⑤トレードシークレット

「営業秘密」のことです。有名な例としては、コカコーラの原液の作り方。またケンタッキーフライドチキンのスパイスが挙げられます。

トレードオフの反対語

トレードオフの反対語は、コンパチビリティ。綴りは「compatibility」で、日本語で「両立性、適合性、互換性」と訳します。

コンパチビリティは、特に自動車の性能を表す用語として知られています。大きな自動車と小さな自動車が、事故を起こしたとしましょう。このとき大きな自動車は必ず、小さな自動車に多大な被害を与えてしまいます。

自動車が小さくなればなるほど、被害は大きくなるでしょう。つまりコンパクトで利便性の高い車と安全性はトレードオフの関係だったのです。

そこで大きな自動車のボディを柔らかくし、一方で小さな自動車は耐久性を高める開発が進められました。これによって事故が起きたとき、小さな自動車の運転手への被害が軽減されることが期待されたのです。

このような性能を持つ自動車は「コンパチビリティモデル」。安全性の高い自動車として、1つのセールスポイントと認識されています。

また製造業における「コンパチ品」。ネジなどの部品で、互換性のあるものをいいます。この「コンパチ」は、「コンパチビリティ」を略したものです。

可処分時間をトレードオフして副業・複業を始めよう

時間とお金の関係はトレードオフです。そこで可処分時間、いわゆる「スキマ時間」を使って、副業・複業を始めてみてはいかがでしょうか?

2019年から始まった働き方改革。これにより副業・複業が現在、注目を集めています。

副業・複業とは従来、本業とトレードオフの関係として禁止されていました。しかし、働き方改革の影響や副業・複業がスキルアップに繋がるという考え方により、副業・複業を公認する会社も増えつつあります。

副業・複業は、スマホで手軽に始められることが特徴です。最も簡単なのは市場アンケートなどに回答してポイントを集める、通称「ポイ活」。

また近年、人気が高いのが例えば「メルカリ」や「ラクマ」などで知られるフリマアプリです。不要なものの処分や、ハンドメイド品の販売など、コツをつかめば安定した収入を得ることができるでしょう。

そして副業・複業としてブームとなっているのが、ブログ運営です。必要なものは、スマホやPCなどのネット環境だけ。簡単にスタートでき、軌道に乗れば高収入も期待できます。

副業・複業を始めるならAnother works

スキマ時間をトレードオフして副業・複業を始める方に、オススメのサービスがAnother worksです。Another worksは副業・複業する人と、企業をつなぐプラットホームサービスのこと。

登録料は無料。しかもスマホをタップしていく選択式のため、簡単3分で完了します。また企業と応募者のあいだに、仲介手数料が発生しません。副業・複業でたくさん稼ぎたいという方にはピッタリです。

Another worksの掲載案件は、質がいいと評判です。企業は副業・複業であることを前提として、働く人を募集しています。そして完全在宅ワークの案件も数多く、安心して本業と両立させることができるでしょう。

掲載企業の業種も豊富です。スキルアップのために、本業と関係ある仕事をしたい。興味のある業種にチャレンジしたい。副業・複業だからこその、自由な選択肢があります。

時間とトレードオフして、スタートする副業・複業生活。せっかくなので、Another worksでエンジョイしてみてはいかがでしょうか。