ワーク

キャリアを築く意味とは?会社員が良いキャリアためにすべき4つのコト

キャリアの意味とは?

厚生労働省はキャリアの意味を「時間的持続性ないしは継続性をもった概念」と定義しています。

キャリアという言葉は様々な意味で用いられる広い言葉です。世間で使われるキャリアは、経歴・職歴・出世・その他経験などの意味合いをもっている事が多いです。

仕事におけるキャリアの意味は、専門スキルの習熟度や実務経験など、これまでの仕事経験を通して得た評価できる能力のことを指していることがよくあります。

また、「キャリアを磨く」のキャリアの意味は、実務経験などを積み重ねることで生まれた自身の価値観のことであり、キャリアを磨くことによって、より魅力的な人間像ができ上がっていくのです。

職歴・経歴・出世などをすべてひとまとめにしてしまうキャリアは、かなり広義の意味で使われる言葉であるため、キャリアという言葉そのものは曖昧な言葉だと言えるでしょう。

良いキャリア築く意味とは?

他者から見て評価される魅力的なキャリアで抑えるべきポイントが、日本では5つあります。

1つは「自身がもつスキルを活かした経験」。スキルがあると自負していても、それを実践した経験をもっているかどうかが評価されます。

2つ目が転職経験。一つの会社にとどまらず様々な会社で働いた経験がキャリアに直結します。ただし、転職理由や転職先の業種に一貫性があるかどうかも評価されるポイントの一つでもあります。

3つ目が年齢で、日本特有の判断基準です。年齢を重ねている方ほどキャリアが豊富で魅力が感じられます。

4つ目が人間性。コミュニケーション能力など集団行動する上で必要な人間性が備わっているかどうか、魅力的なキャリアを構築する要素の一つです。

最後がトレンドに敏感かどうか。古い文化や手法は徐々に廃れていき、当時は魅力的だったキャリアも数年後には役に立たないキャリアに成り果てていることがあります。

トレンドに敏感な方だと、時代の変化を察知して新しい技術・経験を積み重ね、最前線で活躍できるキャリアを維持し続けられることから、魅力的なキャリア構築では欠かせないポイントです。

これら5つのポイントを理解してキャリアを築いている人は、他者から見て魅力的なキャリアをもつ方だと評価されます。

キャリアは仕事経歴に一貫性があると有利?

必ずしも仕事経歴が長いほどキャリア的に有利というわけではありません。

数多くの会社で長い期間仕事をこなして経歴を積み重ねるということがキャリアアップにつながることは間違いないですが、仕事経験を通じて何を体験・経験してきたかが重要です。

仕事経歴が豊富でも、具体的にやってきたことはあまりない、実際の業務は1~2種類のことしか経験していないとなると、良いキャリアを築いているとは言えないでしょう。

仕事経歴が長いものの、一社一社の在籍年数が短く頻繁に転職している場合も、経験してきた内容次第では仕事経歴が有利になるどころか不利に働く可能性もあります。

優れたキャリアを築き上げるために仕事経歴を長くするのではありません。

優れたキャリアを築きあげる取り組みを行った結果、仕事経歴が長くなったケースが仕事経歴が長いと有利になる理由です。

仕事経歴が長いことに越したことはありませんが、キャリアを築き上げる目的と手段を履き違えないように注意して下さい。

一貫性のあるキャリアを築くことのメリット

一貫性のあるキャリアとはズバリ、その道のプロフェッショナルということです。その道のプロフェッショナルということを証明すればさまざまなメリットがあります。

1つは、転職や副業・複業先で自分のスキルをアピールしやすいことです。一貫性のあるキャリアを持つことで、エージェントや友人にも紹介してもらいやすくなります。パラレルなスキルよりもダイレクトに採用されやすいでしょう。

2つ目は、説得力のある事業戦略や戦術を考えることができる点です。その業界や職業に精通していれば、そのスキルやノウハウを使った確実性の高い戦術を考えられることができるでしょう。

そのほかにも1つのことに特化した一貫性のあるキャリアを気づくことで、さまざまな恩恵を生けることができます。