マネージャーの意味とは?

マネージャーとは、組織の管理や運営などを行う者のことをいいます。

部長や課長・係長など何かを管理する立場にある人がマネージャーであり、経営者・支店長など人ではなく一つの組織・グループを管理する人もマネージャーに含まれます。

企業におけるマネージャーは、「組織・チームが設定した目標を達成するために部下・配下の人を管理する人」という意味で使われることが多いです。

日本では従来の役職名に変わってマネージャーという言葉を使われることがあります。

複数の店舗を管理する役職の方をグループマネージャー、マネージャーを管理するマネージャーをチーフマネージャーというように呼ばれることは少なくありません。

このように、何を管理する人なのかをわかりやすくするために「マネージャー」が使われることが少なくなく、マネージャーは広い意味をもつ言葉として使われています。

マネージャーの役割とは?

マネージャーの役割は、大きく分けて5つあります。

・組織・グループの目標の設定
・メンバーの業務・リソースの管理
・パフォーマンスを高めるための連携・コミュニケーション
・メンバーへのフィードバック
・能力開発

これらの役割を担うのがマネージャーであり、組織・チームの目標達成に向けて様々な要素をマネジメントしていく必要があります。

マネージャーが役割を上手く果たせないと目標達成が遠のいたり、特定のメンバーにタスクが集中、コミュニケーションが上手くいかないなどの問題が発生してくるでしょう。

管理するメンバーの能力をフルに発揮させられるかが、マネージャーのマネジメントスキルにかかっており、目標を達成できるかどうかに直結します。

必要な責任も高く、マネージャーの技量一つでプロジェクトの成功・企業の成長などがかかっていると言っても過言ではありません。

マネージャーの仕事に向いている人

マネージャーの仕事には向き・不向きがあります。マネージャー向けのスキルをもっている方だとマネージャー職が向いていると言えるでしょう。

逆にマネージャー向けのスキルをもっていない方は、マネージャーになっても苦戦を強いられます。

ここからは、マネージャーの仕事はどのような方が向いているのか確認していきましょう。

1.リーダーシップがある

人を管理する立場にある人はリーダーシップ能力が必要です。

リーダーシップがある人は目標達成のために素早く行動を促すことができ、目標達成に余裕をもって近づけます。

リーダーシップを発揮できる人はメンバーにも信頼されるため、行動を促される・支持を受けるメンバーも安心して業務に取り組むことができ、余計な不安を抱えずに業務に集中させることが可能です。

マネージャーとしての役割をこなすだけでなく、メンバーが信頼できるマネージャーとして接してくれるためにはリーダーシップが必要不可欠でしょう。

2.伝える力がある

マネージャーは役割・業務内容・スケジュール・フィードバックなど様々な物事をメンバーに伝える必要があります。

プロジェクトマネージャーだった場合、定期的にプロジェクトの進捗報告をする機会もあるでしょう。

伝える能力が不足していると、マネージャーとメンバー間で認識錯誤が起きてスケジュールに遅延が発生したり、どのタスクを誰がやっているのかわからないという問題も発生してきます。

伝える能力が高い方だと何を伝えればいいのか要点をまとめてわかりやすく説明でき、スムーズに必要な情報を伝達できるでしょう。