ワーク

外注と業務委託の違いは?費用や契約形態のメリット・デメリット徹底比較

複業するなら 複業クラウド

外注の意味とは?

外注とは自社で仕事をこなすのではなく、外部の業者などに依頼して業務を遂行していく際に使われる言葉です。

外注という言葉は、メーカー企業が製品の開発に必要な部品を外部の工場・業者に注文していたときに昔から使われていた言葉でした。

メーカー企業は製品を開発する能力をもっていたとしても、製品を開発するために必要な部品をすべて自社で開発できるわけではありません。「外部の業者に必要な部品を注文する」という意味合いの言葉が徐々に簡略化され、外注と呼ばれるようになっていきました。

昔の名残が今もなお仕事の場において引き継がれているだけであるため、外注という言葉自体は曖昧な言葉で、法的根拠もありません。

そういった背景もあり、外注は外部の業者に仕事を依頼する・外部の業者に製品などを注文する際に使われる言葉に過ぎず、契約形態ではありません。

外注は外注で、派遣契約・請負契約などの契約を締結して初めて外注として成り立ちます。

業務委託の意味とは?

業務委託は、自社で行う仕事の一部を外部に委託することです。業務委託そのものは、外注を細分化したものの一つです。

会社とは直接雇用契約を結ばずに、対等な関係で業務を遂行していきます。会社に雇用された会社員などは、会社からの指揮監督が絶対ですが、業務委託では指揮監督が絶対ではありません。

業務委託をさらに分類すると、委任契約・請負契約に分かれます。

請負契約では契約時に決めた成果物を完成させる責任があり、定められた期日までに成果物を納品する必要があります。

委任契約は、成果物の完成かどうかは関係なく、契約時に決められた業務内容を遂行できていれば、成果物の有無は問われません。

請負契約・委任契約いずれも、受託した側は納品期日や業務の遂行など、最低限定められた事項を守れば、働く時間などを自由に選べる利点があります。

外注と業務委託の契約の違い

外注と業務委託はどちらも似た言葉・同じ言葉だと認識されることがありますが、実際は異なります。

外注と業務委託はそれぞれ適切な場面が異なり、法的拘束力も大きく異なります。そのため使い方を間違えると契約上のトラブルの増加を生んでしまいかねません。

続いては外注と業務委託の契約について、何が違うのかそれぞれ見ていきましょう。

1.外注

外注とは、厳密に契約形態ではありません。外部の業者や個人に仕事を依頼する・製品を注文する・自社の仕事を代行するなど、広義の意味で使われています。

実際に外注で契約を結ぶ場合、請負契約や委任契約などを締結してから遂行します。契約締結前から外注先との業務を遂行しようとすると法的拘束力をもたないため、トラブルの原因となるでしょう。

2.業務委託

業務委託は一般的に契約形態のことを指しています。厳密には民法上存在しない契約形態であり、実際の業務委託契約では民法上定められた契約形態である請負契約・委任契約のどちらかを締結します。

請負契約の場合は、契約締結時に定められた成果物の納品の対価として報酬を支払い、成果物の完成責任をもたない委任契約では、業務内容に対して報酬が支払われます。

実際の外注と業務委託の違いは上記のとおりですが、ビジネスの場では製品の注文などを外注、一部の業務を外注することを業務委託と呼ぶことが多いです。

複業するなら 複業クラウド