ワーク

メンターを雇う意味とは?目的別のメリット・役割・制度をまとめてみた

メンターの意味とは?

ここ数年、人材育成においてメンターの導入が注目を集めています。

メンターの一般的な意味は「指導者」、「助言者」といったところですが、企業やビジネスシーンにおけるメンターの意味とは、社員の指導者、相談者としての役割を担う者のことです。

新入社員には先輩社員がメンターとしてつく企業も少なくありません。メンターは新入社員に仕ことを教えたり、仕事全般に関わる問題について相談にのったりします。

また、メンターはベンチャー企業の社長や企業の経営者に対して、経営をよりよくするために助言や改善策の提案を行う社外の専門家のことをいう場合も珍しくありません。

ビジネスの場におけるメンターとは、新入社員やビジネスパーソンの業務を支えたり、精神面をサポートしたりする役割にある者のことをいうのです。

メンターの役割

ビジネスシーンにおけるメンターの意味は、新入社員のサポートや、ビジネスパーソンに対して外部の専門家が助言を行うという意味です。

どちらの場合においても、メンターの役割自体はさほど変わりません。

ここでは、メンターの重要な役割である悩み事を聞く、進捗具合の確認、問題の明確化について詳しくみていきましょう。

1.悩み事を聞く

メンターの仕事として社員やクライアントの悩み事を聞くことも大切なこととなります。ここでいう悩みとは、仕事における悩みだけではなく、社内の人間関係なども含まれているのです。

メンターは後輩社員の仕事を指導し、フォローするなかで後輩社員が抱える疑問や悩みに対して一緒に向き合います。

先輩社員として後輩社員が会社に馴染めるように、居心地の良さを感じながら働くことができるように、社内における人間関係やキャリア形成での悩みなどの相談にのってあげることもいいでしょう。

エグゼクティブレベルの社員につくメンターにおいても、経営方針に関する相談や社内全体の人材育成についての相談などに乗ることもあります。

2.進捗具合を確認する

メンターは後輩社員の仕事を指導する立場にあります。後輩の失敗をフォローしたり、代わりに謝罪を行ったりする場面もあるかもしれません。

メンターは後輩や新入社員の仕事に対して責任を持たなければならない立場であり、彼らの仕事の進捗具合を常に把握しておくことが大切です。

後輩が抱えている仕事が滞っている場合や困っているときにおいて、メンターはサポートを行い、仕事を期日までに仕上げられるようにサポートを行います。

3.問題を明確化させる

メンターにとって後輩社員が抱えている問題や悩みを客観的に見つめ、明確化してあげることも大切な仕事です。

メンターは後輩社員の抱える問題を質問しながら、現状を把握し、なぜそれがうまくいかないのかを考え、状況改善の提案を行います。

このやりとりのなかで、後輩社員は自分に欠けていたものや、どこが間違っていたのかを気付くこともあるでしょう。

メンターを導入する目的

メンターを導入することによって、社員が仕事を正確にこなすことができ、職場に馴染みやすくなったという事例も多いです。

企業がメンターを導入する目的を具体的にみていきましょう。