ワーク

BPOの意味とは|外注案件やアウトソーシングとの違いを徹底解説!

BPOの意味とは?

近年、多くの企業が活用しているBPOですが、ビジネス用語として耳にする機会も増えたのではないでしょうか。

正確なスペルは「Business Process Outsourcing」になり、略してBPOと呼ばれます。直訳の意味は業務工程外部委託で、自社の業務を外部の専門企業に委託することです。

BPOで委託する業務は自社のコア業務以外、もしくは自社には運用ノウハウがない業務になります。具体的な業務だと、営業部門、システム部門、人事部門、コールセンター部門、倉庫部門などです。

現代のグローバル化した経済環境や、労働人口の減少といった労働環境などが多くの企業にBPOが広まった背景の一つでしょう。

慢性的な人材不足やコストカットを実現したいといった課題を抱えている企業はBPOを積極的に活用すべきです。

BPOを戦略的に活用することで、経営資源の有効活用や業務の効率化が見込め、企業全体のコスト削減や競争力アップへと繋がっていきます。

BPOとアウトソーシングの違い

業務を外部に委託するということでは、アウトソーシングを真っ先に思い浮かべるかもしれません。

正確な意味ではBPOというのはアウトソーシングの一部になります。ただ、BPOがアウトソーシングと大きく違うのは、その委託する業務の範囲や期間です。

業務の範囲でみると、BPOが業務プロセスをまるまる委託するのに対し、アウトソーシングは乗務の一部のみの委託になります。

また期間においても、BPOが継続的な委託を前提としているのに対し、アウトソーシングは一とき的で短期的な委託のことです。

たとえば、経理部門が繁忙期のためこと務作業の人手が欲しい場合、派遣会社に人材を頼んだり、業務の一部の案件を経理代行会社に委託することがアウトソーシングになります。

それに対しBPOは経理部門全体を委託する形式です。そのためBPOの場合は業務の効率化や標準化などにも対応しなくてはいけないといえます。

業務全体をまるまる委託するということは、会社全体の業務分析や課題分析が必要。つまり、BPOというのは経営視点から戦略的に実施するアウトソーシングといえるのです。

BPOの利用目的

BPOの利用はいわば企業戦略です。事前準備や導入あとの運用体制の確立などといったことを考慮すると、かなりの大掛かりなプロジェクトになるといえるでしょう。

それだけに事前にBPOの利用目的を明確にしておかなければなりません。ここではBPOの代表的な3つの利用目的についてみていきます。

1.社外ノウハウの利用

BPOを利用することによって、自社にはない社外のノウハウを取り入れ、業務の効率化やこと業の生産性アップをはかることができます。

また、社内の業務によっては属人化されていて、ノウハウがマニュアル化されていない業務も多いもの。そのような業務は担当者の異動や退職による引き継ぎが煩雑なものになりがちですが、BPOによって社外ノウハウを取り入れることにより解決できます。

自社のビジネスを本当の意味で強化するためには社内のノウハウだけでは不十分です。そういった課題を解決してくれるのがBPOによる社外ノウハウの利用といえるでしょう。

2.社員のリソースの削減

リソースとは目的の達成に必要な能力、時間、資金、資料、資材などのことです。BPOの導入は自社の社員の時間やスキル獲得のための労力といったリソースを削減してくれます。

現代のIT技術やデジタル技術の発展は目まぐるしいものがあり、そのような技術を取り入れるということは、社員にも新たな専門知識の獲得が求められるのです。

専門性の高い知識やスキルの獲得には時間や労力が奪われます。そういったリソースを削減するためにBPOを行うのです。

専門性の高い業務や日々ルールが変わっていく経理や法務などがBPOに向いているといえるでしょう。

3.業務の効率化

BPOの利用目的として大きいのが業務の効率化です。業務の効率化を自社で行おうとすると、抜本的な業務の改善や人材育成、新たなノウハウの開発など、とても時間がかかります。

さらにそれがコア業務以外であれば、自社の経営資源を割くことは難しく、業務効率化が長年の課題だとしても先送りになりがちです。

そのような問題もBPOによって専門の企業に任せることで、効率的な業務の運用が可能になります。