ワーク

ミレニアル世代の意味とは?x・y・z世代との特徴&違いを徹底比較!

ミレニアル世代の意味を知りたい!

ミレニアル世代という言葉を聞いたことはありますか?最近、耳にする機会も増えてきたミレニアル世代という言葉、しかしその意味を知っている方はまだ少ないです。

まずは、ミレニアル世代とは何なのか、ミレニアル世代の意味について紹介していきます。ミレニアル世代は1981年以降の生まれで、2000年以降に成人した世代を意味する言葉です。

日本でいう、団塊の世代のような特定の年代に生まれた人たちを指しています。現在の20代前半~30代後半の人達を指しており、ミレニアルズと呼ばれることもあります。

ミレニアル世代の人たちは、生まれた時からインターネットが生活の一部になっており、2014年に開催された世界経済フォーラムで、他の世代と価値観やライフスタイルが違っていると取り上げられました。

ミレニアム世代と間違えられることもありますが、ミレニアムは「千年紀」という意味で、ミレニアル世代とは全く違う意味を持つ言葉です。

ミレニアル世代の特徴

はじめにミレニアル世代という言葉の意味について紹介してきました。ミレニアル世代はインターネットが当たり前の時代に生まれ、それ以前に生まれた年代の方々とは、異なる価値観やライフスタイルを持っています。

ここからは、さらにミレニアル世代の特徴について深掘りしていきます。ミレニアル世代の特徴は、インターネットに馴染み深い、共感による購買意欲、経験価値に重きを置くの3つです。1つずつ見ていきましょう。

1.インターネットに馴染み深い

前述した通り、生まれた時かインターネットがある環境が当たり前だったため、ミレニアル世代はとてもインターネットに馴染みが深いです。特に他の世代と異なる点がSNSの使い方になります。

なにか分からないことを調べる時は、Google等の検索エンジンで調べるのが一般的ですが、ミレニアル世代は、検索エンジンに加えてTwitterやInstagram等のSNSを上手く利用して情報収集を行うのです。

2.共感による購買意欲

テレビや雑誌、街の看板はもちろんのこと、インターネット上にも企業は多くの広告を出して消費者の購買意欲を煽っています。しかし、ミレニアル世代はそのような企業が出している広告にあまり重きを置いていません。

インターネットを利用する時には、広告が表示されないような設定にしている人もミレニアル世代には多くいます。ミレニアル世代が重要視しているのは、企業の広告ではなく同じ消費者の口コミなどです。

企業よりもリアルな意見で信頼ができ、同じ立場である消費者の意見に共感して商品の購入を決定します。ミレニアル世代は、口コミに共感することで購買意欲が湧いてくるのです。

3.経験価値に重きを置く

ミレニアル世代は、新しい場所へ行く、新しい経験をするといった経験欲がとても強いです。また、その経験を仲間とシェアしたいという気持ちが強いのもミレニアル世代の特徴になります。

一方でミレニアル世代は、物欲があまり強くありません。ブランド品がほしい、高級車を数台持ちたい、そんな欲求をミレニアル世代は、あまり持たないのです。

「ミニマリスト」が増加していることからも分かるように、現在は必要なものは、必要最小限で良いという価値観が広がっています。その流れを受け、他人と何かを共有するシェアサービスが成長してきているのです。

Y世代と何が違うの?

Y世代は、生まれた時期がミレニアル世代と重なる1980年代~2000年代初期の方々の事を指しています。では、ミレニアル世代とY世代に違いはあるのでしょうか?ここからは、ミレニアル世代とY世代の違いについて見ていきましょう。

結論からいうと、ミレニアル世代とY世代の違いはほぼありません。同義といっても良いでしょう。そのため、Y世代の特徴は、ミレニアル世代の特徴と酷似します。

Y世代は個人主義と言われており、しっかりとした自分の考えを持っていますが協調性があまりないとされています。そのため、ミレニアル世代やY世代は、転職が多いのが特徴の1つ。自分の価値観と企業の価値観が合わなかったというケースが多いようです。

前述したミレニアル世代3つの特徴も、Y世代の特徴に当てはまります。このように、ミレニアル世代とY世代は同義として考えても差し支えはありません。