ワーク

戦略と戦術の違いが知りたい!ビジネス現場での具体例や違いを徹底比較

戦略の意味とは?

まず「戦略」「戦術」という言葉を聞いたことがあるほうは多いのではないでしょうか。

「戦略」「戦術」とは本来、戦争で使用されていた用語です。

現在は、ビジネス用語としても頻繁に、戦略と戦術という言葉は使用されています。

ではビジネス用語としての戦略とはどういう意味でしょうか。

ビジネスの世界において戦略とは、そのビジネスの進む方向を示すものであり、逆にいうとビジネスを始めるうえで戦略は欠かせません。

ここ最近では、マーケティング用語として使用されていることが多く、マーケティング活動において戦略は大切な手段です。

ここでは一旦、マーケティング活動における戦略について説明をします。

現代においては、マーケティングで顧客との関係性や顧客とのコミュニケーションを築くことが必要です。

それらを具体的な行動に落とし込み、運用できるようにすることを「戦略を立てる」というように使用されています。

これが戦略の意味です。

戦術の意味とは?

先ほど説明した「戦略」と同様に「戦術」も本来は戦争など軍隊で使用されていた用語でした。

戦略が進む方向を示すものであるならば、戦術とはどうやって進むかという意味となります。

現代ではビジネス用語として使用されるようになり、ビジネスの方向性を決めることが「戦略」、どうやって進むか考えることが「戦術」です。

現代では戦略も戦術もマーケティング用語として使われることも多いでしょう。

先ほどの「戦略」のこと例で上げましたが、マーケティングの世界において、顧客と密な関係性を築くという方向性を決定することが「戦略」だとします。

戦略である「顧客と密な関係性を築く」という目標をどうやって実現するのか考えることが「戦術」です。

戦略も戦術も、マーケティングで顧客との関係性を語るには欠かせない表現方法といえるでしょう。

戦略と戦術の違い

マーケティングでは、戦略と戦術はセットで使用されることが多くあります。

慣れてくると特に混乱はないのですが、日本語において「戦略」と「戦術」は一文字しか違わないため、どっちがどっちかわからなくなることもあるでしょう。

マーケティングの世界でいうところの「戦略」とは、英訳するとStrategy(ストラテジー)、「戦術」はTactics(タクティクス)と訳されています。

意味合い的には日本語と差はなく、「戦略」(ストラテジー)がビジネスの方向性をさし示すものであり、「戦術」(タクティクス)は戦略を実行するための技術(施策)です。

例えばあなたが新しくパン屋さんをオープンしたとしましょう。

開店したばかりのパン屋さんはなかなかお客様がこないため、売り上げが増えず、困ってしまいます。

そこであなたは「パン屋さんにくるお客様を増やすにはどうすればいいのか」を考えなくてはなりません。

これが「戦略」です。

そこで新しくパン屋さんをオープンさせたことを近所にチラシでお知らせすることになりました。

これが「戦術」です。

つまり、「パン屋さんにくるお客様を増やしたい」という方向性(戦略)に対して、その手段(戦術)として「チラシをまく」という施策を立てたということになります。