ワーク

即戦力人材の真の意味に迫る!即戦力採用を行うためのコツは複業にあった

即戦力の意味とは?

企業における即戦力の意味とは、研修や指導を行わなくてもすぐに社内で使える人材のことをいいます。

即戦力人材はビジネスマナーや業界についてある程度精通していることが大前提です。

即戦力人材にあたるのは転職で入社してきた人や、副業・複業人材といえるでしょう。彼らには、入社直後すぐの活躍や社内においてリーダーシップを発揮することが期待されています。

あるいは、重要な商談や新規事業の担当者として即戦力人材が採用されることも珍しくありません。

企業は即戦力となる人材を中途採用などによって受け入れることで、社内に新しい風が吹くことや、新規事業に貢献してもらうことを期待しています。

中途採用、ないし副業・複業人材が管理職として入ることによって、社員の仕事が効率化したり、働きやすくなったりすることも珍しくありません。

今、即戦力人材が求められている

企業はいま即戦力となる人材を求めています。その意味は主に二つあり、一つ目の意味が企業のコスト削減、二つめの意味が同業他社に勝つことです。

ここ数年は不況の影響などを受け、企業の多くが人を育てるための資金や時間を捻出する余裕がありません。

また、ミスマッチなどで教育期間中に辞職されてしまった場合は、人材教育に注いだコストはすべて無駄になってしまいます。

即戦力となる人材を採用すれば、人材教育にかかる時間や経費も必要なく、かつ長期間におよんで安定して働いてもらえることも見込めるでしょう。

二つ目の理由は、競争が激化する社会で利益を上げ続けるためです。

戦力となる人材、業界独自のノウハウをもつ即戦力人材を雇い入れることで、経営の見直しや、新規事業の立ち上げが可能にあり、自社の飛躍的な成長も期待できるでしょう。

企業が求める即戦力とは?

企業がもっとも求める即戦力とは、一般的に同業他社での実務経験のある人のことを指します。

同業他社において高い成果を上げた人、自社の業務に活かせる経歴をもつ人は、どの企業においても即戦力として求めらるでしょう。

即戦力人材には、これまでの業務経験から得た知識や実体験を活用し、自社に貢献してもらうことが見込まれています。

優れた実務経験や実績に加えて、高い人間力が備わっている人は多くの企業が求める人もの像といえるでしょう。

即戦力となることが期待されて入社した者は、入社後すぐに管理職や教育者としてのポジションを任されることがほとんどです。そのため、新入社員や部下からも慕われ、尊敬される人柄をもっていることは大前提ともいえます。

即戦力人材を採用するメリット

企業にとって即戦力人材を採用するメリットは、コスト面においても自社の将来展望の面においてもあります。

企業が即戦力人材を採用する意味をみていきましょう。

1.研修や指導を0から教える必要がない

企業における即戦力とは採用後すぐに戦力として活躍できる人材という意味の通り、即戦力人材には企業独自のルールなどを除いた仕事を教える必要がないことがほとんどです。

即戦力として採用した人に対して、企業は研修や指導を0から行う必要はありません。

即戦力人材は前職などで、仕事の基本やビジネスマナーを取得しているため、配属後すぐに業務に取り組むことが可能です。

一方、新卒で入社した社員に対しては、数週間から数ヵ月にもわたる研修やさまざまな面でのサポートが必要になります。

入社してから独力で仕事をこなせるようになるまでに時間がかかるため、人手不足のときに雇い入れても問題が解消しないケースも少なくありません。

2.すぐに成果を出せる

ここでいう「すぐに成果を出せる」とは、即戦力人材は同業他社などでの業務経験をもち、業界に関するノウハウを蓄積しているため、企業の売上アップに即座につながるという意味です。

