ワーク

コンピテンシーの意味は行動特性?活用例やスキル分析に役立つ方法を解説

コンピテンシーの意味とは?

コンピテンシーとは、成績優秀な人がとる一定の行動のこと。または優秀な人が持っている資質を意味します。

英語の「compitence」は「能力」を意味する単語です。類語である「ability」「faculty」と比較してみましょう。

ability……能力全般のこと
faculty……特殊な能力や才能のこと
compitence……ものごとを達成する能力のこと

というように「コンピテンシー」は能力の中でも、「潜在的に誰もが持ちうる適性」の意味といえるでしょう。

「コンピテンシー」が人事用語として広まったきっかけは、1970年代。アメリカのハーバード大学のマクレランド教授の実験でした。外交官を対象とした人事評価の結果を統計したところ、優秀な人材には、一定の行動傾向が見られることが明らかとなったのです。

そして2000年代になり日本でも新しい人事評価として、コンピテンシーが注目され始めました。

それまでの人事評価といえば、スキルや成績、年齢といった「目に見えるもの」を重視しましたが、「目に見えない」潜在的な特性や資質であるコンピテンシーを用いた人事評価に注目が集まっているのです。

具体的な行動特性の例

「優秀な社員に見られる行動特性」と説明されるコンピテンシー。どのような行動が具体的にあてはまるのか、実例から見ていきましょう。

コンピテンシーの実用例として有名な、金融企業のC社。C社はリーダーを育成することを目的として、コンピテンシーを導入しました。

C社はコンピテンシーとして、項目を8つに分類します。そして項目ごとに、具体的な行動内容を設定しました。いくつかを見ていきましょう。

まずは「勝つ戦略の開発」というコンピテンシー。これに対する具体的な行動は

・広い視野で戦略を目標に結びつける
・競合他社への知識
・各種の情報からビジネスチャンスにつなげる

などです。次に「効率的なコミュニケーション」というコンピテンシーでは、

・自信を持ったコミュニケーション
・相手の理解をうながす会話
・人の話をよく聞く

など。そして「個人の資質としての優秀さ」では

・誠実な行動
・困難な状況でも前向きであること
・自己啓発に取り組むこと

などが挙げられています。コンピテンシーは職種や業種、また目的や重視することにより評価項目を変えていかなければなりません。

コア・コンピテンシーとの違い

コンピテンシーと似た言葉に、「コア・コンピテンシー」があります。両者の意味の違いを簡単にいえば、コンピテンシーは個人の持つ特性のこと、そしてコア・コンピテンシーは企業の体質を指すということです。

コア・コンピテンシーは、ロンドンの学者であるゲイリー・ハメルとプラハラードが定義した言葉でした。のちにWHO(世界保健機関)に使われて、広く知られるようになります。

コア・コンピテンシーの条件として、

①顧客に利益をもたらし
②競合する会社に真似されづらく
③複数の商品や市場に推進できる

の3つが挙げられます。つまり他社にはない、独自のブランド力と言い換えることができるでしょう。

このコア・コンピテンシーの例として代表的なのが、HONDA自動車です。1960年代に大気汚染が問題となり、自動車産業は苦境に立たされていました。しかしHONDAは世界で初めて、低排出の高性能エンジンの開発に成功します。

すなわち、

①法規制をクリアしたクリーンなエンジン
②世界に先駆ける研究成果
③オートバイや芝刈り機への応用

と、まさにコア・コンピテンシーの条件を満たしたのです。