ワーク

正社員でも副業はできる?知って欲しいダブルワークでの仕事や税金のコト

正社員でも副業が当たり前の時代に

「正社員」は副業禁止といったイメージをもっている方は、まだ多いのではないでしょうか?
しかし、正社員が副業禁止という法律は存在しません。その反対に、政府は正社員でも副業を行うことを推奨しています。

2017年に閣議決定された「働き方改革実行計画」によって副業や兼業、テレワークといった柔軟な働き方を実現することが目標になりました。翌年の2018年は、「働き方改革実行計画」の影響で副業を解禁する企業が増加して、副業元年と呼ばれています。

2018年1月には、企業が就業規則を作成する指針となっていた「モデル就業規則」が改定され、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」となっていた箇所が「勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」と変更されました。

未だに副業を禁止している企業も多いですが、政府は積極的に正社員でも副業に取り組むことを推奨しており、これからの時代は正社員でも副業が当たり前になっていきます。

正社員でもダブルワークはできる

 

法律では、何も禁止されていないので正社員でもダブルワークを行うことが可能です。しかし、1つ気を付けなければならないことがあります。それが、今働いている会社の就業規則です。

就業規則を作成する指針となっている「モデル就業規則」が変更されたのは、前述した通りですがあくまでも指針なので、その通りにしなければならないというものではありません。そのため、いまだに就業規則で副業を禁止している企業は多いです。

法律では禁止されていないからと会社の就業規則を破って副業をしてしまうと以下のような罰則を受ける可能性があります。

・減給
・戒告
・降格
・出勤停止
・懲戒解雇

法律で罰せられることはありませんが、会社から罰則を受けてしまいます。収入の増やそうと副業を始めたのに、本業での収入が減ってしまったら本末転倒です。正社員の方が副業を行う場合は、必ず事前に会社の就業規則を確認しましょう。

あなたの会社が、まだ副業を禁止していても政府が副業を推進している流れもあり、今後副業を解禁する可能性はとても高いです。会社の就業規則を破って隠れて副業を行うことはせずに副業が解禁されるまで待つのが得策です。

正社員とアルバイトの違い

 

正社員とアルバイトが違うことは分かるけど明確に何が違うのか説明できる方は少ないです。ここでは、正社員とアルバイトの違いについて解説していきます。

・雇用期間

アルバイトは、「有期雇用」という期限が決まっている雇用方法が一般的です。対して正社員は、期限に定めがない「無期雇用」になります。これは、正社員は長期雇用を前提として、アルバイトは短期雇用を前提としているからです。

・勤務時間

アルバイトはシフト制がほとんどのため、自分の希望する時間に働くことができます。対して正社員の場合は、1日の勤務時間が会社から決められており、1日8時間週5日が基本です。

・給料

アルバイトは給料が時給換算の事が多いですが、正社員の場合は、月給または年棒制です。厚生労働省の調査によると、アルバイトの平均時給は1075円、大卒の平均初任給が20万3400円になっています。単純計算で1075×8時間×20日で計算すると、17万2000円になり正社員と大差はありません。

しかし、正社員の場合は、ここに残業など各種手当などがつきます。更にアルバイトの時給は基本的にあまり上がりませんが、正社員の場合は、年々給料が上がっていきます。そのため、年齢を重ねるにつれて給料の差が大きくなります。

 

正社員と派遣社員の違い

次に、正社員と派遣社員の違いについて解説していきます。

・雇用期間

派遣社員は、アルバイトと同じく「有期雇用」です。長くても3年以内なのが一般的です。また、派遣社員は雇用される企業とではなく、派遣元である派遣会社と雇用契約を結んでいます。

・勤務時間

派遣社員は、正社員のようにフルタイム勤務を行うことができますが、週休が3日や1日5時間のみなどアルバイトのように自分である程度調整することが可能です。

派遣社員をしながら、空いた時間で副業をしてスキルを身に着けるといった働き方もできます。

・給与

派遣社員は、アルバイトと同じく時給制の場合が多いです。ボーナス等も基本的にはありません。また、給与は勤務している会社からではなく派遣元の派遣会社から支給されます。派遣社員には、アルバイトとは違い残業手当が支給されることがあります。

週5日1日8時間の週40時間の法定労働時間を超過した場合は、基本給から125%以上割り増しした給与を払う義務があり、これは派遣社員も同様です。

正社員がダブルワークするならこの仕事!

