ワーク

ジェネラリスト・スペシャリストの意味とは?対義語や定義を徹底解説

ジェネラリストの意味とは?

ジェネラリストとは、展開する事業・ビジネスにおいて、幅広い知識や経験を持つ方、もしくは職種のことを言います。日本では総合職とも呼ばれることも少なくありません。

昔と比べて現在はビジネスに必要な知識や経験が多くなってきており、様々な仕事を担当できる人、すなわちジェネラリストの需要が増加しました。

仕事によっては深い専門知識が必要な仕事を担当する方(スペシャリスト)もおりますが、全ての仕事がそういうわけではありません。

かなり限定された深く狭い知識や経験を必要としない仕事は多く、そのためだけの専門の方を雇用することは非効率です。

そういう場面で活躍するのがジェネラリストであり、ジェネラリストが必要とされる意味でもあります。

スペシャリストの意味とは?

ジェネラリストの対義語がスペシャリストがです。

スペシャリストとは深く狭い特定の分野の知識や経験を持つ方、及びその職種のことであり、スペシャリストじゃないとできない仕事を担当していきます。

例を上げると、プログラマーや弁護士、医師などです。これらの職種は専門知識と経験を有していないとできない仕事であり、ジェネラリストでは難しいでしょう。

ジェネラリストは幅広い知識や経験を持つ代わりに、特定の分野に対する狭く深い知識や経験を持っていないことが多いです。

それに対してスペシャリストは専門的な知識・スキルに特化しているため、経験のある業界以外では活躍しづらいという欠点があります。

それと同時にスペシャリストでないと仕事ができない業界も少なくありません。

ジェネラリストとして勤務しいているが、特定の分野に関してはスペシャリスト、スペシャリストとして勤務しているが、ジェネラリストとしても働けるというケースもあります。

ジェネラリストの特徴

スペシャリストと対となるジェネラリストですが、ジェネラリストだからこその特徴がいくつかあります。

例えば視野の広さ。ジェネラリストは幅広い知識や経験を持っているため、幅広い視野を持って物事に対して考えることができます。

続いては、ジェネラリストの特徴について少し見ていきましょう。

1.好奇心旺盛

ジェネラリストは好奇心旺盛であることが多いです。

ジェネラリストの意味として幅広い知識や経験を持つ方と解説しましたが、幅広い知識や経験を積んでいこうと思うと、何事にも興味を持つ好奇心がなくてはなりません。

特定の分野だけを極めるスペシャリストと違い、様々な経験を積んでいかないといけないのがジェネラリストであるため、何事も興味を持てるようになっておかないと、仕事への意欲を失ってしまいます。

そのため、ジェネラリストとして活躍している方は好奇心が旺盛であることが多いのです。

2.何事も平たい視点をもっている

ジェネラリストの方は幅広い知識や経験を持っており、様々な視点で物事を平たく考えることができます。

スペシャリストだと特定の分野には特化していても、その分野のことしか詳しく知らないため幅広い視点を持つことが難しいです。

ですので、幅広い視点で物事を考えなければいけない会議などでは、ジェネラリストが活躍できるでしょう。

3.臨機応変

ジェネラリストは様々な分野に対する経験があるため、臨機応変に活躍することができます。

例えば、ある事業部で欠勤者が続出して人材が一時的に不足している際に、代理として働く場合などです。

事業部内でのルールの把握は必要ですが、仕事をするための必要な知識や経験を持っているため、事業部の仕事の遅れをカバーすることができます。

新事業部立ち上げ時にも、足りない人材を補う形で参画することができるでしょう。