また、即戦力人材は研修も不要なため、入社後すぐに実際の仕事をはじめてもらうことができます。そのため、人手不足のときには即戦力人材を雇う企業がほとんどです。

即戦力人材は優れた実績に加えて、多彩な経験などももっています。

与えられた仕事を完璧にこなすのみならず、企業のさらなる利益アップに結び付くパフォーマンスを入社後すぐにすることも珍しくありません。

3.社内スキルをすぐに蓄積できる

即戦力人材であっても社内独自のルールは0から覚える必要があります。

しかし、即戦力人材は業務を行うにあたっての基盤はすでにできているため、社内における適応力も高く、新しい環境にもすぐ慣れ親しみ、社内スキルについても短期間で蓄積できるのです。

即戦力人材にはビジネスシーンでの経験があるからこそ、新しい環境において求められるスキルや文化もすばやく取得できます。

即戦力人材の特徴

即戦力の意味とは、企業において即座に戦力になるといったところです。

企業の戦力になるためには、社会人経験の長さのみならず、特技や才能、あるいはコーチング力を備えていなければいけません。

以下、即戦力の特徴をみていきましょう。

1.何かのプロフェッショナル

プロフェッショナルの意味とは、専門化、専門知識といったところです。

即戦力人材におけるプロフェッショナルとは、業界について深い知識やビジネス経験をもち、ある業界における専門家ともいえるでしょう。

コンサルティング、経営、語学、会計などといった何かの部分において卓越した知識と経験をもっている人も、即戦力人材におけるプロフェッショナルの意味に含まれています。

 即戦力人材として高い役職で採用される人は、何かのプロフェッショナルである場合が多いです。

2.対応力が柔軟

ここでいう対応力の意味とは、クライアント、社外の人に対する寛大な態度に加えて、自社の社員に対する思いやりのある態度、サポート力といったところになります。

即戦力人材は社外において重要な商談を任されたり、社内でも指導的な立場にまわったりすることは珍しくありません。

社内・社外を問わずに人と関わる機会が多く、かつ部下を抱えたり、若手社員のサポートを行ったりすることも求められるために柔軟な対応力が必要なのです。

3.英語が話せる

企業が扱っている商品やサービスに対する知識、ないし同業他社での経験がなくても、高い英語力のある人は即戦力として採用される可能性があります。

語学力のある即戦力人材は翻訳や通訳を社員に代わって行うことができるため、企業にすぐ貢献できるからです。

語学を活かせる範囲で仕事を行うことを前提に、同業他社などでの経験がなくとも、即戦力人材として英語力ないし、外国語学力を買われて採用されることも珍しくありません。

即戦力人材になるメリット

即戦力人材になることができれば、高い役職や高収入を見込めるだけではなく、社内においても信頼され、重宝される存在になれます。

以下、即戦力人材になるとどのようなメリットがあるのか具体的にみていきましょう。

1.研修などを受けずにすぐに仕事ができる

これまでみてきたように、即戦力人材の意味とは企業に即座に貢献できる人のことをいいます。 即戦力として採用されれば、入社後に研修や教育期間などはなく、すぐに仕事に取り組むことになるでしょう。

