ワーク

【3分でわかる】サブスクの意味|動画配信だけではない意外なサービス

サブスクの意味とは?

ここ数年で耳にする機会が増えたサブスクという言葉ですが、まだサブスクがどのようなものか、意味がいまいち分からないという方は多いものです。

そこで今回は、サブスクの基本情報や特徴を紹介していきます。

サブスクとは、サブスクリプションの略で「サービスや製品などの一定期間の使用に対して、代金を支払う方式」という意味です。

近年は、サブスク型のビジネスが多く、アプリやコンピューターソフトなど、ほとんどがサブスク型になってきていると言えるでしょう。

「月額制」や「課金制」といった方が聞きなじみがあるかもしれません。近年人気の代表的なサブスクを上げると、「Hulu」や「U-NEXT」などの動画配信サービス、「AppleMusic」や「Spotify」といった音楽配信サービスなどがあげられます。

動画配信や音楽配信サービスから始まり、現在では読み放題のサービスや宅配サービスなどジャンル問わず様々なものでサブスク型のサービスが生まれています。

サブスクサービスの基本情報

はじめに、サブスクはどういった意味なのかを紹介してきました。一言で簡単に言うと、定額制で定期的にサービスを受けられるものです。HuluやSpotifyなど、よく耳にするサービスも数多く存在するサブスクの1つでした。

ここからは、サブスクの基本的な情報を紹介していきます。現在あるサブスクのサービスから、利用者数などサブスク市場の今を分かるように解説していくので、ご参考にしてみてください。

1.現在あるサブスクサービスの数

前述した通り、サブスクは動画配信や音楽配信サービスから始まり、様々なジャンルで普及しているビジネス形態です。2021年現在でも、その勢いは衰えることなく加速しています。毎日のように新しいサブスクが誕生しているといっても過言ではありません。

そんなサブスクの市場規模は、2019年時点で約1.1兆円あり、2023年には約1.4兆円にまでになると予測されています。現在において、サブスクサービスがどのくらいの数存在しているのかというと、具体的な数字は分からないというのが正直な所です。

それほど現在のサブスクサービスの勢いはすごいことになっています。

2.サブスクサービスの利用者数

ランク王株式会社が行った10~60代の男女1,000人を対象にした調査によると、サブスクを使ったことがあると回答したのは、全体の77%でした。

約8割の方が何かしらのサブスクを使ったことがあるという調査結果になり、いかにサブスクが普及しているかが分かる数字です。

その中でも、10代は89%、20代が82%と特に若者の間で利用者数が多いことが分かります。この数字が意味するものは、この先サブスクは更に市場を拡大して、利用者数が増加していくと考えるのが自然ということです。

3.シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは、インターネットを通して、スキルや時間、場所などを共有する経済の形です。サブスクとは、若干違う意味のものにはなりますが似た意味ということで、軽く紹介していきます。

シェアリングエコノミーは、所有から共有へと価値観の変化から生まれたサービスです。自動車配車サービス「Uber」宿泊施設貸し出しの「Airbnb」などが有利ですが、日本ではまだまだ認知度の低いサービスになっています。