 

正社員が副業としてダブルワークを行う場合には、どの仕事を選ぶかが重要になります。仕事選びを間違えてしまうと、正社員としての本業が疎かになったり、本業との折り合いが付けられず副業に充てられる時間が取れないといったことも考えられるからです。

ここからは、正社員が副業としてダブルワークを行う際のおすすめの仕事を3つ紹介するので、副業選びの参考にしてみてください。

1.ライター

はじめにおすすめするのが、ライターです。ライターといっても取材やインタビューをして記事を執筆するようなライターではありません。在宅で仕事を完結させられるWebライターです。

Webライターは、場所・時間を選ばずに仕事をすることができるので本業に影響を与えることがなく、自分のペースで行うことができます。また、文章力を身に着けることができるので、Webライターとして身に着けた文章力を本業で生かすことも可能です。

2.マーケティング

Googleの検索エンジンであるSEOやブログなどについての企業にアドバイスを行うマーケティングも正社員の副業として、おすすめです。基本的には在宅で完結することができる仕事なので、本業との折り合いがつきやすく、続けることができます。

全くの未経験からは難しいですが、Webマーケティング会社でも実務経験がなくて、ブログ運営などSEOの知識がある程度あればマーケティングで副業を行うことは十分に可能です。

3.エンジニア

副業でエンジニアをしている人はとても多い印象です。ライター・マーケティングと同じく、在宅で完結できるため無理なく続けることができます。

プログラミングなどのスキル・知識は必須ですが、副業でエンジニアをできるだけのプログラミングの知識があれば、将来的にエンジニアとして独立することも充分可能なので、プログラミングの知識がない方も興味があればチャレンジしてみる価値はあります。

正社員がダブルワークした場合の税金は?

正社員がダブルワークとして、副業を行った際に気になるのが税金ですよね。ここからは、正社員が副業を行った際の税金について解説していきます。

ダブルワークで2つの会社から給与を支給されている場合は、年末調整の手続きを給与を多く貰っている会社で行います。会社から以下の2つの書類が渡されるので必要事項を記入して提出しましょう。

・「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」

・「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」

年末調整に申告できない副業の年間所得金額(収入から必要経費を引いた額)が20万円以上になった場合には、確定申告が必要です。確定申告を行うことで年間の正しい所得税額を知ることができて、税金の未納やペナルティを避けることができます。

確定申告を行うことは義務なので、面倒くさがらずに必ず行うようにしましょう。

正社員ならまず副業・複業から

 

正社員の方で、収入を増やしたいと思っている方は、フリーランスや独立を考えていてもまずは副業から始めましょう。いきなり独立してしまうと収入が安定せずに正社員時代から大きく収入が減り、最悪の場合には収入がなくなってしまう可能性もあります。

せっかく独立しても金銭面のことばかり考えてしまって、仕事に集中できず精神的にも不安定になってしまう危険性があります。一方で、副業から始めることで本業を続けたまま収入を得ることができるので収入が途絶えることがありません。金銭的にも余裕が生まれてきます。

さらに、会社で働いていると社会保険料が半分会社負担になります。一方で独立してしまうと社会保険料をすべて自分で負担しなければなりません。独立して収入が安定していない上に出費が増えてしまうので、貯金があってもすぐに減ってしまいます。

安定した収入を得続けるためにも正社員の方は、副業から始めることがおすすめです。

正社員が副業・複業を始めるならAnother works

正社員の方が、副業を始める場合におすすめなのが「Another works」です。Another worksは、副業をしたい人と企業をつなぐマッチングサービスアプリになります。登録も簡単で2分程ででき、システム利用料や手数料なども一切かからず無料で利用することができます。一般的なクラウドソーシングサービスは手数料が20%前後なので、Another worksの手数料無料はありがたいです。

求人エントリー数に制限もないので、自分に合った仕事を見つけることができます。エンジニアやライターなどリモートワーク可能な案件が多く、企業側からスカウトがくることもあるので、仕事を見つけるまでの時間がはやく、すぐに副業に取り組むことが可能です。

企業側からスカウトが来るようにするには、魅力的なプロフィールを作成する必要があります。編集は何度でもできるので、自分のスキルや経験を分かりやすくまとめたプロフィール作成を心掛けましょう。

是非Another worksで、自分に合った仕事を見つけてみてください。