即戦力人材は専門知識が必要な仕事や、従ことする業務の内容が限定されていることも多く、これまでの職務経験や自分のもつスキルを活用しながら働けることも多いです。

2.他お人より早く現場で活躍できる

専門性の高い知識や高いスキルをもっている人、あるいは評価対象となる実績をもつ人は、社内において重要な仕事を任されたり、教育係に任命されたりするのが一般的です。

即戦力人材として入社した人が、入社してすぐに高い役職への就任、重要な仕事の担当、あるいは新規事業の立ち上げに携わることもあります。

他の人よりも早く現場で活躍できるという意味のなかには、役職手当や資格手当なども含まれるため、収入面での優遇も期待できるでしょう。

3.より求められる人材になる

求められる人材の意味は、企業の収益アップに貢献できる人といえるでしょう。

専門性、スキル、営業力などのいずれかにおいて人並み以上であれば、企業から重宝したいと思ってもらえる社員になれるはずです。

企業から求められる人材であれば、不況や業績が悪化した際にもリストラや早期退職を要求されることも免れる可能性があります。

また、転職する際や、副業・複業の求人に応募する際においても、就職難なときであっても採用されやすいでしょう。

社会情勢や企業の低迷期関係なく、即戦力人材とは常に企業から求められる人材なのです。

即戦力人材になるコツ

即戦力の意味とは企業の利益アップに、入社後すぐに貢献できる人のことです。

企業の利益向上に貢献するためには、高いスキルや能力をもっていることは欠かせません。 以下、即戦力人材にどうすればなれるのかを具体的にみていきましょう。

1.1つのことのプロフェッショナルになる

プロフェッショナルの意味は専門化とほぼ同じです。数多くの分野に精通している必要はありませんが、何か一つのことに対して深い知識をもつ人や、他の人よりも優れた技術をもつ人のことをいいます。

即戦力人材として企業に採用される場合、一つの部分が高く評価されて採用されることも珍しくなく、即戦力人材の業務幅は他の社員と比較しても狭いことも多いです。

企業に貢献できる何か一つをもっていれば、即戦力として採用される確率は各段に上がります。

2.自らその業界を学習する

即戦力はその業界について深い知識をもっている必要があります。 即戦力として採用されたら、同業他社と自社の関係や位置付けを把握した上で、自社の売り上げをアップさせる方策を提案し、それを実行していかなければなりません。

「自らその業界を学習する」という意味とは、自社を中心に同業他社のビジネス、サービス、あるいは広報活動をリサーチしたり、業界、及び自社が展開するビジネスに関係する本を読んだりして勉強を行うということです。

3.必要なスキルを身につける

即戦力人材は他の社員よりも優れたパフォーマンスを期待され、採用されます。採用後は専門性の高い仕事や、指導者的なポジションを割り当てられることが大半です。

即戦力人材になるためには、業界についての知識に加えて、経済、会計、語学、コンサルティング、マーケティングなど、企業の利益向上に貢献できるスキルをもっていることが大前提となります。

これらは、従ことしている業務のなかでも身につくかもしれませんが、休日や余暇を学習に充て、特定の分野において専門家レベルの知識をつけることが望ましいです。

即戦力人材を目指すなら副業・複業から

即戦力とは入社してすぐに企業を支えることのできる人材を意味しています。

即戦力として働いてみたいというかたは、転職に限らず副業・複業からはじめてみることもいいでしょう。

副業・複業として即戦力として働きたいという方は、本業と近い職種で仕事を探したり、語学が得意な方は語学力を活用できる仕事を探したりすることがおすすめです。

本業と同業の副業・複業先であれば、すでに基本的な仕事内容も把握できていますし、ある程度の実務経験もあるために即戦力として働くことができます。

語学が堪能な方は本業とは異なる職種であっても、副業・複業先で語学力が必要な業務において即戦力として活躍できることも多いです。

副業・複業では短時間から働けるものや、コンサルティング的ポジションで月に1~2回程度から働けるものもあります。

副業・複業を始めるならAnother works

即戦力の意味とは、入社後すぐに企業の利益アップに貢献できる人材といえるでしょう。

高いスキルをもつ人や、同業他社などでの実務経験のある人が即戦力として求められています。

即戦力として入社するためには、他の人よりも優れた実績、ないしコーチング力をもっていることが大前提といえるでしょう。

即戦力として企業で働く方法は転職だけではありません。即戦力として副業・複業人材を求めている企業も数多く存在しています。

そこで便利なのがAnother works。Another worksとは、企業と求職者をつなぐマッチングサービスです。

コンサルティング、営業、開発職などさまざまな職種の求人が、Another worksには掲載されています。 Another worksに求人を出している企業のほとんどが、副業・複業として即戦力で活躍してくれる人を求めている状態です。

知識や実務経験を活かして、自社外でも即戦力として活躍したいという方はAnother worksでの仕事探しをおすすめします。